薬剤師の就職先で人気があるのは?


一言で薬剤師といっても、様々な就職先があります。その中でも、特に人気が高い就職先についてご紹介していくことにしましょう。


まず、薬剤師の就職先は、大きく4つに分けることができます。製薬会社、病院、薬局、ドラッグストアです。中でも人気が高いのは、製薬会社と病院です。一つずつ見ていきます。

薬剤師の就職先、製薬会社について

MR(医薬品営業)

製薬会社の応募職種として、薬剤師の資格がなくても働くことができるMR(医薬品営業)が挙げられます。


MRの主な業務内容は、医師へ薬剤に関する情報を提供するなどの、営業活動がメインとなりますが、待遇や給料は非常に良く、病院や薬局で務めた場合と比べると、倍以上の金額に当たる1000万円を超える年収を得ることも可能です。

そのため、待遇面を重視し、少しでも薬剤師としての知識や経験を活かしたい人が、就職を希望する傾向にあるといえます。


ただし、自動的に高い給与が保証されている訳ではありませんし、MRは基本的に営業職ですので、人によって向き不向きがあります。薬剤師の就職先としては、ある意味ストレスが最も大きい職種であることは、事前に覚悟しておく必要はあるでしょう。

研究職・開発職



上で紹介したMRは(実績さえあげれば)待遇は良いものの、キツイ営業職ということもあり、最近では薬剤師の資格保有者からの人気も落ちてきています。それに較べて、薬剤師の間でもいまだに高い人気を誇る職種が、製薬会社の研究職や開発職です。


研究職や開発職というと同じような仕事に見えるかもしれませんが、実際は違います。「研究職」とは新薬の開発に取り組む仕事で、世の中にまだない新しい効能をもつ治療薬を研究開発する仕事です。

これに対して「開発職」とは、研究職で開発された新薬の効果効能や安全性を確認する仕事です。こうした安全確認は自社で行うこともありますし、他社(治験会社)の治験コーディネーターと連携して行う場合もあります。


これらの仕事は病院薬剤師や薬局薬剤師よりも「一段上」に見られることが多く、待遇も良いです。研究職であれば年収800万を超えることは珍しくなく、薬剤師の平均年収よりも高めです。


とはいえ研究開発職は「狭き門」で有名で、特に研究職への就職は極めてハードルが高いです。

研究職なら(場合によっては開発職でも)大学院卒業は必須ですし、高学歴でなければ書類審査で落とされるなど、難易度や競争率が高いことで有名です。基礎研究や新薬開発に携わりたかったり、長期間に亘って1つの仕事に関わっていきたい人から、人気がある就職先だといえるでしょう。

詳しくは以下の記事をお読みください。

関連記事:薬剤師、研究・開発職への転職は?


薬剤師の就職先、病院について



病院は、製薬会社と同じく人気の就職先です。特に薬学部の学生からは高い人気があり、ある調査によると学生から最も人気の高い就職先が病院でした。

病院の魅力って何?

病院薬剤師の魅力は、治療における投薬・処方の位置づけを直接確認することができ、カルテの閲覧や注射剤の取り扱いなど薬学の知識を実務に直接活かすことができます。一言でいえば、やりがいのある仕事です。


病院外(たとえば薬局)にいると、治療の全体像を知ることができず、今調合している薬がどんな意味があるのか、といった「仕事の意味」をつかむことが難しい場合があります。病院にいれば、治療の上流工程にかかわるので、自分の仕事の意味を確認しやすいのです。

また、薬学に関する知識は他の職場でも勉強はできますが、直接見聞できるのは病院薬剤師だけです。

でも、いいことばかりでない?

病院薬剤師のデメリットとしてまず挙げられるのが、ハードワークでしょう。薬剤師というと「ゆったり仕事ができる職種」と考えられがちですが、少なくとも病院については当てはまりません。看護師ほどでないにしても残業も当たり前にありますし、職場によっては夜勤さえあります。薬剤師で夜勤がある職種は、病院だけです。


また、病院内の立場がそれほど高くないことも、病院薬剤師のデメリットかもしれません。病院組織は、良くも悪くも医者を頂点とするヒエラルキーです。薬剤師も「先生」と呼ばれる立場ではありますが、医師より立場が弱いだけでなく、職場によっては看護師より軽く扱われる場合さえあります。


薬学部も6年制になり、学生が病院に研修する期間も長くなりました。ですがこの結果、元は病院への就職志望だった学生も、病院内での薬剤師の立ち位置を研修中に見て幻滅し、就職希望先を変えるという例も出てきています。

気になるお給料は?

やりがいのある病院薬剤師ではありますが、残念ながらお給料は薬剤師の平均年収に較べても低めです。

病院薬剤師では400万台の年収も珍しくありませんし、300万円台前半の求人さえあります。500万円台の求人もありますが、大抵は地方の(かなり)不便な場所に病院があることが多く、給与面では高待遇は期待できません。

ただ、託児所施設は意外に充実している職場が多いため、将来子育てしながら働きたい女性薬剤師にとっては朗報かもしれません。

関連記事:病院薬剤師へ転職する前に知っておきたいことは?


薬剤師の就職先、調剤薬局



次に薬剤師の就職先として、最も求人数・就職数が多い「調剤薬局」について見ていきます。一口に調剤薬局といっても、単一の薬局、中堅チェーンの薬局、大規模チェーンの薬局と運営母体の規模で微妙な違いがあります。

調剤薬局の魅力は?

薬局の魅力は、薬剤師らしい仕事である、調剤に関われることです。

ただし最近は対面での服薬指導にも注目が集まっており、単に薬学・調剤の知識だけでなく、コミュニケーション能力が問われる仕事になっています。薬剤師の仕事はかつてと違い、ただ黙って調剤さえやっていればいいという時代ではありません。


また、仕事の負担が他の職種に較べて軽いのも、調剤薬局の魅力かもしれません(ただし、この点は後述するように注意が必要です)。上で紹介した病院や、後で紹介するドラッグストアに較べて、負担の軽い職場が多いのも特徴です。その割にお給料は(病院薬剤師に較べても)そこそこ良いので、仕事とプライベートのバランスを取りたい方にはおススメかもしれません。


また求人数が多いので、多くの選択肢から最適な職場を選べるのも、調剤薬局の魅力の一つです。

デメリットは何?

先ほど薬局は、病院やドラッグストアに較べて負担の軽い職場が多いと紹介しました。ですが、実際は職場によって忙しさや大変さがかなり違います。たとえば、「一人薬剤師」の薬局だと代わりになる人が見つからないと休みが取りづらく、病院やドラッグストアに較べても大変、と感じる方もいるでしょう。

また応需する科目の数によっても、忙しさが変わってきます。たとえばクリニックの門前薬局であれば、応需する科目も限らているため、それほどの負担はないでしょう。一方で総合病院の門前薬局であれば、日々の勉強も必要になってきます。


加えて、大規模の薬局チェーンになると転勤やヘルプもあるため、一か所で長く働きたいという方には向いてないかもしれません。


一口に薬局への転職といっても、どんな薬局に転職するかで状況は相当違ってきます。薬局への転職・就職を考えている方は、それがどんな薬局なのか事前によく確認しておくことをおススメします。

お給料はどの程度?

調剤薬局のお給料は年収ベースで500~550万円の求人が多いです。ただしこれは経験者の場合で、調剤薬局が未経験の方の場合は、400万円台の場合もあります。

薬局チェーンの規模によっても給与は違ってきます。意外に思われるかたもしれませんが、小規模(単一)薬局の方がお給料がやや良い場合が多いです。ただし、大規模チェーン薬局の方が福利厚生が充実しているので、トータルで見た待遇はそれほど変わらないかもしれません。


また、場所によっても給与は違います。不便な場所にある方が給与は高く、都心部の薬局ほどお給料は安くなります。

関連記事:薬剤師が調剤薬局へ転職する時の注意点は?



薬剤師の就職先、ドラッグストア

ドラッグストアの魅力は?



皆さんも街中でよく見かけるドラッグストアです。薬剤師の転職情報サイトでは、OTC販売という紹介のされ方もしますが意味は同じです(ちなみにOTCとはOver the counterの略で、大衆医薬品のことを指します)。


薬剤師の就職先としてのドラッグストアの魅力として、まず挙げられるのがお給料です。地域や店舗(会社)によって違いますが、正社員の年収は450万から600万の求人が多く、経験者限定ですが650万円の年収も珍しくありません。パートは1800円から2500円の時給が一般的です。

(製薬会社を別にすれば)薬剤師の年収としては高水準です。不便な地域の店舗ですと、年収700万といった求人さえ見かけます(ただし経験者のみ)。


数多くの人の健康相談に乗れることも、ドラッグストアの魅力かもしれません。ドラッグストアのお客さんは患者さんとは限りません。もちろん病気の方もいるでしょうが、健康に不安を抱えて訪れる方も数多くいます。

そうした方に、大衆医薬品だけでなく、健康食品の提案や健康指導をするのも、ドラッグストアで働く薬剤師の仕事です。これは国が推し進めているセルフメディケーションの流れにも沿うもので、今後もこうした健康指導の重要性は増すでしょう。

ドラッグストアのデメリットは?

デメリットの一つ目は、仕事で雑用が多いことです。上で紹介した健康相談も薬剤師の仕事ではありますが、それ以外にレジ打ちや棚卸し、商品の陳列などドラッグストアの一般スタッフと同じ仕事も要求されます。といいますか、仕事の比率でいえば、(店舗によっては)雑用の方が高い場合さえあります。

ただ仕事内容に関しては、後で紹介する調剤併設型のドラッグストア(OTC)で働く方法もあります。


デメリットの2つ目は、一つ目とも関係するのですが、雑用が多いのと調剤にも関われないため、「薬剤師としてのスキル」を磨けないことです。

ある薬剤師は新卒でドラッグストアに就職した方は、1年後に同期と飲みながら仕事の話が出たときに、薬局や病院に就職した同期の話に全く付いて行けずショックを受けた、と話してくれました。


デメリットの3つ目は、(これも店舗によってですが)利益優先の仕事を要求される場合があることです。先ほど、お客さんからの相談で健康食品を提案する話を紹介しました。

実は、健康食品も商品ごとに利益率が違います。相談を受けた薬剤師としては、お客さんのことも考えてより安い商品を勧めたいと思うはずです。


ですが、ドラッグストアの中には、より利益率の高い商品を率先してお客さんに勧めるよう、薬剤師に指導してる会社もあります。こうした利益主義に嫌気をさして辞める薬剤師もいます。

調剤併設型のドラッグストアが狙い目?

ドラッグストア(OTC販売)と一口にっても、実は純粋なドラッグストアと、調剤薬局併設型のドラッグストアの2タイプに分けることができます。見たことがある方も多いと思いますが、薬局とドラッグストアが一緒になったような店舗です。

調剤薬局併設型であれば、調剤の仕事が発生しますし、メインの仕事となる場合さえあります。調剤を中心にした仕事をしたい場合、調剤併設型に就職するのも手です。


「でも、調剤併設型のドラッグストアなんて数が少ないんでしょ?」こう思う方もいる方もしれませんが、実は薬剤師のドラッグストア求人の7割ほどは、こうした調剤併設型です。実は大手ドラッグストア各社は、店舗を調剤併設型にドンドン移行させており、調剤併設型の薬剤師求人もこれに伴って増加しているのです。

ただ、調剤の仕事がどの程度の比重になるかは店舗によって違いますので、この点は就職前によく確認しておくとよいでしょう。


まとめ

以上を踏まえ、薬剤師の就職先について改めてまとめます。

就職のしやすさは?

まず、就職のしやすさから確認します。求人の数や、転職・就職の難易度から言って、「薬剤師が就職しやすい勤務先」は以下の通りとなります。

薬剤師が就職しやすい職場ランキング


ドラッグストア > 調剤薬局 > 病院 > 製薬会社

上でも多少紹介しましたが、製薬会社はとにかく求人数が少ないため、ごく一部の方を除いて転職候補先にもならないでしょう。

求人数の多さでいえば、ドラッグストアと調剤薬局ですが、転職しやすさでいえばドラッグストアです(とにかく人手不足のため)。

就職先の特徴を表にまとめました

以下は、ドラッグストア・調剤薬局・病院の特徴を表にまとめました。

調剤薬局 病院 ドラッグストア
年収 400万後半から500後半 300後半から400後半 500前半から600前半
昇給 それなりにある 少しある あまりない
仕事のやりがい ある すごくある あまりない
転職の難易度 普通 難しい
勉強になる なる すごくなる あまりならない
仕事の大変さ 普通 すごく大変 それなりに大変
夜勤 なし あり なし
パートの求人 多い 少ない 多い

どの職場がよいとは言えません。人によって、最適な職場は違うはずです。上の表を確認しながら、自分にあった就職先・転職先を探すとよいでしょう。

ちなみに薬剤師の求人支援会社では、無料登録をすればすぐに活用できるサービスを提供しています。まずは2~3か所の会社へ登録し、利用してみることをおすすめします。


薬剤師の就職にオススメの求人サイトは?



薬剤師の就職にオススメのサイトを2社紹介します。一社は薬キャリです。薬剤師の就職・転職活動で登録者数のNo.1の会社です。人気の秘密はその求人数の多くで、公開・非公開も含めて数多くの薬剤師求人を揃えています。担当者のサポートはリクナビ薬剤師には負けますが、やはり抱えている求人数は魅力的です。併せて登録しておきたい一社です。

 薬キャリの無料登録はコチラ





オススメのもう一社は、リクナビ薬剤師です。業界最大手ということもありますが、担当者の親身な相談には定評があります。単なる就職支援だけでなく、今後のアドバイスにも乗ってもらえる心強い会社です。就職活動ではぜひ登録しておきたい一社です。

 リクナビ薬剤師の無料登録はコチラ





薬剤師の転職サイト、おすすめは?

薬キャリ

 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師

 無料登録はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です