保険薬局と(調剤)薬局の違いは?



みなさんは「薬局」という名称から、どんな店舗を思い浮かべるでしょうか?病院の処方箋に基づいた調剤を主に行なう調剤薬局、一般医薬品や日用品も販売する薬局、ドラッグストア内に設置されている併設型薬局など、さまざまな薬局が頭に浮かぶはずです。

実はこれらはすべて「薬局」であり、単に営業形態が異なるだけに過ぎません。薬局には「調剤薬局」と「保険薬局」の2種類があるといわれています。

しかし、私たちがよく耳にする「調剤薬局」は法律上の正式名称ではなく、広く一般に使われている通称でしかないのです。


保険薬局と薬局は何が違うの?


「薬局」の定義は?

日本における「薬局」は原則として次のように定義されています。

・薬剤師(管理薬剤師)が常駐している
・調剤を行える設備が整った調剤室がある
・医師の処方箋に基づいた調剤ができる


上記の条件を満たし、薬局がある地域を管轄する各都道府県(または市)の保健福祉局等から認可を受けた店舗や事業所は「薬局」を名乗ることができます。

ただし病院やクリニック内の薬局は認可を必要としません。法律的には医療機関内の調剤施設は「調剤所」といい、正式には薬局を名乗ることができないからです。

「調剤薬局」とは何か?

一般に広く使われている「調剤薬局」は通称であり、法律的にはこの名称は存在していません。便宜上、分かりやすい通称として「調剤を行なう薬局=調剤薬局」と呼ばれているだけです。

「保険薬局」とは何か?>

「保険薬局」とは、厚生労働省の地方支分部局である「地方厚生局」から保険指定を受けた薬局です。保険診療を行っている病院やクリニックの保険医が交付する処方箋に基づいて調剤を行ないます。保険薬局の報酬請求は、公的な健康保険の調剤報酬規程にしたがって行なわれます。

私たちがよく耳にする「健康保険適用」や「患者さんの○○割負担」というのは、健康保険法という法律で定められた報酬請求に基づいたものです。保険薬局以外の薬局に調剤を依頼すると、健康保険が適用されないため患者さんは調剤報酬を全額負担することになります。

保険薬局以外の薬局とは?

「薬局」の認可を受けてはいるが、「保険薬局」の指定を受けていない薬局もあります。主に薬局製剤を製造販売するスタイルの薬局です。薬局製剤とは都道府県知事の許可を受けた薬局が、厚労省の定めにしたがって独自に製造販売する医薬品を指します。

薬局製剤は医師の処方箋を必要としない医薬品で、日常的にかかる可能性のある風邪薬(感冒薬)や解熱鎮痛薬、手荒れ用の尿素軟膏などが代表的な製品です。その製造には細かな定めがありますが、販売価格は薬局が独自に決めることができます。


保険薬局の登録手続きについて


保険薬局の登録方法

保険薬局の登録をするには、薬局がある地域の厚生局に申請して認可を受ける必要があります。その指定申請の流れは以下のとおりです。

(1) 薬局が所在する地域を管轄する各都道府県の厚生局等に対し、定められた申請様式に基づいた申請書を提出する。申請に必要な書類は次のものです。

所定の申請書
薬局の開設許可証(写し)
薬剤師の氏名、保険薬剤師の登録記号番号を記載した書類
指定の適性等を確認するための必要書類
法人登記謄本(法人の場合)
土地建物登記簿謄本または賃貸借契約書(写し)
周辺図、平面図 ほか


(2) 当該厚生局等は地方社会保険医療協議会の諮問を経て、指定の認可が下りた場合は指定通知書を薬局に送付する。保険薬局の指定日は、原則として申請した日の翌月1日とされている。全国の厚生局(支局)は、北海道・東北・関東信越・近畿・中国四国・九州の8カ所。

保険薬局に関するQ&A



Q1:保険薬局の申請書はどこに提出するのですか?
A1:薬局の所在地の厚生局(支局)の事務所(埼玉県は指導鑑査課)です。提出方法は窓口に持参または郵送、インターネットの電子申請のいずれでも可能です。

Q2:保険薬局の申請指定の前に事前相談をすべきですか?
A2:必ずしも事前相談は必須ではありませんが、申請前に相談しておくと個別に必要な書類などの詳細が分かります。

Q3:保険薬局の指定期日を遡ることは可能ですか?
A3:諸条件に当てはまっていれば指定期日を遡ることも可能です。

Q4:保険薬局の指定が認められない場合もありますか?
A4:次のようなケースでは指定が認められないこともあります。

・5年以内に保険薬局の指定を取り消されたことがある
・保険給付に関する調剤の内容に適切さを欠く恐れがある
・薬局の開設者が健康保険法等の規定により罰金の刑に処せられ、その執行を終わっていない等の状態である
・薬局の開設者が健康保険等の保険料や掛け金を滞納している

Q5:保険薬局で働く薬剤師は保険薬剤師でなくてはいけませんか?
A5:健康保険等を使用して保険調剤を行なうのが保険薬剤師です。したがって保険薬局で保険調剤を行なうには、保険薬剤師の登録が必要です。保険薬剤師の登録は所轄の地方厚生局(支局)で行なうことができます。特別な審査や試験はなく、登録費用も無料です。


病院やクリニックの処方箋を調剤する薬局のほとんどは保険薬局の指定を受けています。薬剤師で保険薬局の求人探しをするなら、薬剤師専門の転職支援サイトを利用するといいでしょう。

薬剤師専門の転職支援サイトには、薬剤師の転職に詳しい専任アドバイザーがいますので、ぜひ活用してみてください。キャリアに影響を及ぼす転職で苦労しないためにもこうした転職支援サイトを活用しましょう。

<保険薬局と(調剤)薬局の違いは?のまとめ>

  • 厚労省の支局から保険指定を受けているのが保険薬局
  • 保険医の処方箋を調剤する保険調剤を行なう薬局
  • 調剤薬局は一般的な通称で法的な正式名称ではない
  • 薬局とは都道府県の福祉保健局等の認可を受けた薬局
  • 薬局では健康保険を使った保険調剤は行なえない
  • 保険薬局の指定申請は管轄の厚生局(支局)で行なう

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です