病院薬剤師、注射剤の調剤について



病院薬剤師にとって注射剤の調剤は欠かせない仕事のひとつです。保険薬局でも注射剤の調製を行なうことはあるものの、実際に経験したという薬剤師は少ないのではないでしょうか。

ここでは病院薬剤師がよく行なう注射剤の調剤とはどんな仕事なのか、その調剤ミスを無くす対策と併せて紹介しています。ぜひ、みなさんのお仕事に役立ててください。


病院薬剤師、注射剤の調剤ってどんな仕事?

病院の調剤室では薬剤の調剤だけでなく注射剤の調剤も行ないます。外来・病棟の患者さんに注射をする必要があるとき、医師の処方箋にしたがって調剤を担当するのが病院薬剤師というわけです。病院によっては注射室を設け、専門的に調剤を行なっているところもあります。

以下に病院薬剤師が担当する注射剤の調剤(調製)について詳しく説明します。なお、注射剤の調剤方法や名称(呼び名)は医療機関によって多少の違いがあります。

ここで紹介するのは標準的な例です。

注射剤調剤の種類



注射剤の調剤は大きく分けて2種類あります。

・注射剤調剤
注射薬処方箋にしたがって注射剤の調剤を行なう方法です。主な内容としては注射薬の計数・計量・調整などがあるほか、使用する薬剤の種類によっては専用溶解液を用いる場合もあります。

・注射剤混合調剤
点滴注射のための注射薬を調剤する方法です。薬剤のアンプルやバイアルを混合し、点滴として使えるように調整します。抗がん剤や免疫抑制剤、高カロリー輸液(TPN)等の調剤によく用いられます。

注射剤調剤の方法

注射剤調剤の一般的な手順(流れ)の例を紹介します。

(1) 注射薬処方箋の受付
処方箋の受付、または処方箋をパソコンから出力(プリントアウト)します。

(2) 注射薬処方箋の鑑査
処方箋の記載漏れやミスを確認する形式的鑑査、処方履歴・患者薬歴から注射薬が適切かをチェックする処方鑑査を行ないます。

(3) 計量・混合の準備
注射剤調剤のための薬剤の計量準備、混合調剤のための準備をします。

(4) 無菌調整
注射剤の調剤は無菌調整が基本です。病院などの医療機関は無菌調整室を設けており、ルールで定められた場所で調剤を行ないましょう。

(5) 注射剤調剤後の計数
注射剤の調剤が完了したら個人別セットの計数を行ない、問題がなければラベルを貼付します。個人別セットは個々の患者さん専用のカートを用いて行ないます。

(6) 混合調剤後の鑑査
混合調剤を行なった場合は、調剤完了後に混合鑑査を行ないます。鑑査で問題がなければ混合調剤した注射薬にラベルを貼付します。

(7) 注射剤・混合剤の最終鑑査
すべての作業が完了したら最終鑑査を行ないます。最終鑑査で問題がなければ病棟などに搬送します。

以上が注射剤調剤の一般的な方法です。勤務先の病院によって多少の違いがありますので、院内のマニュアル等にしたがってください。


注射剤の調剤ミスを無くす対策は?



注射剤調剤は病院薬剤師がよく行なう業務です。この業務で注意しなければならない点は2つあります。1つめは徹底して清潔を保つこと、2つめは調剤ミスに十分に留意するということです。

調剤にミスが許されないのは薬剤師なら誰でも知っていることですが、特に注射剤は患者さんの血管内に直接入るため細心の注意が必要になります。仮にわずかなミスでもあれば重大な問題につながりかねないからです。


以下に注射剤の調剤ミスを無くすための対策を紹介します。

調剤前の準備は細心にする

注射剤の調剤は手を洗浄し、しっかり消毒してからスタートしましょう。手の洗浄・消毒は予防衣やマスク、帽子などを着用してから行ないます。風邪をひいていたり手や指に切り傷があると注射薬を汚染する可能性があるので注意が必要です。

処方箋で迷ったら疑義照会

注射薬処方箋を見て、少しでも気になる点があったら医師に疑義照会を行ないましょう。主なチェック項目は、投与量、投与経路、投与速度、投与期間、配合変化などです。

個々の患者さんの情報を元に判断します。納得できないまま調剤を行なうのはミスの原因になるので要注意です。

注射剤の配合変化に注目する

もともと注射薬は単独で使用することを前提に造られたものです。注射薬を配合する場合、さまざまな変化が起こる可能性があります。配合変化が起こると注射薬の効力が低下したり、患者さんに健康被害が起こるなどの問題が発生することがあります。


配合変化は大きく分けて、吸着や溶出等の「物理的変化」、アルカリ性と酸性の薬剤の混合による「化学的変化」の2種類があります。その原因は主に注射薬に含まれている溶解剤や糞低下剤などの添加物によるものです。

注射薬を配合した際、沈殿や白濁、変色などの外観変化がみられたら使用を中止するか、先輩薬剤師や上司に相談してください。こうした注射薬の配合変化を生じさせないためには、事前に変化が起こりやすい注射剤の一覧表などを頭に入れておくといいでしょう。

取り違えや間違いに注意する



注射薬の調剤ミスで多いのが「輸液の取り違え」「アンプルの間違い」「規格や投与方法の間違い」「濃度表示と含有表示の読み間違い」「注射剤の誤使用」などです。

同じメーカーで組成構成が違う輸液を取り違え、見た目が似ているアンプルの間違いといったミスは注射剤調剤で十分に注意しなければなりません。

規格、投与方法、濃度表示などの読み間違いは注射薬だけでなく薬剤の調剤でもよく起こるもので、表示をよく読むことでミスを防ぐことができます。また、注射薬の誤使用は勘違いや思い込みで起こりやすく、「うっかり」がミスにつながる例といえるでしょう。勘違い、思い込みには要注意です。

注射薬のラベルの貼り間違い

注射薬の調剤が成功しても、最後にラベルの貼り間違いがあっては意味がありません。ラベルの貼り間違いは重大なミスにつながるもので、患者さんを危険にさらす原因になるので注意してください。

ラベルの表示方法にはルールが定められているはずで、そのルールをしっかり頭に入れておく必要があります。記載内容だけでなく注射薬のどこに貼付するかも重要です。忙しいからといって適当なところに貼るとミスの原因になります。必ず正しい場所に丁寧に貼付するようにしましょう。


ここまで注射剤の調剤について紹介してきました。病院薬剤師の仕事は注射剤調剤だけでなく、やりがいやスキルアップにつながるものが多いという特徴があります。

薬剤師の方で病院薬剤師への転職を効率的に進めたいなら、薬剤師限定の転職エージェントを利用してみてはどうでしょうか。

薬剤師専門の転職エージェントを活用すると、自分に合った職場探しやすくなります。スキルアップのための転職を成功させるためにも、こうした転職エージェントを賢く利用しましょう。

<病院薬剤師、注射剤の調剤についてのまとめ>

  • 注射剤調剤は病院薬剤師の重要な仕事のひとつ
  • 単剤だけでなく複数の注射薬を配合する混合調剤もある
  • 処方薬鑑査から準備、調整、最終鑑査という流れ
  • ミスを無くすには準備段階からしっかりやることが大切
  • 処方箋に疑問点があれば遠慮せず疑義照会を行なう
  • 注射剤の配合変化は重要なチェックポイントになる
  • 注射薬の間違い、取り違えは大きなミスの原因になりやすい

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です