薬剤師の疑義照会とは?



疑義照会(ぎぎ-しょうかい)とは、薬剤師が処方箋に疑問や不明点を見つけた際に、処方医に問合せることをいいます。

薬剤師は処方箋の疑わしい点を医師に問合せ、確認したうえで調剤を行なうという行為は薬剤師法で規定された義務でもあります。


薬剤師の疑義照会とは?

薬剤師の疑義照会でいう「疑義」とは意味や内容がハッキリせず疑問に思うこと、「照会」とは問い合わせて確認するという意味です。

そこで「疑義照会」とは疑問点を問い合わせによって確認することを指します。

法律で定められた疑義照会



処方箋の内容を読んで「あれ?」と疑問を感じたら、医師に問合せたいと考える薬剤師は少なくないはずです。これはプロの薬剤師として当然の行動といえるかもしれませんが、実は薬剤師法という法律にも同様の規定があるのです。

薬剤師法の第24条には「処方箋中に疑わしい点があるときは、その処方箋を交付した医師に問合せる」「疑わしい点を確かめたあとでなければ調剤してはならない」と定められています。

これは薬剤師の義務のひとつであり、疑義照会を怠ったために患者さんに健康被害等が発生した場合は法的責任を問われることがあるので注意が必要です。

どんなときに疑義照会するの?

薬剤師が疑義照会すべきなのは「処方箋に疑わしい点があるとき」と薬剤師法では規定されています。具体的にはどんなときに疑義照会を行なうのでしょうか?

・用法用量の疑問

処方箋の用法用量に記載漏れがあるとき、薬剤の種類や量に疑わしい部分があるときです。ほかにも手書きの処方箋の文字が読みにくいときなどにも疑義照会が必要になります。


・薬学的な判断

処方薬が患者さんの症状悪化やアレルギーの原因となると疑われるときです。薬の飲み合わせや服用時間についても疑問点があれば照会を行ないます。


・医機法と異なる

医薬品医療機器等法(旧薬事法)の承認内容と処方箋の用法用量が異なるときです。処方薬の用法用量が医薬品の承認内容と異なって記載されていれば疑義照会します。

・その他の場合

薬の投与期間の上限を超えているとき、ビタミン剤等が長期間漫然と処方されているときなども疑義照会の必要があります。

上記以外でも、薬剤師として少しでも疑問を感じたら疑義照会を行ないましょう。


薬剤師の疑義照会、メリットは


患者さんの健康被害を防ぐ

薬剤師が疑義照会をする第一の理由は「患者さんの健康被害の防止」です。処方箋に誤りや漏れがあれば、その薬を服用した患者さんに健康被害が出る恐れがあります。

過去にも薬剤師が薬の用量を間違って記載した処方箋にしたがって調剤を行ない、患者さんに健康被害が出たという例が見られます。処方薬の用法用量に疑問点がある場合、疑義照会によって患者さんの健康被害を未然に防ぎ安全性を確保することができるのです。

これは同時に患者さんのQOL(生活の質)の向上につながるものといえます。薬剤の有効性を維持しつつ、患者さんの安全性を確保できるというのが疑義照会の大きなメリットです。

薬剤師の法的責任を回避する

薬剤師の疑義照会には、万が一のときに法的責任を回避するという意味もあります。法的責任とは刑事責任、民事責任、行政上の責任のことです。

疑義照会は薬剤師法という法律で定められています。薬剤師が処方箋に疑問を感じながら疑義照会を怠り調剤を行なった場合、その処方薬で患者さんに健康被害が出ると法的責任を問われる可能性が出てきます。

薬剤師自身の法的責任を負わないためにも、また患者さんの健康被害を防ぐためにも、処方医への疑義照会は大きなメリットがあるのです。


疑義照会における注意点や問題点



日本薬剤師会による調査によると、薬剤師からの疑義照会は処方箋100枚あたり2~3件行なわれているとのことです。疑義を感じたタイミングは「処方箋を受付けた時点」が約5割で、次いで「患者さんの薬歴を確認した時点」と「服薬指導の時点」が約2割ずつとなっています。

このように処方箋に疑義を覚えた場合、処方医に疑義照会をする際の注意点や問題点について説明します。

医師の都合に配慮

薬剤師から見て処方箋に疑わしい点があったとしても、疑義照会を行なう場合は処方医への十分な配慮をして行なう必要があります。

医師は多忙な業務のなかで疑義照会に応じてくれています。問い合わせを行なう際は社会人としてのマナーを守り、「ご多忙のところを恐縮ですが」「お忙しいなか申し訳ありませんが」というように切り出し、丁寧に分かりやすく質問するようにしましょう。

医師へのリスペクト

疑義照会で必要なのは医師へのリスペクトです。かりに処方箋に記載ミスなどがあったとしても、配慮のない言い方や話し方は避けるべきです。

問合せをする際は「この点が分からないのですが…」「ご教示いただければ助かります」といったように医師からの判断を仰ぐ姿勢があると関係が上手くいきます。

明確かつ効率的な質問

疑義照会をする場合は、事前に質問の要旨を簡潔にまとめておく必要があります。処方医との会話中に言葉に詰まったり、何が聞きたかったか分からなくなるようでは困りますね。

明確かつ効率的に疑義照会を行なうためには、連絡前に質問を書き出す、説明の手順をあらかじめ考える、参考資料を手元にそろえる、代替え案を提示する等の工夫をしてはいかがでしょうか。

疑義照会の問題点とは?

薬剤師が疑義照会をしようとすると、いくつかの問題が発生することがあります。

問題で多いのは「医師が疑義照会に応じてくれない」「忙しいから対応できないと言われる」「後で連絡すると言ってそれきりになる」等の例です。なかには「疑義照会は必要ない」「そんなことで電話してくるな」と言われた薬剤師もいます。


疑義照会で起こるのは処方医との問題だけではありません。患者さんから「なぜ病院に電話するのか」「医師が決めたことに薬剤師が反対するのか」とクレームを付けられたり、「すぐに薬を出さないなら他の薬局へ行く」と言われた例もあります。

薬剤師にとって疑義照会は義務でもあり、患者さんの健康被害を防ぐための重要な業務のひとつでもあります。今後はこうした問題が発生せず、スムーズに疑義照会ができる医療界全体の環境つくりが求められるでしょう。


薬剤師の方で現在の職場からの転職で迷っているなら、薬剤師専門の転職支援サイトに相談してみてください。薬剤師限定の転職支援サイトに相談すると、自分の希望条件がそろった求人先が探せます。

このような転職支援サイトでは、薬剤師の求人情報に詳しい専任リクルーターが相談に乗ってくれるのでオススメですよ。

<薬剤師の疑義照会とは?のまとめ>

  • 疑義照会とは処方箋の疑問点を医師に問い合わせること
  • 薬剤師法では疑わしい点を確認せず調剤してはならないと規定
  • 患者さんに健康被害が出たら薬剤師も法的責任を問われる
  • 疑義照会のメリットは患者さんの安全性確保とQOL向上
  • 医師の都合に配慮し明確かつ効率的な疑義照会が求められる

薬剤師の転職サイト、おすすめは?

薬キャリ

 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師

 無料登録はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です