薬剤師転職の心構えと仕事に関するQ&A



薬剤師の免許は「業務独占資格」といい、国の法令によって有資格者だけが従事できる特定の仕事であると定められています。人の生命や健康に関わる薬剤を扱う薬剤師として、どのような心構えを持って働くべきかということは重要な問題です。

ここでは薬剤師に必要な心構えに加え、仕事に関する悩みや困り事をQ&A方式で紹介しています。みなさんが薬剤師の仕事をしたり、転職を考える際のご参考になさってください。


薬剤師の役割と心構えについて



最初に、薬剤師が果たす3つの役割について説明します。

予防医学

近年では病気治療を目的とした薬剤の処方から、病気を防ぐ予防医学への移行が進んでいます。薬剤師が予防医学の分野で担う役割のうち、重要となるのが「病気にならない健康な体づくりのお手伝い」です。

薬剤師は個々のお客さんに合ったビタミン等の栄養成分、各種サプリメントに期待できる効果、OTC医薬品の正しい使い方の説明など健康な体作りをサポートすることができます。病気を防ぐ生活習慣の知識の普及も薬剤師の役割のひとつです。

地域医療

地域医療の分野で薬剤師に求められるのは、「かかりつけ薬剤師」という役割です。厚生労働省では現在「かかりつけ薬局」の推進を行なっていますが、その薬局で地域のみなさんの健康づくりを支援するのが薬剤師の存在です。

なかでも注目されるのが薬剤師の在宅業務です。在宅業務とは薬局の薬剤師が患者さんの自宅に直接訪問し、処方薬を届けて服薬指導を行なったり、薬剤の管理や患者さんの相談に応じるというものです。在宅業務を行なう薬局も増えており、今後さらに薬剤師の活躍が期待される分野となっています。

緩和ケア

治癒が困難な病気の痛みをやわらげるのが緩和ケアです。緩和ケアは終末医療やターミナルケアともよばれ、末期がん患者など治癒がむずかしいとされる患者に対して行なわれるのが一般的です。

緩和ケアの実施には医師や看護師、薬剤師、介護職員などがチームを組んで当たります。うち薬剤師は医療用麻薬などの使用に関して提言したり、麻薬使用に対する患者さんの不安をやわらげる、副作用に関する相談に対応する、家族に服薬指導をするといった役割を担っています。


以上、予防医学や地域医療など、薬剤師に求められる役割について説明してきました。次は薬剤師が身に付けておくべき心構えについて紹介していきましょう。

薬剤師の3つの心構え



(1) 最新の知識と技能を学ぼう

薬剤師として働くうえで重要なのが、「常に最新の薬の知識や技能を持っておく」ということです。プロの薬剤師が日々開発されていく新薬について何も知らなかったり、新たな調剤の技能を知らないのでは現場で役に立ちません。薬剤のプロとして、貪欲に最新の知識や技能を学びましょう。


(2) 慎重かつ正確な仕事を心掛けよう

医薬品や薬剤は病気の治療や症状の緩和に役立つものですが、反面、取り扱い方を誤ると重大なトラブルの原因になります。そうした薬類を扱う薬剤師は、常日頃から慎重かつ正確な仕事を心掛けなくてはなりません。仕事に追われる毎日であっても、プロとしての自覚と責任感を持って業務にあたる心構えが必要です。


(3) 患者さんの気持ちに寄り添おう

薬剤師を志す人の多くは「患者さんの役に立ちたい」という気持ちを持っているはずです。その志はプロになっても変わることなく持ち続けてください。薬剤師の仕事を単に給料を得るためだけのツールにせず、患者さんの立場になって病気の治療や健康づくりのお手伝いをするという心構えが大切です。

<ここまでのまとめ>

  • お薬を通して病気を防ぐ予防医学という役割
  • かかりつけ薬局などにおける地域医療への貢献
  • 治癒が困難な病気の患者への緩和ケアという役割
  • 薬剤師として最新の知識と技能を身に付けよう
  • 患者さんの気持ちに寄り添える薬剤師になろう

薬剤師転職・その他に関する記事一覧


ここまで薬剤師が果たすべき役割と心構えについてお話ししてきました。次に、薬剤師として働くうえでの悩みや困り事についてQ&A方式で解決策やヒントを紹介します。


薬剤師Q&A、こんな時どうする?


クレーム対応

Q:患者さんからのクレーム、どう対応すればいいの?

A:クレームには真摯な対応が必要

患者さんからクレームが来た場合は、その内容に関わらず最後まで話を聞くことが大切です。途中で口を挟んだり話を遮るのは避け、まずは相手の言い分を聞くようにしましょう。最後まで話を聞いたうえで、患者さんの誤解や薬剤師の説明不足がクレームの原因なら真摯に対応してください。

基本の対応としては、「こちらの説明不足で申し訳ありません」というように相手を立てる言葉を使用し、「○○という意味合いでご説明したのですが、十分に伝わらなかったかと思います」と謙虚にお話ししましょう。それでも患者さんが納得しない場合は「上司に代わります」と聞き役を変更するのもひとつの方法です。

調剤ミス

Q:調剤ミスをしてしまいました、どうすべきですか?

A:ミスをしたら薬剤師だけでは対応しない

調剤ミスはあってはならないことですが、現実には重大なものから小さなものまで多数のミスが起こっています。もし自分が調剤ミスをしてしまったら、次のように対処してください。

(1) 調剤ミスの連絡を受けたら自分ひとりで対処しようとせず、速やかに薬局管理者や経営者など責任者に連絡する。

(2) 連絡内容のうちの客観的事実と経過を確認し、逐一、記録(メモ)を取っておきます。記録はできるだけ詳細に取る。

(3) 薬歴や処方箋、調剤棚、在庫調剤などをチェックしてミスの原因を確定するなど薬局全体で対応する。

上記が終わったら、患者さんやご家族への対応、医療機関への報告、薬剤師会への報告などを行ないます。ミスの有無や原因が確定しないうちは断定的な発言は避け、責任者の指示にしたがってください。

独立開業

Q:独立して薬局を開業したいのですが何をすべき?

A:資金力と店舗のロケーションが重要

薬剤師という仕事のメリットのひとつが「独立開業できる」という点です。努力と工夫次第では店舗を大きくしたり、支店を増やすことも可能ですからやりがいがあります。独立開業で成功するためのポイントは十分な資金を準備すること、店舗の場所(ロケーション)選びを慎重に行なうことです。

経営に自信があれば資金は借入金でも構いませんが、返済金や利息の支払いも考慮に入れた計画を立てるようにしてください。店舗の場所は新設された病院やクリニックの近く、または一定の需要が見込めるロケーションを選ぶのがポイントになります。需要のない場所に薬局を開店しても成功は見込みにくいので注意しましょう。


薬剤師で求人先探しをするなら、薬剤師専門の転職支援サイトを利用するといいかもしれません。薬剤師専門の転職支援サイトに登録すると、希望条件にマッチした転職先が見つけられます。薬剤師の求人情報に詳しい専任アドバイザーが親身に相談に応じてくれますので、活用してみましょう。

<薬剤師転職の心構えと仕事に関するQ&Aのまとめ>

  • 薬剤師には予防医学や地域医療を支える役割がある
  • 常に最新の知識と技能を身に付ける向上心を持つべき
  • 同時に患者さんの心に寄り添う気持ちも忘れずに
  • 患者からのクレームには真摯に向き合う姿勢が大切
  • 調剤ミスは自分だけで対応せず責任者に必ず報告する
  • 独立開業にはリスクがあるが事前準備をすれば成功も

 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト