薬剤師、コールセンターの求人、注意点は?

薬剤師の職場といえば、病院・調剤薬局・ドラッグストアなど思い浮かべる方が多いと思いますが、基本的に患者さんと接する仕事ですよね。ですが、薬剤師の仕事の中にも、接することのない仕事もあります。その一つが「コールセンター」業務です。ここでは、薬剤師のコールセンター業務について紹介します。


コールセンター薬剤師の仕事内容は?

一般にコールセンターというと、電話営業だったりクレーム対応だったり、販売した商品の販売窓口であったり、簡単に言うと一般のお客さん相手のお仕事です。ですが、コールセンター薬剤師の仕事には別の種類のものもあります。以下で詳しく見ていきます。


1.DI業務(学術業務)としてのコールセンター
一つは、DI業務(学術業務)の一環としてのコールセンター業務です。DI業務とは簡単に言うと、製薬会社で医薬品の販売をサポートする業務です。ここでのコールセンター業務とは、医薬品についてMRや医師・(外部の)薬剤師からの質問に回答する仕事です。ですので、不特定多数のお客さんに応対する、いわゆるコールセンター業務とは違います。

薬剤師専門の転職支援会社で扱っているコールセンターの求人のうち、大体9割くらいはこのDI業務の一環としてのコールセンター業務です。

<関連記事>
薬剤師の仕事、DI業務とは?

学術薬剤師へ転職する前に知っておきたいことは?


2.カスタマーサポートとしてのコールセンター
こちらは文字通りのコールセンター業務で、不特定多数のお客さん相手に、医薬品・医療機器・サプリメントなどに関する質問に回答します。こちらは求人自体が極めて少数ですが、今後医薬品のネット販売が広まれば求人数が増える可能性もあります。

コールセンター薬剤師の求人先は?

先ほども書いた通り、コールセンター業務の薬剤師の仕事は、DI業務かカスタマーサポートです。ということもあり、求人先の9割以上は企業になります。特に、製薬会社やCRO、CSO、医薬品卸などが求人先として挙げられます。

コールセンター薬剤師の給料・待遇は?



まず気になる給料ですが、正社員の場合、年収で360万から600万の求人が多いです。パート薬剤師の時給は2200円から2500円が相場です。

求人先が企業だけあって、DSや病院・薬局に較べて勤務条件は恵まれているかもしれません。勤務時間は9時から5時(会社によっては6時)までで残業はほとんどありません。土日休みの職場がほとんどで、長期休暇も取りやすく、大企業なら育児支援制度もしっかりしています。研修制度もしっかりしていて、未経験者でも働きやすい職場が多いのも特徴です。

コールセンターではどんな薬剤師が働いている?

コールセンターで働く薬剤師で多いのは、女性のママ薬剤師です。特に、一度は病院や調剤薬局でバリバリ働きながらも、結婚・出産を機に退職し、育児が落ち着いたので仕事復帰するにあたって、病院や薬局ではなくコールセンター業務を選ぶママ薬剤師が多いのです。

これは、病院や調剤薬局のように長時間労働になることなく、休みも取りやすいし、育児支援制度もしっかりしている職場が多いことが大きな要因でしょう。

<関連記事>
薬剤師ママ、子育てと仕事を両立させるには?


逆に男性薬剤師でしたら、こうした職場で働くくことに物足りなさを感じるかもしれません。

コールセンター薬剤師への転職の注意点は?

以上、コールセンター業務の薬剤師の仕事内容や給料・待遇、求人先などを見てきました。では、実際にコールセンター業務の薬剤師に就職するにあたって注意すべき点は何でしょうか?

1.求人数が少ない
まず、コールセンター業務の薬剤師の求人数が少ないです。もしあなたがコールセンターで働きたいと思っても、募集自体がない可能性もあります。では、なぜ求人が少ないのでしょうか?

まず、薬局と違ってDI業務を扱う企業の数は限られているため、トータルとしての就業者数自体が少ないというのがあります。


加えて、一般のコールセンター業務と違って離職率が低いために仕事の空きが出づらく、求人自体が世の中に出づらいといった事情もあります(余談ですが、一般のコールセンター業務は離職率が非常に高く、アルバイトの求人市場では常に募集をかけています)。

対策としては、薬剤師専門の転職支援サイトに登録することです。登録すれば必ず求人が見つかるということではないですが、可能性を高めることはできます。


2.いわゆる「薬剤師としてのスキル」が磨けない
薬剤師の方でしたら、特定の薬物についてもっと詳しくなりたいとか、自分の調剤のスキルで現場医療の一端を担いたいといった、仕事に対する野心や意欲を持っている方が大勢います。ですが、コールセンターで働くと、こうした「薬剤師としてのスキル」を磨くことはできなくなります。

このため、コールセンターの仕事自体には不満はないけれど、もう一度薬局の現場に立ちたいという理由で仕事を辞める方も時々います。


3.コールセンター以外の仕事もあるかも
この記事では便宜的に、コールセンターの仕事に特化した形で説明をしています。ですが先ほども書いた通り、コールセンター業務はDI業務(学術業務)の一部です。ということは、会社によってはコールセンター業務以外のDI業務をやらせる可能性は十分にあります。

たとえば、MRが医師に説明するための資料作りだったり、関連する海外の医薬品の副作用情報を調べるために海外の文献にあたったり、などです。


ですので、求人先の仕事内容がコールセンターだけの仕事なのか、DI業務全般もやるのか確認しておく必要はあります。


4.ほとんどは正社員での求人
コールセンター業務の求人の9割以上は正社員での募集です。ですので、週に2~3日コールセンター薬剤師として働きたいと思っても、まず求人がありません。コールセンターの仕事に就きたいと思ったら、正社員になることは覚悟してください。

ただ先ほども書いた通り、未経験者に対する研修制度がしっかりしている会社が多いですし、仕事自体はそれほど負担がないので、育児・家事と両立させながら正社員として働きたいと考えるママさん薬剤師には、おすすめの転職先の一つかもしれません。


以上、コールセンター業務への転職の注意点を挙げましたが、先ほども書いた通り求人自体が多くないので、転職支援サイトを活用した方がいいでしょう。薬剤師のためのオススメの転職支援サイトは以下が参考になります。

 薬剤師の求人サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です