薬剤師が化粧品会社へ転職する時の注意点は?

薬剤師,化粧品会社

薬剤師の勤務先で多いのは調剤薬局やドラッグストアなどですが、なかには化粧品会社で働いている人もいます。

実は、化粧品会社は働きやすいということで、女性薬剤師に人気の職場なのです。


化粧品会社で薬剤師はどんな仕事をしているのでしょうか?

また、化粧品会社に転職するとしたらどんなことに気を付けたら良いのでしょうか?


この記事では、化粧品会社の薬剤師の仕事内容や、転職する際の注意点について詳しく解説していきます。

これを読んで、転職活動をする際の参考にしてください。


化粧品会社の薬剤師、どんな仕事をするの?

薬剤師,化粧品会社,仕事内容

化粧品会社の薬剤師の仕事内容は、主に以下の3つがメインとなります。

まずはその仕事内容をそれぞれ詳しく見ていきましょう。


自分はどんな仕事をしたいか、考えながら読んでみてください。

配合成分などの基礎研究

化粧品に配合する成分の研究や、スキンケア用品に使う素材の開発が基礎研究の仕事です。

ここで開発された成分や素材を使って化粧品が開発されるので、新しい製品を作るためのカギを握っている仕事だと言えるでしょう。


化粧品に使う成分は医薬品に使われることもあるので、ここで薬学の知識が生きてきます。

場合によっては、大学や皮膚科医と共同で研究を進めることもあります。


その成果を学会で発表したり、最新の研究や医療技術について勉強したりするのも、基礎研究の仕事の一つです。

化粧品の開発

化粧品に配合する成分を見極める研究職に対して、実際に新しい化粧品を作るのが開発の仕事です。

企画からの依頼を受け、その内容を実現させるための材料や成分を選定したり、品質の安定した商品を作れるように製造方法を考えたりしています。


化粧品を開発する際には、原料の相性や安全性なども考慮しなければなりません。

どれとどれを合わせるとより効果的か、また、一緒に使わない方がいいものはないか考える必要があり、そこで薬学の知識が生かされます。

<関連記事>:薬剤師が研究開発職へ転職する時の注意点は?

機能性評価・安全性評価

化粧品に配合された成分が、どんな仕組みで効果を発揮しているか解明するのが、機能性評価の仕事です。

また安全評価では、皮膚細胞を使ったテストやモニター試験をしたりして、化粧品に問題がないかチェックします。


「美白効果は確かにあるけど、なぜ肌が白くなるかは分からない」というような化粧品では、怖くて使えませんよね。

それを科学的にきちんと証明したり、実験を通して確認したりするのがこの仕事です。


化粧品の機能性・安全性の最終チェックを行うため、非常に責任重大ですが、だからこそやりがいを感じているという人もいます。


化粧品会社の仕事、ポイントはココ!

薬剤師,化粧品会社,ポイント

転職を考えた際に、仕事内容はもちろんですが、給与や福利厚生も重要な判断材料になります。

ここでは化粧品会社での仕事について、知っておいてほしいポイントを3つ紹介します。

給与や働きやすさは良好!

就職先や職種によって多少異なりますが、化粧品メーカーに勤めた場合の年収は400~600万円程度が相場です。

薬剤師全体の平均年収よりも高くなる事が多く、研究開発職だとさらに高額になります。


また給与だけでなく、働きやすさについても良好な会社が多いようです。

大手メーカーほど福利厚生が充実し、休暇も取りやすい傾向にあります。


さらに女性にとってありがたいのは、化粧品系の職場は女性の割合が高く、出産や子育てに関して理解が得やすいことです。

出産や育児などで休んでも仕事に戻りやすかったり、復帰後も子どもの予定に合わせて休みがとりやすかったりと、女性が働き続けられる環境がきちんと整っています。


また、子育てについて悩んだ時でも、職場に行けば子育ての経験者がいます。

仕事のことだけでなく子育てのことも相談できる人がいる、というのは安心かもしれませんね。

仕事のやりがいも大きい

化粧品会社での仕事は、非常にやりがいがあります。

成分の研究や商品の開発など、すぐに成果が出るような仕事ではありませんが、その分、自分の携わった商品が世の中に出たときには非常に大きな喜びを感じられます。


やりがいについては医薬品メーカーにも同じことが言えますが、医薬品の場合は化粧品に比べてさらに時間がかかるうえ、世に出る前に開発が中止になってしまうケースも多々あります。

それに比べると、化粧品はちゃんと販売までたどりつくケースが多く、世の中に貢献しているという実感を得やすいかもしれません。


化粧品会社には、薬剤師以外にもさまざまな職員が勤務しています。

出身も薬学部だけでなく、農学部や工学部など異なる専門分野の人たちが集まっています。


そのため、薬剤師の資格や知識を生かして仕事ができた際にはその専門性を評価してもらえる、というのも嬉しい点です。

<関連記事>:薬剤師が外資系企業へ転職する時の注意点は?

化粧品会社での仕事が向いている人は?

化粧品が好きな人や美容に関する意識が高い人はもちろんですが、流行やトレンドに敏感な人、語学力を生かして働きたい人、キャリアアップ思考の人にもオススメです。

化粧品にも流行があり、それに伴って売れる商品も変化していきます。


流行に合わせて商品を売り出すには、「次はどんな化粧品が人気になりそうか」「消費者はどんな成分を求めているのか」といったことを考える必要があるため、流行やトレンドに敏感でなくてはなりません。

少し意外かもしれませんが、職場によっては高い語学力を求められることもあります。


外資系のメーカーや海外進出に積極的なメーカーも多く、ビジネス会話ができる人や、外国語で書かれた論文を読める人が評価される場面は意外と多いです。

もし語学力に自信があるなら、それも積極的にアピールしていきましょう。


化粧品メーカーの多くは実力主義です。自分の知識や能力を生かして実績をどんどん残していけば、それが昇給・昇進などの形でかえってきます。

キャリアアップを目指している人には向いている仕事だと言えるでしょう。


薬剤師、化粧品会社に転職するときの注意点は?

化粧品会社への転職,注意点

薬剤師にとって化粧品会社は働きやすくやりがいもある職場ですが、転職を考えたときに注意してほしい点が2つあります。

転職活動をよりスムーズに進めるために、ぜひ読んでおいてください。

未経験での中途採用はかなり難関

化粧品メーカーは新卒からの採用が多く、未経験で中途採用してもらうのはかなり難しいでしょう。

さらに、研究開発職の場合は、大学院卒でないと厳しいというのが現状です。


今までに何か似たような仕事を経験していればいいのですが、未経験でも採用されるのはまず新卒だけだと考えておいてください。

そういった経験がないという人は、一旦下請けの会社などで経験を積んで、それから大手のメーカーを受けるのが現実的です。

<関連記事>:薬剤師の就職先で人気があるのは?

化粧品メーカーは求人数が少ない

化粧品メーカーは仕事のやりがいもあり働きやすいということで、辞める人が少なく、希望者の方が圧倒的に多くなっています。

大手も下請けも、求人数は調剤薬局などと比較するとかなり少ないです。


求人は非公開の場合が多いので、求人サイトに登録し、チャンスを逃さないようにしましょう。

困ったり悩んだりした時は、求人サイトのキャリアアドバイザーの力を借りることも大切です。

この記事のまとめ

  • 化粧品会社では、成分や商品の研究開発、機能・安全性の評価などを行う
  • 給与が高く、大手企業ほど福利厚生が充実している傾向にある
  • 女性が多い職場なので出産や子育てへの理解も得やすい
  • 実力によってキャリアアップでき、語学力も生かせる
  • 未経験からの中途採用は難しく、求人自体も少ないので注意

化粧品メーカーへの転職におすすめの薬剤師求人サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です