薬剤師の最高年収ってどの位?1000万円?

薬剤師,最高年収

年収1000万は、収入ステータスのひとつの区切りです。

一般的にはかなりの高収入というイメージがありますが、薬剤師の仕事でも年収1000万円を超えることは可能なのでしょうか。


薬剤師の最高年収について調べてみました。


薬剤師の最高年収はどれくらい?

薬剤師の最高年収

薬剤師の仕事は、薬学部を卒業して薬剤師免許を取得しないと就くことができません。

就職のハードルが高い分、薬剤師の仕事はかなり高収入といえます。

薬剤師の平均年収は?

平成29年度の調査によると、薬剤師の平均年収は585.6万円です。

過去の平均年収も見てみると、平成25年度から29年度まで、556万円から590万円が平均年収の範囲となっています。


日本人の平均年収は420万円ほどですので、薬剤師の年収は日本人全体の平均年収から見てもかなり高給です。

<関連記事>:薬剤師の給料・年収について

薬剤師の最高年収、どれくらい稼げるの?

では、薬剤師は最高でどれくらいまで稼げるのでしょうか。

薬剤師の年収がピークに達するのは、キャリアを積み重ねた50代前半です。


50~54歳の薬剤師の平均年収は、男性で858.8万円、女性で647.7万円となっています。

薬剤師はさまざまな職場で活躍できる職種ですが、職場よっても年収の差があります。


薬剤師の職場で最も年収が高いのは製薬会社で、年収推移は550~880万円です。

その後、病院薬剤師が500~650万円調剤薬局が450~600万円と続きます。


薬剤師の職場の中で最も年収が低いのはドラッグストアで、年収350~450万円と、日本人の平均年収とほぼ同じ金額となります。

さらに、薬剤師の年収は勤務地のエリアによっても大幅に変わります。


薬剤師の平均年収が最も高いのは岩手県で742.1万円です。

全国平均は514.9万円なので、圧倒的に賃金が高いことが分かります。


なお、最も薬剤師の平均年収が低いのは、福島県の381.6万円でした。

<参考サイト>:都道府県別 薬剤師年収ランキング(2017年版)


薬剤師で年収1000万円を目指せる?

薬剤師,最高年収,1000万円

薬剤師は高給ではあるものの、年収1000万円を稼ぐハードルはかなり高いことがわかります。

薬剤師の資格を生かして、年収1000万円を目指すには、どのような方法があるのでしょうか?

「年収1000万」ってどんな感じ?

年収1000万円というのは多くの人の憧れですが、実際にどんな職業の人がどれくらいそのレベルに達しているのでしょうか。

厚生労働省と国税庁の統計を見ると、平均年収が1000万円を超えるのは全国民の5%です。


男女別では、男性は7%、女性はわずか1%です。このように、年収1000万円を稼ぐというのは、非常に難しいものなのです。

日本で平均年収1000万円を達成している職業というと、医師、弁護士、商社勤務、外資系企業が代表的です。


また、テレビ局員や航空会社のパイロットも、会社によって平均年収1000万円を突破します。

意外な所では、マグロ漁やカニ漁といった遠洋漁業の漁師も、年収1000万円を超えるケースが多いです。


年収1000万円を稼ぐ人の手取りは、およそ700万円から800万円程度となります。

サラリーマンや個人事業主などで手取りは変わりますが、年収1000万円の場合は、手取り額731万円が大体の目安です。

<関連記事>:薬剤師の年収は今後どうなるの?

薬剤師でも年収1000万は可能?

薬剤師にも、年収1000万円を目指せる働き方がいくつかあります。

まずオススメなのが、治験をサポートする機関である、CROへの就職です。


こちらでは治験のモニタリングやデータの検証を通して、新薬の開発に関わることができます。

国内企業に就職する場合は年収600万円ほどですが、ディレクターやマネージャーなどの役職に就けば800~1,000万円も目指せます。


さらに上を目指す場合は、外資系のCROがいいでしょう。

製薬会社のMR職も、高収入を目指せる職種の一つです。MRは自社で開発した薬に関する情報を、医師や薬剤師に説明する仕事です。


薬に関する知識が問われますが、実際に調剤業務を行う事はほぼなく、営業職に近い仕事です。

MRは激務ですが、成果報酬となるため、頑張っただけ稼げるのが魅力です。


実際に、MRで年収1000万円を稼いでいる方も多くいます。

また薬剤師不足が顕著な地方では、人材確保のために高額の求人を出しているところが多いです。


役職なしの一般薬剤師でも年収600万円から700万円の求人もあり、役職に就けばさらに年収は上がります。

地方への移住が可能であれば、年収1000万円に最も近い手段といえるでしょう。


年収1000万円の薬剤師を目指す!ポイントは?

薬剤師,高年収,ポイント

ここまで高収入を目指せる職種を紹介しましたが、これらの職に就けば必ず年収1000万円を達成できるという訳ではありません。

年収1000万円の薬剤師になるには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか?

年収1000万を実現するには何が必要?

薬剤師で年収1000万円を稼ぐとなると、薬剤師の資格を持っているだけでは難しいです。

薬剤師としての知識以外に、プラスアルファのスキルが必要になります。


特に英語が得意、経営の知識があるなどのスキルがあると有利です。

また年収アップのためには、管理職を目指すことが必須となります。


薬剤師で管理職を目指すのは、人一倍努力が必要です。

将来的に管理職を目指すなら、早い段階から準備しておきましょう。

<関連記事>:薬剤師のスキルアップ資格は?

転職は年収アップにつながる?

一般的には、勤続年数の長さが高収入に繋がります。

現在の職種で管理職を目指すのであれば、確かに同じ職場で経験を積み重ねた方が有利です。


しかし今の職場でのキャリアアップが難しい場合は、この限りではありません。

調剤薬局勤務からMR職などに転職すれば、それだけで年収が大きくアップしますし、頑張り次第ではより上を目指すことも可能です。


とはいえ、他の業界と同じように、何度も転職を繰り返すのはおすすめできません。

転職回数が多いと「うちで雇ってもまたすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまい、好条件の求人を逃してしまう可能性もあります。

薬剤師で年収1000万の求人なんてあるの?

薬剤師が年収アップするのは、同じ職場である程度長く働き、昇進して年収1000万円に到達するパターンが多いです。

そのため、「転職してすぐに年収1000万円が約束されている」という求人は滅多に表に出てきません。


中にはそういった募集もありますが、条件の良い求人は非公開になっていることが多いです。

年収1000万円の求人を探すなら、薬剤師の転職サイトに登録し、まめに求人をチェックしましょう。


<この記事のまとめ>

  • 薬剤師の平均年収は677万円で、日本人全体の平均より高い
  • 年収1000万円に達するのは国民の約5%で非常にハードルが高い
  • 外資系企業のCRO職や製薬会社のMR職、地方の薬剤師は年収1000万円を狙える
  • 年収1000万円の薬剤師になるには、プラスアルファのスキルや努力が必須
  • 好条件の求人は非公開が多いので、求人サイトをこまめにチェックする


高収入を目指す薬剤師におすすめの転職サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です