薬剤師の人材派遣会社との付き合い方は?

薬剤師,派遣会社

薬剤師のワークスタイルは正社員やパート・アルバイトだけに限りません。

最近、急激に増えているのが派遣薬剤師という働き方です。

派遣薬剤師とは人材派遣会社に登録し、紹介先の就業先で働く薬剤師のことをいいます。

派遣薬剤師として働く場合は、人材派遣会社との上手な付き合い方がポイントになります。

ここでは薬剤師が派遣会社と上手く付き合っていく方法について詳しくまとめました。

すでに派遣薬剤師として働いている方も、派遣の仕事に興味のある方も必見です。



派遣薬剤師とは?

特定の職場で正社員(正従業員)・アルバイト・パートとして働くのではなく、人材派遣会社に登録して働くのが派遣薬剤師です。

登録した人材派遣会社から紹介された調剤薬局や病院への派遣という形で就業するので、派遣薬剤師と呼ばれています。


人材派遣会社とは?



企業や事業所の依頼に応じ、必要とされる人材(労働者)を派遣するのが人材派遣会社です。

人材派遣会社は労働者派遣会社であり、薬剤師に限らず事務職員や営業マン、看護師、技術者など、さまざまな職種の労働者を依頼先に派遣しています。

人材派遣のシステム

派遣薬剤師として働くには、人材派遣会社に登録する必要があります。

自分で選んだ派遣会社に登録の申込みをし、面接や審査を経て合格したら登録手続きに進みます。

希望する勤務日数や勤務時間、勤務先の種類などを登録し、自分の条件に合った依頼が来たら仕事がスタートするという仕組みです。

薬剤師専門の派遣会社

人材派遣会社のなかには薬剤師の派遣専門会社や、薬剤師・医師・看護師などの医療スタッフを中心に派遣する会社もあります。

これらはすべて国家資格が必要な職種であり、特に専門性が高いことから「○○専門」という人材派遣会社が誕生したという経緯があります。



派遣会社との上手な付き合い方



派遣薬剤師の仕事が上手くいくか否かは、登録した人材派遣会社との付き合い方次第といわれています。

「登録すれば仕事を紹介してくれるのでは?」「派遣会社との付き合い方に良し悪しがあるの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。

ところが実際には、派遣会社とのコミュニケーション次第で、良い仕事が回ってくるかどうかが決まってくるのです。


次に薬剤師が人材派遣会社と上手に付き合うポイントを挙げていきます。

1.希望条件は明確に

薬剤師が派遣で働くメリットは、自分の希望に合った条件の職場を紹介してもらえるという点です。

そのメリットを活かすには、人材派遣会社に希望条件を明確に伝える必要があります。

・職場の種類(調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など)
・就業地域(○○市内、○○線沿線、通勤○時間以内など)
・出勤日時(月/週に○日、○曜日のみ、1日に○時間、時間帯など)
・仕事内容(調剤、服薬指導、販売、デスクワーク、営業など)
・給料や時給(年収/月収○○万円、週給○○円以上など)

ほかにも職場の人間関係や労働環境、制服の有無、仕事を教えてくれる等々、こだわりの条件があれば派遣会社の担当者に伝えましょう。

ただし、希望ばかり優先していると派遣先が限定されてしまうので、自分の能力に合わせた妥協点を見つけることが大切です。

2.連絡を密にする

人材派遣会社にはたくさんの薬剤師が登録しています。

そのなかで優先して良い仕事を回してもらうためには、派遣会社の担当者との連絡を密にする必要が出てきます。

担当者から連絡が来ないときは自分から「何かお仕事ありますでしょうか?」「最近、○○を勉強しているのですが、そういったお仕事はありませんか?」等と連絡してみてください。


派遣薬剤師は需要が高いので、よほど厳しい条件を付けない限り仕事がないということはありません。

こまめに連絡しても仕事を紹介されないようなら、「お仕事がないのは希望条件がむずかしいからですか?」と本音で聞いてみてもいいでしょう。

条件を下げても仕事がなければ、別の人材派遣会社に登録したほうがいいかもしれません。

3.引き受けた仕事は最後まで

派遣薬剤師の仕事は、引き受けた以上は契約にしたがって、最後まで勤めるのが原則です。

派遣会社は派遣先の企業と契約を結んでいるので、派遣薬剤師が途中で辞めると問題になるからです。

仕事を途中で辞める派遣薬剤師は、次の仕事を紹介してもらえない可能性が大です。

もし、派遣会社から紹介された職場や業務内容が説明と違っていたり、仕事を続けられないような問題があれば早めに担当者に連絡しましょう。

しっかりと連絡したうえで改善が見られないなら、改めて担当者に問題点を報告し「改善されないなら仕事は続けられません」と伝えてください。


派遣の仕事を成功させるポイント


高時給に惑わされない

同じ人材派遣会社でも仕事の内容によって時給が変わるケースがあります。

高時給だからといって飛び付くと、誰も引き受けたがらない大変な仕事の場合があるので注意が必要です。

登録時の申告は事実を記載する

派遣登録をするとき、自分の能力以上の申告をしてしまうと、高い実力を必要とする仕事を回される可能性があるので注意しましょう。

派遣は即戦力を求められる

人材派遣の薬剤師を雇うのは、即戦力を期待しているからです。

派遣先ではすぐに使える薬剤師を期待しているので、事前にブラッシュアップをしておくといいかもしれません。



派遣薬剤師として働きたいなら、薬剤師専門の転職支援サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

薬剤師専門の転職支援サイトを活用すると、自分の条件にマッチした派遣先が見つけやすくなります。いろいろな相談に応じてくれる専任アドバイザーがいるので、派遣は初めてという人でも安心ですよ。

<この記事のまとめ>

  • 派遣の仕事に関する希望条件は明確に伝えよう
  • 勤務先の種類や就業地域、出勤日時は具体的に伝える
  • 希望する仕事内容や時給も伝えておくと上手くいく
  • 良い仕事をゲットするには派遣会社との連絡を密にすること
  • 引き受けた仕事は最後まで責任をもってやり遂げるべし
  • ただし問題があれば早めに派遣会社に報告する必要がある


派遣薬剤師に強い求人サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です