薬剤師の種類、色んな仕事内容について



薬剤師の種類は実にさまざまです。調剤薬局やドラッグストアを始め、病院、クリニック、自治体、保健所、民間企業…というように求人先は多岐にわたります。ここでは薬剤師の種類と仕事内容について詳しく説明しています。

すでに薬剤師資格は取得したものの就職先で迷っている、現在就業しているが転職で新たな自分の可能性を見出したい、ブランク明けで再就職を考えている等々の方は、ぜひご参考にしてみてください。


薬剤師の種類について



薬剤師のうち、保険薬剤師、臨床薬剤師、漢方薬剤師の3種類を紹介します。

保険薬剤師

●保険薬剤師と保険薬局

保険薬剤師とは健康保険を使って保険調剤を行なう薬局(保険薬局)で働く薬剤師のことです。日本には「国民皆保険制度」があるため、保険対象となる診療で出された処方箋は保険調剤に含まれます。保険調剤を行なえるのは保険指定を受けた保険薬局のみで、それ以外の薬局は保険調剤を行なうことができません。

●保険薬剤師になるには?

保険薬剤師で薬剤師として働くためには、所轄の地方厚生局または支局で保険薬剤師の登録を行なう必要があります。薬剤師免許を持っていれば登録が可能であり、特別な審査や試験といったものはありません。

臨床薬剤師



●医療の現場で働く仕事

臨床薬剤師の主な仕事は、病院やクリニックにおける患者さんのケアやサポートです。患者さんに投与される薬剤の設計(投与量・タイミング)、薬剤の効果予測(効果の推測)などの業務を担当します。すでに米国では一部ではあるものの、医師から委任されて処方箋を作成する臨床薬剤師も出てきました。

●臨床薬剤師になるには?

米国とは異なり日本ではまだ臨床薬剤師という存在は一般的ではありません。ただし、近年では大手大学病院や医療研究機関などを中心に、臨床薬剤師の活躍の場が増えてきています。

漢方薬剤師

●漢方薬剤師と漢方薬局

漢方薬剤師とは漢方や生薬の専門知識を持ち、漢方薬の処方および調剤などを行なう薬剤師のことです。漢方は中国の伝統医学を基に、日本で発達した伝統医学を指します。この伝統医学の考え方に基づいて、漢方薬の処方や調剤、服薬指導などを行なうのが漢方薬剤師です。

●漢方薬剤師になるには?

漢方薬剤師になるための特別な資格はありません。理論的には薬剤師免許があれば漢方薬剤師の仕事をすることが可能ですが、実際の職場で漢方薬剤師として働くためには漢方の勉強が必要になります。勉強方法は大きく分けて2種類あり、1つめは漢方薬学科などがある大学で学ぶ、2つめは漢方薬局に就職して働きながら学ぶという方法です。


以上、薬剤師の3つの種類について紹介してきました。いずれも薬剤師としてやりがいのある仕事ですが、求人先探しがむずかしい職種も含まれています。自分の希望する職種の求人先をスピーディーに探すためには、薬剤師専門の転職支援サイトへの相談をおすすめします。

<ここまでのまとめ>

  • 薬剤師の仕事にはいくつかの種類がある
  • 保険薬剤師とは保険薬局で働く薬剤師のこと
  • ほとんどの調剤薬局は保険薬局の指定を受けている
  • 臨床薬剤師とは病院の病棟で患者を支援する仕事
  • 漢方薬剤師は伝統医学に基づいて漢方薬を扱う仕事

以下では、薬剤師の種類や仕事内容に関する記事を紹介しています。詳しくご覧になりたい方は、ぜひこちらをチェックしてくださいね!


薬剤師に種類・仕事内容の関連記事


次は薬剤師の主な仕事内容について説明します。一般的な薬局での業務から企業や自治体で働く薬剤師の業務まで詳しく紹介していますので、みなさんのご参考になさってください。


薬剤師の仕事内容について



薬剤師の業務は職場により多岐にわたります。最も多いのが調剤薬局などで担当する調剤や服薬指導ですが、就業先によっては医薬品の薬事申請や衛生管理を行なう薬事衛生といった仕事を行なう場合もあります。

調剤業務

医師の処方箋にしたがって薬剤の調製を行なうのが調剤業務です。単に処方箋どおりに薬剤を配合するだけではなく、処方箋内容の確認(鑑査)や内容の問合せ(疑義照会)も併せて行ないます。

薬剤の調製ができたら、薬の種類や数をそろえる(計数調剤)、服用しやすくまとめる(一包化調剤)、処方箋と薬剤の確認(最終鑑査)などをします。これらの作業すべてを含めて調剤業務と呼びます。

服薬指導

服薬指導は薬剤師にとって、調剤業務に次いでポピュラーな仕事です。一見すると、ただ患者さんに薬の飲み方を説明するだけのように見えるかもしれませんが、実際には薬の効果を得たり副作用を防ぐための重要な業務のひとつです。

調剤した薬を患者さんに渡す際に、飲み方や使い方、適量、回数などを説明するのが服薬指導です。患者さんが安心安全かつ正しく薬を利用できるよう、薬剤師の立場から説明とアドバイスを行ないます。

薬歴管理



薬歴とは薬剤の服用履歴の略称です。これまでに患者さんがどんな薬を服用してきたのか、副作用やアレルギーの経験はないか等の記録が薬歴の主な内容となります。

薬剤師が服薬指導を行なううえで、薬歴管理は重要な記録でありツールとなります。患者さんの服薬状況や残薬の状況を知っていれば適切なアドバイスができますし、副作用やアレルギーの有無が分かっていればリスクを避けることも可能です。

薬事衛生

薬学の知識を土台に、薬品や食品の製造販売、品質管理、衛生管理、薬事監視などを行なうのが薬事衛生という仕事です。薬事衛生はたいへん幅が広く、就業する職場も多岐にわたっています。いずれも薬学の知識を活かし、消費者や利用者の安心安全を守る業務であることに変わりはありません。

薬事衛生の就業場所としては、医薬品や健康食品などの製造会社・工場、毒物劇物の製造・販売・管理、食品の衛生管理、保健所の薬事監視、医薬品の販売監視、学校の校内環境管理、環境衛生の指導といった仕事が挙げられます。

薬事申請



新薬開発の諸申請を担当するのが薬事申請の仕事です。医薬品を開発・発売するまでには、各種の申請を行なう必要があります。申請書から始まり、治験の報告書、資料、論文、データまでたくさんの書類を提出しなくてはなりませんが、これらの書類の作成に関わる業務全般を薬事申請と呼んでいます。

薬事申請が行なわれるのは製薬会社のほか、医療機器メーカー、化粧品メーカー、健康食品メーカーなどの企業です。薬学の知識だけでなく法律知識や英語能力などが求められる仕事ですが、新薬開発に携われるやりがいのある業務といえるでしょう。


薬剤師の方で転職を考えているなら、薬剤師専門の転職支援サイトに相談がオススメです。薬剤師専門の転職支援サイトに相談すると、希望条件に合った転職先が探しやすくなります。薬剤師の求人情報に詳しい専任アドバイザーが親身に相談に応じてくれますので、活用してみましょう。

<薬剤師の種類、色んな仕事内容についてのまとめ>

  • 健保が使える保険薬局に勤務するのが保険薬剤師
  • 病院の病棟など医療の現場で働くのが臨床薬剤師
  • 漢方と生薬の専門知識を持つのが漢方薬剤師
  • 薬剤師の主な仕事内容は調剤、服薬指導、薬歴管理
  • 食品衛生や製造管理を担当する薬事衛生の仕事も
  • 新薬開発に携わる薬事申請という仕事もある

 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト