薬剤師の転職失敗でありがちな原因は?



薬剤師で転職したいと考えているなら、失敗はできるだけ避けたいものです。慢性的な人手不足で薬剤師需要は右肩上がりとはいうものの、安易に転職して失敗すると仕事だけでなく生活にも響いてしまいます。

薬剤師の転職でありがちな失敗原因を知り、次の転職を成功に導いてください。


(その1)知人の紹介で失敗



薬剤師の転職の失敗でよくあるのが、「知人から紹介された」というケースです。知人は良かれと思って転職先を紹介してくれたとしても、自分とはまったく合わない職場だったという例は意外に少なくありません。

転職の失敗例

・知人が薬剤師の仕事に詳しくなく、自分の能力やスキルに合わない職場を紹介された
・給料が高いと聞いていたのに、実際に転職してみたら前の職場より収入ダウンした
・社長(店長)がとても人柄が良いという話だったが、実はワンマンで自己中心的だった

原因と対策は?

転職先を紹介してくれた知人が薬剤師ではない、もしくは薬剤師の仕事をよく理解していないと失敗が起こりやすいものです。また、「給料が良い」「人柄が良い」「働きやすい」といった主観に基づいた話を鵜呑みにすると後悔することが多いので注意が必要です。

いくら知人の紹介でも、転職先については事前にしっかりチェックしておく必要があります。仕事内容や給料、職場環境などは可能な範囲で調べておきましょう。


(その2)求人情報と職場環境の相違



薬剤師が「転職先の職場環境が最悪」で失敗したというケースもあります。求人情報には良いことばかり書いてあったとしても、現実にはそうでないどころか真逆という場合もあるのです。

転職の失敗例

・求人には残業なしと記載されていたが、忙しいからと毎日残業ばかりさせられた
・「働く女性を応援!」と書かれていたのに、産休も育休も取りにくい職場だった
・募集では「未経験者OK」「親切に教える」とあったが、何のフォローもなかった

原因と対策は?

求人情報は必ずしも求人側が作成しているとは限りません。求人側からの聞き取りを元に転職雑誌や転職サイトのスタッフが文章を考えているという例も見られます。募集広告はあくまでも広告であり、全部が事実に即しているとはいえないこともあります。

転職先を探す際には、できるだけ職場見学を行なうようにしましょう。詳しい内部情報までは分からなくても、職場環境や雰囲気は伝わってくるはずです。


(その3)転職先の人間関係



薬剤師の転職失敗例で上位に来るのが「人間関係のトラブル」です。仕事内容や給与に不満がなくても、上司や先輩、同僚などとの人間関係が上手くいかなければ長続きしません。

転職の失敗例

・転職先は上司によるパワハラが日常茶飯事、嫌な思いをして結局は退職した
・高年収だという点にばかり注目していたが、職場の人間関係がギスギスしていた
・先輩の女性薬剤師がお局化しており、若い薬剤師のイジメをする職場だった

原因と対策は?

女性中心の薬剤師の職場にはさまざまな人間関係のトラブルがあります。パワハラ、セクハラ、イジメだけでなく、派閥グループがあったり新人を歓迎しない雰囲気の職場も見られるようです。人手不足で仕事が忙しく人間関係がギスギスしがちという問題も少なくありません。

こうしたストレスで退職とならないためにも、転職先に自分が何を求めるかといった優先順位を再確認しておきましょう。


(その4)未経験ジャンルの転職での失敗



調剤薬局から製薬会社、病院からドラッグストアというように、未経験ジャンルへの転職で失敗する薬剤師も多数います。

転職の失敗例

・病院勤務で調剤には自信があったが薬局に転職したら接客で苦労して退職した
・調剤薬局から総合病院に転職したが、仕事を教えてくれる先輩がいない
・結婚後にドラッグストアへ転職したものの、一般商品の知識がなくて失敗続き

原因と対策は?

同じ薬剤師の仕事でも未経験ジャンルへの転職は慎重に行なう必要があります。転職後に研修制度やサポート体制が整っているか等は重要な条件のひとつになるでしょう。求人募集には未経験可と記載されていても、現実には忙しくてサポートがないという例もあるので要注意です。

未経験ジャンルへの転職をする場合は、優良な薬剤師専門の転職エージェントを活用しましょう。詳しい業務内容やサポート体制の有無などを事前に知ることができて失敗を避けることができます。


(その5)収入だけで転職先を選んだ



薬剤師に限らず、求人募集の年収だけに注目した転職にはリスクがあります。収入アップのための転職は悪いことではないものの、金額だけにフォーカスすると失敗の原因になるからです。

転職の失敗例

・年収600万円超という募集で転職、休みもなく深夜まで残業で体調を壊した
・転職で収入が大幅アップ、しかし職場はブラックで薬剤師が長続きしない
・高給与の調剤薬局に転職したが処方箋がさばききれずストレスで病気になった

原因と対策は?

収入が高い職場には何らかの問題がある場合があります。仕事が忙しすぎる、人間関係が悪い、売上ノルマが厳しい等もそのひとつです。問題があって薬剤師がすぐ辞めるから給与を高くして求人募集をするというような職場には注意してください。

転職先を探す場合は、収入だけでなく他の条件面にも留意しましょう。職場の詳しい情報を知りたいなら、薬剤師専門の転職エージェントの活用をおすすめします。


(その6)転職先の職場事情がイメージと違った



薬剤師の転職失敗で意外に多いのが「イメージと違った」という問題です。現場のことをよく知らないままイメージだけで転職すると、働く意欲が失われて再び転職するという結果になってしまいます。

転職の失敗例

・企業勤務に憧れて転職してみたものの、仕事が過酷な割に給与が低かった
・病院薬剤師はグレードが高いと思い転職したが患者からのクレームばかりで失望
・調剤薬局の頼れる薬剤師を目指して転職、現実には処方箋に追われる多忙な毎日

原因と対策は?

どんな仕事にも苦労はあるというものの、憧れや想像だけで転職すると後悔することがあります。転職前にその職場で働く薬剤師に意見を聞ければベストですが、それがむずかしい場合は職場見学などを申し込んでみましょう。

転職したい職場の実際の事情を知りたいなら、薬剤師専門の転職エージェントに相談してみてください。カウンセリングやアドバイスは無料ですので、遠慮せずどんどん活用しましょう。

薬剤師の転職には専門の転職支援会社を活用するという方法があります。インターネットから登録するだけで簡単に利用できるので忙しい人にもオススメです。

<薬剤師の転職失敗でありがちな原因は?のまとめ>

  • 知人の紹介で自分に合わない職場に転職
  • 求人情報と実際の職場環境が違うことも…
  • 人間関係のトラブルも転職失敗の大きな原因
  • 収入だけで転職先を選ぶと後悔することが多い
  • 未経験ジャンルへの転職は慎重に行なおう
  • 転職エージェントの活用で失敗を未然に防げる


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です