薬剤師転職で人気の企業について



薬剤師の職場として注目したいのが企業です。製薬会社や化粧品メーカーなどの企業では、たくさんの薬剤師が活躍しています。従来の調剤薬局やドラッグストアといった選択肢だけでなく、土日祝日が休みでオフィスワークができる企業への転職を考えてみてはどうでしょうか。

ここでは薬剤師が活躍できる企業の種類と職種、その仕事内容などを分かりやすく紹介しています。企業への転職を考えている人は必見です。ぜひ、みなさんの求人先探しに役立ててください。


薬剤師が活躍する企業と仕事内容


製薬会社

製薬会社は薬剤師が活躍できる企業の代表格です。いわゆる医薬品の開発や製造、販売などを行なう企業を指し、TVコマーシャルでお馴染みの有名製薬会社から専門性の高い医薬品を製造する会社、漢方薬を中心に製造販売する会社、地域に根差した伝統的な製薬会社まで求人先は多岐にわたっています。

主な仕事内容:
薬剤師が製薬会社で担当する業務は、研究職(創薬研究を担当)、開発職(臨床試験を担当)、学術職(文献・論文情報を担当)、DI職(医薬品情報を担当)、MR職(医療情報を担当)などがあります。

化粧品メーカー

化粧品メーカーに多数の薬剤師が働いていることはあまり知られていません。実は化粧品の開発や製造は薬事法と深く関連しているため、メーカーからの薬剤師求人は意外に多いのです。薬剤師が活躍できる化粧品メーカーとしては、誰もが知っている日本有数のメーカーから専門性の高いメーカー、外資系企業まで広範囲に及んでいます。

主な仕事内容:
薬剤師が携われる業務としては、化粧品の成分研究、企画や開発、品質管理、薬事申請対応などが挙げられます。そのうち、特に活躍の場として注目したいのが薬事関連業務で、品質保証や安全性保証などの部署での就業が考えられます。

CRO



CROとは製薬会社に代わって、新薬開発のための治験業務を行なう企業を指します。日本語では「開発業務受託機関」といいますが、特別な機関というわけではなく一般の民間企業です。最近では新薬開発の治験業務をCROに依頼する製薬会社が増えているため、薬剤師求人が伸びていくと予想されます。

主な仕事内容:
薬剤師が担当する主な業務としては、治験計画の作成、治験の準備作業、治験モニタリング、治験に関連する各種連絡業務、治験報告書作成などが挙げられます。ほかにデータベース作成や管理などのデスクワークを担当するケースも見られます。

外資系企業

製薬会社を中心に、外資系企業でも薬剤師は活躍しています。近年では日本の製薬会社も外国企業との連携を深めており、日本支社を設置する企業が増えていることも一因です。製薬会社以外には化粧品メーカー、CRO、健康食品会社などからの求人があります。

主な仕事内容:
研究職、開発職、DI職、MR職、CRA職など多岐にわたる業務が挙げられます。英語の語学力は必須ですが、企業によっては第二外国語としてドイツ語やフランス語が必要になる場合もあります。

その他の企業

上記のほかにも薬剤師が活躍できる企業があります。薬品関連の医療機器メーカー、美容や健康関連のサプリメントなどを扱う健康食品メーカー、医薬品卸売会社、医薬品関連の物流会社などです。

<ここまでのまとめ>

  • 薬局だけでなく企業で活躍中の薬剤師は大勢いる
  • 最も多いのが製薬会社で働いている薬剤師である
  • 化粧品メーカーやCROで活躍する薬剤師も増加中
  • 外資系企業からの薬剤師求人も年々増える傾向
  • 医療機器メーカーや健康食品メーカーへの転職も可能

薬剤師求人があるのは製薬会社という固定観念を持たず、幅広く転職先を探してみると自分に合った企業を見つけることができるでしょう。

下記では、企業で働く薬剤師に関する記事をまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

薬剤師転職で人気の企業についての関連記事



企業:薬剤師に人気の業務とは?



企業で働く薬剤師の仕事のうち、人気のある業務について紹介します。

MR

MR(医薬情報担当者)は製薬会社などに所属し、自社の医薬品情報を医療機関のスタッフに提供する仕事です。病院やクリニックなどの医師や看護師に対し、自社製品を適正に使用してもらう役割を担います。

具体的には自社の医薬品などの商品についての効果や副作用を説明したり、病院やクリニックで使ってもらえるよう営業活動を行ないます。といっても純然とした営業職というわけではなく、あくまで自社製品の情報提供を行なう仕事です。

CRA

CRA(臨床開発モニター)は製薬会社やCROなどに所属し、新薬開発のための治験業務をサポートする仕事をいいます。新薬の開発には膨大な治験作業が必要ですが、CRAはプロトコル(計画書)の作成から治験の諸準備、依頼先の病院・責任医師の選考、医療機関との交渉など幅広い業務を担当します。

治験開始後はモニタリングを行ない、治験の適切な実施やデータの適正性、被験者の権利の遵守などを監督します。問題があれば適切な対応を行なうのもCRAの仕事のひとつです。治験完了後は報告書の作成を行なうとともに、担当部署の責任者に内容を報告します。

メディカルライター

メディカルライターとは医療や医薬品に関する記事を作成する執筆者を指します。薬剤師の場合は資格や経験を活かし、主として医薬品や健康に関連した記事の作成を担当することになるでしょう。

ライティングする記事の内容は勤務先の担当部署によって異なります。一般の読者や顧客に対する記事を作成するライターもいれば、医療従事者や製薬業界全般に向けた記事を作成するライター、新商品(医薬品)の販売促進の宣伝パンフレットや説明書を作成するライターもいます。

また、記事だけでなく医薬品や医療機器の開発に必要な書類・報告書の作成、新薬開発に必要な申請書、論文、症例報告書などの作成を担当するライターも少なくありません。たいへん幅広い職種ですが、文章を書くスキルに自信がある人はトライしてみてはどうでしょうか。

コールセンター



コールセンターとはお客様向けの電話窓口をいいます。薬剤師が企業で担当するコールセンター業務は大きく分けて次の2種類があります。

●医療従事者向け窓口
DI(学術)業務の一環で、医師や看護師など医療従事者向けのコールセンター業務です。病院関係者などからの医薬品についての問い合わせに専門的な立場から情報を提供します。自社の医薬品の効果や副作用、適正な使用法など、薬剤師ならではの知識や経験が活かせる仕事といえるでしょう。

●一般顧客向け窓口
自社の医薬品や商品に対する一般のお客様からの問い合わせに対応するコールセンター業務です。薬の飲み方や飲み合わせの質問、効果や副作用についての情報提供など仕事内容は多岐に及びます。いわゆるカスタマーサービスの一貫ですが、インターネットの普及により今後さらに求人需要が伸びていくと考えられます。

コールセンター業務は製薬会社だけでなく、化粧品メーカーや医療機器メーカー、健康食品メーカーなどからの求人もあります。

研究・開発

薬剤師に人気の企業社員としての業務のひとつが研究職と開発職です。研究職とは新薬開発に従事する仕事で、新しい医薬品を創り出すための研究に取り組みます。時間や根気が必要なだけでなく、新薬開発のための知識や能力が求められる仕事でもあります。こうした厳しさがある一方、新薬開発に成功すれば大きな達成感を味わえる仕事ともいえます。

開発職とは新たに創り出された医薬品の安全性を確認するための治験を担当する仕事です。医薬品は効果だけでなく安全性の基準が厳しく、開発職は重要な役割を担う仕事といえるでしょう。研究職と比較すると地味な分野ながら、製薬会社にはなくてはならない存在です。


現在、さまざまな企業でたくさんの薬剤師が活躍しています。企業の仕事はやりがいがあると同時に、土日祝日休みや福利厚生といったメリットも得られるとあって人気です。ただし、企業からの薬剤師求人は少ないので、就職や転職には情報収集が不可欠になります。

薬剤師で企業への転職を考えているなら、薬剤師専門の転職支援サイトの登録がオススメです。薬剤師専門の転職支援サイトに登録すると、企業からの非公開求人情報を得られて便利です。薬剤師の転職に詳しい専任アドバイザーへの相談も可能ですので上手に活用してください。

<薬剤師転職で人気の企業についてのまとめ>

  • 転職人気の企業は製薬会社と化粧品メーカー
  • CROや外資系企業も薬剤師人気が上昇中の職場
  • 医療機器や健康食品を扱う企業にも注目したい
  • 薬剤師に人気のある業務は製薬会社の研究職と開発職
  • 最近ではMRやCRAにも注目が集まっている
  • 文章が得意な人はメディカルライターという仕事もあり

 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト