かかりつけ薬局とは?



『かかりつけ薬局』とは患者さんが身近で相談できる行きつけ薬局のことです。患者さんのことをよく分かっている薬剤師がいて、どんな相談にも親身に応じてくれる薬局があれば安心ですね。

そんな薬局の普及を目指して、厚生労働省が医薬分業と併行して推し進めているのが「患者のための『かかりつけ薬局』のビジョン」です。


かかりつけ薬局とは?

一般の方が「かかりつけ」と聞いたとき、最初に思い浮かぶのは「かかりつけ医」ではないでしょうか。「かかりつけ医」とは日常的に患者さんの相談にのり、初期診療や治療にあたる医師や病院のことです。

この「かかりつけ医」から発想されたのが「かかりつけ薬剤師」や『かかりつけ薬局』です。私たちはよく行きつけの店や行きつけの美容院などといいますが、薬局にも行きつけ(かかりつけ)があれば、より良いサポートが得られるという考え方が基になっています。

かかりつけ薬局の考え方



厚生労働省では『かかりつけ薬局』を「身近な健康の相談役」と位置付けています。患者さん一人ひとりが『かかりつけ薬局』を持つことで、薬局の薬剤師が服薬状況をしっかり把握し、飲み合わせや副作用などの相談に応じられるというメリットがあります。

せっかく処方された薬でも、患者さんが正しく理解していないと適切に服用されていなかったり、思いがけない副作用が出てしまうケースも見られます。『かかりつけ薬局』の「かかりつけ薬剤師」がいれば、患者さんは安心安全に薬を服用することができるわけです。

医薬分業との考え方

医薬分業とは、処方や診断は病院、調剤は薬局でするという考え方です。厚労省ではこうした分業化により効率的で安全な医療の実施を目的としています。高齢化が進む我が国では「薬の種類が多過ぎて飲みきれない」「飲み忘れが多くて薬が残っている」「市販の漢方薬やサプリメントとの飲み合わせが心配」という患者さんも少なくありません。

このような患者さんが『かかりつけ薬局』を持つことで、「かかりつけ薬剤師」に気軽に薬の相談ができれば問題解決につながるはずです。その意味でも我が国の現状を鑑みた場合、『かかりつけ薬局』の果たす役割は大きいといえるでしょう。


かかりつけ薬局を利用するメリット


薬歴の一括・継続管理

患者さんが複数の病院で診療を受けていても、『かかりつけ薬局』があれば薬歴を一括的・継続的に管理することができます。処方箋がどの病院やクリニックから交付されているにしろ、行きつけの薬局で調剤してもらえば多剤・重複投与や相互作用、副作用といったリスクを防げるというわけです。

同時に、かかりつけの患者さんに対しては、薬の効果の継続的な確認ができるというメリットもあります。

気軽に薬剤師に相談

いつも行く『かかりつけ薬局』があると、薬の飲み合わせや副作用などについて薬剤師に気軽に相談できます。薬剤師側からしても、いつもの患者さんなら服用歴を知悉しているので相談にも応じやすく適切な対応ができるはずです。

これは在宅療養の患者さんに関しても同様で、『かかりつけ薬局』の薬剤師から行き届いた薬学的管理を受けられるというメリットが得られます。

24時間対応が期待

厚労省では『かかりつけ薬局』について、24時間対応を基本機能としたいとしています。例えば開局時間外でも患者さんから電話相談に応じたり、夜間・休日でも在宅の患者さんの症状が悪化したら調剤を実施するという機能です。

個人経営の小規模薬局などで単独での実現がむずかしい場合は、近隣の薬局や地区薬剤師会等の連携で実現を目指すとしています。これが実現すれば患者さんにとっては大きなメリットになるはずです。

ジェネリック医薬品の活用

『かかりつけ薬局』では患者さんからのジェネリック医薬品に関する相談にも応じています。患者さんのなかには医師に対して「ジェネリック医薬品にしたい」と言い出しにくいという方も少なくありません。

薬剤師は患者さんからの要望に添い、処方箋の内容を確認したうえで医師の了解が得られればジェネリック医薬品に変更します。

薬剤師による健康支援

『かかりつけ薬局』は患者さんの病気予防や健康支援を行なうことができます。体調に合わせたOTC医薬品の紹介や要指導医薬品などについても、患者さんが適切な選択ができるように助言することが可能です。

さらに健康相談の受付、病院への受診の勧め、医療機関の紹介なども行なえるのが『かかりつけ薬局』です。


2016年からスタートした「かかりつけ薬剤師」とは



2016年4月から「かかりつけ薬剤師制度」がスタートしました。

かかりつけ薬剤師の条件

薬剤師が「かかりつけ薬剤師」になるには、次の条件を満たす必要があります。

・保険薬局の薬剤師として勤務経験3年以上
・現在の勤務先(薬局)に6カ月以上在籍
・現在の勤務先(薬局)で週32時間以上勤務
・薬剤師認定制度認証機構による研修制度等を受けている
・上記で何らかの認定や資格を受けている
・医療に係る地域活動、社会活動をしている

かかりつけ薬剤師の仕事内容

(1) 患者さんの服薬管理・指導
従来の患者さんの薬剤服用歴管理指導と同様の業務です。患者さんの薬剤の管理を行なうとともに適正な服薬ができるよう指導します。

(2) 患者さんの服薬情報の一括把握
患者さんが受診している病院やクリニック、服用薬などの情報を把握します。複数の医療機関に受診している場合は一括把握が必要です。

(3) 患者さんの相談に24時間対応
患者さんからの薬に関する相談に24時間体制で対応します。多くの薬局では「かかりつけ薬剤師」の専用電話(オンコール)を用意し受信専用として使っています。

(4) 処方医に患者さんの情報を提供
かかりつけ担当の患者さんの服用状況、指導内容、副作用などの情報を処方医に提供します。患者さんに必要であれば、その処方医に対し薬剤師から処方提案を行ないます。

(5) 患者さん宅を訪問して服薬管理
高齢の患者さんなどの場合、必要に応じて自宅を訪問して服薬管理をします。飲み忘れの有無を確認したり、薬を飲みやすくするなどの対応を行ないます。


以上が「かかりつけ薬剤師」になる条件と主な仕事内容です。次に「かかりつけ薬剤師制度」とはどんな制度なのか分かりやすく説明します。

患者さんから指名してもらう



患者さんは自分の「かかりつけ薬剤師」を指名することができます。指名された薬剤師はその患者さんの「お薬パートナー」として処方箋の調剤や薬に関する相談に対応します。

「かかりつけ薬剤師」は1名しか指名することができません。もし患者さんが「かかりつけ薬剤師」を変更したい場合は、1カ月単位での変更が可能です。

勤務スケジュールに合わせて対応

「かかりつけ薬剤師」になったからといって、常にその患者さんに対応するというわけではありません。患者さんにはあらかじめ薬剤師の勤務表をお薬手帳に貼付して渡し、それを参考に来局していただくということになります。

薬局と患者さんの都合によっては「かかりつけ薬剤師」以外の薬剤師が対応することもあります。その場合は「かかりつけ薬剤師」の指導料は受け取れません。

指導料という費用が発生する

患者さんが「かかりつけ薬剤師」を指名すると、従来の薬剤服用歴管理料の代わりに「かかりつけ薬剤師指導料」の支払が必要になります。指導料は処方箋受付1回につき70点で、金額は負担割合によって異なりますが、患者さんが支払うのは20~100円程度です。

この「かかりつけ薬剤師指導料」が発生するのは、処方箋受付の際に薬剤師が服薬指導を行った場合です。処方箋なしでの相談の場合は指導料の発生はありません。

赤ちゃんや子供も指名できる

乳幼児や子供でも「かかりつけ薬剤師」を持つことができます。その場合は保護者の同意が必要です。


ここまで「かかりつけ薬局」と「かかりつけ薬剤師」について紹介してきました。もし「かかりつけ薬局・薬剤師」に興味があるなら今の勤務先からの転職を考えてみてもいいかもしれません。

薬剤師にとってスキルアップやステップアップにもなる「かかりつけ薬剤師」の需要は今後さらに伸びていくと考えられます。将来を見据えての転職を検討しているなら、薬剤師専門の転職支援サイトを上手に活用してくださいね。

<かかりつけ薬局とは?のまとめ>

  • 患者さんの行きつけの薬局を「かかりつけ薬局」という
  • 「かかりつけ薬局」は患者さんの身近な健康の相談役
  • 医薬分業の考え方から厚生労働省が推し進めている
  • 患者さんが気軽に薬剤師に相談できるメリットもあり
  • 2016年からは「かかりつけ薬剤師制度」もスタートした
  • 患者さんの服薬管理や指導が主な業務内容となる

薬剤師の転職サイト、おすすめは?

薬キャリ

 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師

 無料登録はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です