薬剤師のあるある疑問について



どんな職業についても疑問は湧くものですし、知らないことも多々あるのものです。しかし、就職する前に、事前に疑問点を解消しておくことも大切です。

そうすれば、その仕事について、ある程度理解した上で就職を考えることができるので、後から後悔することも最小限に防ぐことができます。


これは薬剤師の世界でも同じ事で、特に薬剤師の場合は医療現場に携わる環境にあることから人命に関わる仕事でもあります。ですから、少しでも疑問があることは調べて解決するに越したことはありません。

そこで、ここでは薬剤師についてよく問われることを「薬剤師のあるある疑問について」と題してご紹介してみたいと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。



まず、薬剤師についての基本的な質問に「薬剤師になるにはどうすればいいの?」というご質問がありますが、薬剤師は国家資格なので、薬剤師国家試験受験資格が必要です。

そのためには、薬科大や薬学部で6年間学び、無事卒業しなければなりません。それから国家試験に合格して、初めて薬剤師となれます


また、一般的なご質問もあります。それは、調剤薬局やドラッグストアで薬について尋ねても納得のいく説明をしてもらえなかった一般の方々からのご質問です。

薬剤師なんだから薬について説明できるのは当然だと思っているので(確かにそうなのですが‥)、質問に的確に答えられない薬剤師さんには「どうして、薬剤師なのに答えられないの?最近の薬剤師は勉強不足なのかしら‥」と疑問視される方もいらっしゃいます。



そして、薬剤師を目指す方々からのご質問ですが、一般的な質問では、例えば、仕事内容や職場におけるストレス、勤務時間などが多いです。


薬剤師のワーキングフィールドは、病院や調剤薬局に限りません。最近人気のあるドラッグストアもありますし、製薬会社など薬剤師の知識を活かせる場所は幅広くあります
ですから、各々の職場での勤務体系など職場環境に対するご質問が多くなるのですね。



更に、近年では、薬剤師も医療現場のチーム医療に参加する体制も増えてきています。従来の医師中心の縦型医療現場では、各医療分野のスペシャリストの意見が反映しにくく、患者さんにベストな治療法を見出すことが難しい面がありました。

そこで、患者さんを中心に考えた結論が、チーム医療体制です。これでしたら、患者さんに何が必要なのか各分野の専門的立場から意見を取り入れ、最善な治療法を確立することができます。


直接患者さんの容体を見ながら、薬剤師の知識を活かして意見を述べられるのは、やりがいのある仕事ではあるでしょう。なので、チーム医療での薬剤師の役割を具体的に知りたいというご質問もあります。

また、薬剤師の訴訟問題について心配されている方もいらっしゃいます。


医師の医療ミスによる訴訟問題は耳にすることはありますが、薬剤師の訴訟問題はほとんど聞いたことがないのではないでしょうか。しかし、実際には、薬剤師の調剤ミスが訴訟問題となった事例はあります。薬剤師の調剤は人命に関わる重要なものなので、うっかりミスで訴訟問題が発生することはあるのです。

そして、最近、薬剤師の将来性についてのご質問も多くなっています。


いままでは、薬剤師といえば、職に困ることもなく食いっぱぐれのない職業だと、誰もが思っていました。しかし、ここ数年、薬剤師の飽和状態化が心配されています。資格さえあれば仕事がある、という甘い考えは通用しなくなってきつつあります。

薬剤師も資格プラスαがなければ、良い就職先に就くことが少々困難な状況にあると言えるかもしれません。ですから、このような懸念をされている方も結構いらっしゃいます。


以上、おおまかに薬剤師に関する疑問についてご紹介しましたが、以下では更に詳しい内容を載せていますので、良かったらご参考にされて下さい。

薬剤師の疑問、関連記事一覧

薬剤師のための、おすすめ求人サイトは?

薬剤師の将来性については未確定な部分も多く、本当に薬剤師が今後過剰になるのかも専門家の間でも議論の分かれるところです。ただ一つハッキリしていることは、上でも書いた通り、今後薬剤師は安穏と楽して稼げる仕事でなくなる、ということです。薬剤師の転職活動もますます厳しくなるはずです。将来を見据えて転職活動をしたい方は、下記のサイトが参考になるはずですので、よければご参照ください。

 薬剤師の転職サイト、人気ランキング