薬剤師の転職先選びについて



薬剤師は、一度資格を取ってしまえば、「食いっぱぐれ」のない安定した職業であることは、皆さんご存知とは思います。

しかし、だからといって、薬剤師は転職と無縁かといえば、そんなことはありません。


現在、薬剤師として働きながらも、いろいろな理由で転職を考えてる方がいらっしゃると思います。また、現在はパートや派遣の薬剤師として働いているけど正社員の薬剤師になりたい方、薬剤師の仕事を一旦辞めたけど復職したい方などもいらっしゃると思います。

ここでは、薬剤師として転職や就職を考えている方のために、転職先・就職先選びのためのお役立ち情報を紹介します。



薬剤師の転職先と一口に言っても、その活躍の場は実に様々です。

薬剤師の職場という分類で言えば、病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業、官庁や行政機関など、挙げられます。

さらに「企業」と云っても、製薬会社や化粧品メーカー、食品メーカーなど薬剤師が活躍できるフィールドは世間で想像されている以上に多様です。


また、仕事の分類で言えば、調剤、相談、接客、CRO、開発研究、MR、調査分析、デスクワークなど、こちらも様々です。こうした薬剤師の職場は、転職先として考えた場合、当然ですがメリットやデメリットがそれぞれあります。




もちろん、実際の転職先選びでは職場や仕事だけで決定することはないはずです。職場の立地はお給料や休暇、福利厚生施設や職場の雰囲気、求人数など、実際に転職先を決めるときには色々な要因が絡んできます。


たとえば、病院内の薬剤師といえば、薬剤師の中でも人気職種です。ですが、院外処方が一般化した現在において、病院での薬剤師求人は少数です。

求人自体を見つけてもかなりの競争倍率になることが予想され、すんなり転職が決まらない可能性があります。

加えて、仮に病院薬剤師の転職が決まったとしても、自分の納得して通える距離に病院がある保証もありません。


逆にドラッグストアの場合、求人自体は大変多いので、転職自体は難しくないでしょう。またドラッグストアの店舗は全国各地にあるため、通勤で不便な思いをする心配も低いです。

ただし、ドラッグストアにも大手企業から中小企業もあり、中小の会社ほど福利厚生が行き届かない傾向にあります。


以上のように、「仕事の内容」以外で考えても、転職先を考える上での色んな要因が絡んできます。

ですが、それぞれの薬剤師の職場や仕事には特徴があり、それらを抑えておくことは無駄にはならないはずです。

先ほどの例で言えば、ドラッグストアは求人自体は見つかりやすいものの、調剤薬局のような仕事に較べて、薬剤師と直接関係のない雑用を任されることもあり、人によってはモチベーションが低下することにもなりかねません。


以上のように、転職で失敗しないためにも、転職先の職場の特徴や仕事の状況についてある程度押さえておく事は重要なことです。以下では薬剤師の転職先である職場や仕事の内容を紹介しています。よかったら参考にしてください。

薬剤師の転職先、記事一覧

転職成功のコツ、上手に転職サイトを活用する

以上、薬剤師の転職先や仕事を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?ところで、薬剤師の方が転職を成功させるコツは、やはり転職サイトを上手に活用することです。

以下では、薬剤師の間で人気の転職サイトを紹介していますので、よかったら参考にしてください。

 薬剤師転職サイト、おすすめ人気ランキング

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト