公務員薬剤師に転職するには



公務員薬剤師は安定収入と身分保証のある魅力の多い職業です。同じ薬剤師として働くなら民間企業ではなく公務員になりたいと考える人も少なくないでしょう。一般的には「公務員になるなら新卒が有利」といわれていますが、転職組でも公務員薬剤師になるチャンスはあります。

以下に公務員薬剤師の職場にはどんな種類があるのか、その仕事内容や給料はどうなのかを詳しくまとめてみました。併せて公務員になる方法も紹介していますので、公務員薬剤師への転職を目指す人は必見です。


公務員薬剤師の職場や仕事内容は?



公務員の薬剤師の仕事といっても、実は意外にたくさんの職場があります。

国立・公立病院

薬剤師として最も転職しやすいのが、国立病院や公立病院といった医療機関です。病院薬剤師の仕事は大きく分けて2種類あります。

院内薬局の薬剤師は調剤や服薬指導が中心で薬局やストアと大きな違いはありません。それに加えて患者さんの薬歴管理や投与量・投与方法のチェック、重複処方・投与・処方漏れなどを薬学的な面から再確認する役割も担っています。


一方、入院中の患者さんを担当する病棟薬剤師の場合は、服薬指導や薬剤管理が主な仕事です。さらに患者さんや付き添いのご家族からの薬剤に関する相談に応じたり、薬剤に関連して患者さんのQOL(生活の質)を向上させる役割を負います。

患者さんから副作用や痛みの聞き取りを行い、医師に対して処方薬についての提案をするのも病棟薬剤師の仕事のひとつです。

自治体・保健所



公務員薬剤師として働くには、自治体に転職するという方法もあります。転職先の自治体は都庁や府庁、県庁、市役所などがあり、地元に限らず各自治体の求人に応募することが可能です。ただし、採用後はどの部署に配属されるかを前もって知ることはできません。

薬剤師が自治体に就職・転職した場合、配属されやすい部署が薬務課や保健福祉事務所です。薬務課の主な仕事内容は医薬品・医療機器の品質管理、血液製剤の安定確保のための献血推進、麻薬や覚せい剤などの乱用防止などです。


保健福祉事務所は自治体住民の健康を支援する部署です。医療や保健、衛生、福祉などの向上を図るために、住民からの相談対応、情報提供、介護保険制度の運営などを行ないます。

もうひとつの公務員薬剤師の職場として保健所が挙げられます。主な仕事内容は伝染病や食中毒の対処、薬局・病院の開設許可関連業務、美容院・クリーニング店への営業許可発行などです。業務範囲はたいへん広いですが、やりがいのある仕事といえるでしょう。

役所(厚労省)

地方自治体だけでなく厚生労働省からの薬剤師求人もあります。主に薬剤師が従事する仕事は、医薬品や医療機器の許認可に関する業務、製薬会社との折衝や新薬の許認可などです。ただし、公務員の場合は薬剤師免許があっても、どの部署に配属されるかは決まっていません。

厚労省勤務の薬剤師の仕事でユニークなのが麻薬取締官です。麻薬取締官は厚労省の麻薬取締部に所属し、薬物犯罪の捜査や正規麻薬の不正使用の取締りなどを行ないます。薬物や法律の知識が求められるとともに、麻薬Gメンとも呼ばれ社会に貢献できる職業のひとつです。

<ここまでのまとめ>

  • 公務員薬剤師で多いのが国公立病院で働くという方法
  • 院内薬局や病棟で薬剤師として患者さんを支援する
  • 自治体や保健所、保険福祉事務所への転職もあり
  • 厚生労働省の事務職や麻薬取締官などの仕事もある

次は公務員薬剤師のに関する情報ページをまとめました。どうぞ、みなさんの転職のご参考にしてください。


公務員薬剤師への転職に関する記事



公務員薬剤師の給料や目指す方法は?



薬剤師に限らず公務員は「国家公務員」と「地方公務員」の2種類に分けられています。それぞれの公務員には給料の規定があり、その決まりに従って年収や月収が決められてくることになります。

国家公務員薬剤師の給料

国立病院や厚生労働省に勤務する薬剤師は国家公務員になります。国家公務員の給料は国の基準(俸給表)にしたがって支給されており、職種・年齢・経験年数・学歴といった要素で差が出てきます。

薬剤師の場合は通常「俸給表二」の医療職に該当します。平均的な給与は月収35万円(俸給31万円+諸手当4万円)、年収に換算すると600万円程度が相場です。ただし、これは40代の国家公務員薬剤師のデータで、初任給は20万円程度、年収は340万円程度と考えてください。

地方公務員薬剤師の給料

公立病院や地方自治体勤務の薬剤師は地方公務員となります。地方公務員の給料は所属する自治体の基準によって支給されます。こちらも国家公務員と同様に職種や年齢などの要素で支給額に違いがありますが、地価や物価などの影響もあって地域による差も意外に大きいようです。

薬剤師の場合は東京都のケースでいうと、平均的な給与は月収30~35万円(年収480~560万円)程度です。自治体にもよりますが、国家公務員薬剤師と大きな違いはないと考えていいでしょう。ちなみに給与水準が高いのは東京都・千葉県・神奈川県・大阪府・兵庫県などの自治体です。

公務員薬剤師を目指すには?



薬剤師として公務員職に就くには、まず薬剤師免許を取得する必要があります。しかし、薬剤師が公務員に転職する場合はすでに薬剤師免許を持っているわけですから、次のステップに進むことができます。

次のステップとは公務員試験に合格するということです。ただし勤務先によっては公務員試験に合格していなくても就職・転職が可能なところもあります。


●国家公務員の場合

国家公務員になるための試験は「総合職」「一般職」「専門職」「経験者採用試験」など全部で14種類あります。どの試験を受験すべきかは転職したい勤務先によって異なりますが、以下に個々の職場について見ていきましょう。

・国立病院・・・独立行政法人のため、公務員試験に合格する必要はない
・厚生労働省・・・職種により「総合職」「一般職」などに合格する必要がある
・麻薬取締官・・・薬剤師免許に加え公務員試験の「一般職」に合格する必要がある


●地方公務員の場合

地方公務員になるための試験は「上級」「中級」「初級」「社会人採用試験」などの種類があります。大卒の場合は「上級(I類)」を受けるのが一般的です。

薬剤師が転職しやすい職場としては、地方自治体(県庁、市役所等)、保健所、保健福祉事務所などがあります。いずれも公務員試験の「上級(I類)」に合格し、さらに採用試験に受かれば転職することができます。


公務員試験は国家・地方ともに難易度の高い試験です。最近では民間企業など職務経験者を採用するケースも増えていますので、「経験者採用試験」「社会人採用試験」にトライするという方法も有効でしょう。といっても、こちらも簡単に受かる試験ではないので、受験に際しては十分な準備をするようにしてください。


薬剤師の方で求人先探しを考えているなら、薬剤師専門の転職支援サイトを利用するという方法があります。公務員でなくても安定した収入を得られる求人先はたくさんあります。薬剤師専門の転職支援サイトを活用して、自分の希望条件に合った求人先を効率的に見つけましょう。

<公務員薬剤師に転職するには・まとめ>

  • 主な転職先は国公立病院や保健所、福祉事務所など
  • 厚労省や都府県庁、市役所で働くという方法もある
  • 麻薬取締官は薬剤師免許が必須なので転職は可能
  • 公務員になるには基本的に公務員試験に合格する必要がある
  • 公務員試験には多数の種類があり転職先によって異なる
  • 試験の難易度は高いので十分な準備をしておこう

 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト