薬剤師を取り巻く環境は?



ここでは、薬剤師を取り巻く環境をテーマごとに簡単に紹介します。それぞれの詳しい背景を知りたい方は、関連記事一覧から参照してください。

薬剤師の求人環境

薬剤師の求人環境は「恵まれている」の一言です。もちろん、少子化や企業業績の回復もあり、一般の学生の就活環境自体も改善していますが、薬剤師に関しては圧倒的な売り手市場で、ややバブルの様相を呈しているほどです。一部の新聞報道によると、ある薬剤師の求人支援会社は若手薬剤師を囲い込むために、浪人中の(つまり薬剤師国家試験の準備をしている)学生に月18万円の補助を渡しているそうです。

今後の人口の高齢化がますます進むことも考えると、調剤を行う薬剤師の役割が小さくなることは考えられません。また薬剤師の活躍書の場所は単に病院・薬局・ドラッグストアだけでなく、在宅の場面に広がることが期待されています。


こうした薬剤師の「人手不足」の状況は2021年まで続くという予測もあり、需給ギャップの短期的な解消は難しいようです。つまりその間は、薬剤師は求人転職に関しては恵まれた立場ということです。とはいえ、どんな求人先にも希望通りに入れるかというと、そうでもありません。

たとえば、製薬会社の求人募集は年々減少しており、今後ますます狭き門になりそうです。全般的に見れば売り手市場ですが、個々の求人先では募集状況が異なっています。

調剤薬局を取り巻く環境



薬剤師の求人先として最も多いのは調剤薬局でしょう。薬剤師が資格職として人気なのは、調剤薬局の恵まれた勤務条件も関係しているでしょう。給与はそこそこよいのに(年収500万代後半も珍しくありません)、看護師に較べて仕事はずっと楽です。長期休暇も取りやすいですし、職場によっては出産・育児の支援制度もあります。

仕事は薬剤師にしかできない調剤ですので、今後仕事がなくなることはありませんし、何より転職が容易です。サラリーマンの中高年(40代、50代)での転職はかなり厳しいものがありますが、同年代の薬剤師の転職はそこまで厳しくありません。

こうした薬剤師の典型的な職場である調剤薬局ですが、今後少しずつ職場環境が変わるかもしれません。詳細は記事一覧でご確認頂きたいのですが、14年度診療報酬改定により調剤薬局に対する調剤報酬が切り下げられることになりました。これがすぐに大きなインパクトをもたらすことはありませんが、これまでのような「調剤薬局バブル」と呼ばれる状況ではなくなりつつあります。

そして、まわりまわって薬剤師の給与・待遇にも影響が出る可能性はあります。ただし、こうした影響の見極めには少し時間の経過が必要です。

医薬品販売を取り巻く環境



規制緩和の流れを受けて、薬剤師会は猛烈に反発したものの医薬品のネット販売が原則解禁されました。まだ部分的な解放に留まっていますが、アメリカ等はすでにネット販売を全面解禁しており、今後さらにネット販売の拡大の声が高まることも予想されます。薬剤師会は引き続き反発するでしょうが、政治の力だけでこの流れを押しとどめるのは難しいかもしれません。

これが薬剤師とどう関係してくるかは未知数ですが、薬剤師の雇用環境に影響が出てくる可能性はあります。

なお、下記は薬剤師を取り巻く環境の記事一覧です。よかったら参考にしてください。

薬剤師を取り巻く環境、関連記事の一覧


薬剤師に求められる資質は?

薬剤師に抱えるリスクの中でも特に大きいのが訴訟リスクです。はっきりとしたデータがある訳ではないですが、以前に較べて薬剤師の訴訟リスクは高まっていると思われる。理由は二つあり、一つは患者さんの権利意識の高まりです。昔は治療や処方のトラブルが訴訟まで発展するケースは稀でした。ですが最近では、患者も訴訟を起こすことで医療ミスを明らかにし、賠償を求めるケースも出てきています。

もう一つは、医療・薬学の高度化により処方の難易度が上がっていることです。実際、薬学の高度化は勉強する薬学部生にまで波及しており、薬学部の就学年数も4年から6年に延長されました。最近の薬剤師国家試験の難化も、こうした背景があると思われます。


こうしたことから、今後薬剤師に求められる資質に、丁寧な仕事が挙げられるでしょう。特に上で挙げたような医療事故は、病院内で起きていることが多いです。病院内では迅速な対応が求められることが少なくありませんが、そうした中でも慌てず落ち着いて正確に処方・調剤することが求められるでしょう。

 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト