薬剤師のスキルアップ資格は?



薬剤師のスキルアップには資格取得という方法があります。国家資格である薬剤師免許に加えて、スキルを上げられる資格の取得にトライしてみてはいかがでしょうか。新たな資格の取得はスキルアップだけでなく、収入アップや昇進にもつながります。

次に薬剤師のスキルアップ資格について詳しく紹介していますので、ぜひみなさんのご参考になさってください。


認定薬剤師の資格



認定薬剤師とは特定の専門分野に関する薬物療法の高い知識や技術を持つと認定され薬剤師を指します。資格取得には研修を受けて試験に合格する必要があり、薬剤師としてのスキルアップに効果的です。

がん薬物療法認定薬剤師

がん分野の薬物療法において、薬剤師として高度な知識と技術を持つと認定された薬剤師です。医療の現場で高い質のがん薬物療法を実践します。これまでの合格者は約1000名で、国立がんセンターなどで活躍する薬剤師もいます。

認定団体:日本病院薬剤師会

外来がん治療認定薬剤師

外来がん薬物療法について薬剤師としての知識と技術を用い、病院やクリニック、薬局などで質の高い薬物療法を提供すると認められる薬剤師です。医療機関だけでなく薬局も含まれている点に特徴があります。

認定団体:日本臨床腫瘍薬学会

がん指導認定薬剤師

がん分野の薬物療法において薬剤師として深い知識と優れた技術を用い、一般の薬剤師に対して指導的な役割を担ったり研究活動に従事する薬剤師です。

認定団体:日本病院薬剤師会

緩和薬物療法認定薬剤師

緩和医療において薬物療法の知識と技術の向上に対応でき、緩和薬物療法に貢献できると認定された薬剤師です。がん医療の均てん化に対応できる人材であると認められる資格でもあります。

認定団体:日本緩和医療薬学会

感染制御認定薬剤師

感染症に関する高度な知識や技術を持ち、患者が安全かつ安心して診療を受けるための実践を行なっていると認定された薬剤師です。

認定団体:日本病院薬剤師会

精神科薬物療法認定薬剤師



精神科の薬物療法に関して専門的な知識を有すると認定された薬剤師です。医療チームの一員として患者の社会復帰を支援する役割も担っています。

認定団体:日本病院薬剤師会

HIV感染症薬物療法認定薬剤師

HIV感染症の薬物療法に関する高い知識と技能を持つと認定された薬剤師です。薬物相互作用や副作用などの特徴を理解し、各患者の特性に合わせた薬剤選択ができる能力が求められます。

認定団体:日本病院薬剤師会

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

妊婦や授乳婦の薬物療法における高度な知識と技術を持つと認められる薬剤師です。胎児や哺乳時の薬物療法に関する知識・技術も必要です。

認定団体:日本病院薬剤師会

抗菌化学療法認定薬剤師

抗ウイルス剤や抗真菌薬、抗菌化学療法に関し、十分な知識と技能を持つと認定された薬剤師です。

認定団体:日本化学療法学会

その他の認定資格

・漢方薬/生薬認定薬剤師(日本薬剤師研修センター/日本生薬学会)
・日本医療薬学会認定薬剤師(日本医療薬学会)
・研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
・認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)
・小児薬物療法認定薬剤師(日本小児臨床薬理学会/日本薬剤師研修センター)
・救急認定薬剤師(日本臨床救急医学会)
・プライマリ・ケア認定薬剤師(プライマリ・ケア連合学会) ほか


専門薬剤師の資格



専門薬剤師とは一定の専門分野に関し、薬物療法などの高い知識や技術を持つと認定された薬剤師です。資格を取得するためには日本病院薬剤師会などに認定された施設で研修を受け、所定の試験に合格する必要があります。

がん専門薬剤師

がん分野の薬物療法に高度な知識と技術を持つと認定された薬剤師です。病院やクリニックなどの医療機関で高い質のがん薬物療法を実践する能力があると認められています。この資格は専門薬剤師のなかで、唯一、広告標榜が可能と厚労省に認められた専門性の高いものです。

認定団体:日本医療薬学会

感染制御専門薬剤師

感染症についての高度な知識と技術をもって、患者の安心・安全な治療を実践すると認定された薬剤師です。感染防止のための薬剤師としての専門資格です。

認定団体:日本病院薬剤師会

精神科専門薬剤師

精神科薬物療法認定薬剤師の資格を有し、精神科領域の学会発表が規定回数に達している薬剤師であることが受験条件です。患者への処方管理の責任者として活躍する専門薬剤師もいます。

認定団体:日本病院薬剤師会

HIV感染症専門薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の資格を持ち、当該領域の学会発表が規定回数に達している薬剤師であることが受験条件です。専門薬剤師としての倫理観が求められる資格でもあります。

認定団体:日本病院薬剤師会

妊婦・授乳婦専門薬剤師

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格を持ち、当該領域の学会発表が規定回数に達している薬剤師であることが受験条件です。少子化が問題になっている現在、活躍が期待される資格のひとつといえます。

認定団体:日本病院薬剤師会


スキルアップに役立つ資格



認定薬剤師や専門薬剤師以外にも、薬剤師のスキルアップに役立つ資格はたくさんあります。薬物療法に直接的に関連してはいなくても、取得しておくとメリットがある資格を紹介しましょう。

栄養情報担当者(NR)

健康食品に関する情報や知識を持ち、適切な情報を消費者に提供できると認定された者に与えられる公的資格です。資格取得者には医師や薬剤師、管理栄養士などが多いのが特徴です。

認定団体:独立行政法人国立健康・栄養研究所

サプリメントアドバイザー

食品やサプリメントに関して、専門的観点から消費者に適切なアドバイスを行なうのがサプリメントアドバイザーです。

認定団体:日本臨床栄養協会

公認スポーツファーマシスト

スポーツ競技における最新のドーピング防止規則について正確な情報や知識を持ち、競技者や愛好家に対して薬の正しい使い方を指導します。受験資格は薬剤師免許を持つことです。

認定団体:日本アンチ・ドーピング機構(JADA)

アロマセラピスト

アロマ精油などを用いて心身の不調を緩和したり、エッセンシャルオイルの使い方などをコンサルテーションするのがアロマセラピストです。欧米の伝統的な芳香療法を下地に、科学的なアプローチも行なう西洋の生薬療法ともいえるでしょう。

認定団体:日本アロマ環境協会ほか

その他のスキルアップ資格

・メディカルアロマセラピスト(日本メディカルアロマテラピー協会)
・ヘルスケアアドバイザー(日本チェーンドラッグストア協会)
・ビューティーケアアドバイザー(日本チェーンドラッグストア協会)
・漢方アドバイザー(日本チェーンドラッグストア協会)
・医薬情報担当者/MR(MR認定センター)
・治験コーディーネーター/CRC(日本SMO協会ほか)


以上が薬剤師のスキルアップに役立つ資格です。ほかにも自分の目指す方向性によって選択できる多数の資格があります。薬剤師としてどのようなスキルを伸ばしていきたいのか、それを仕事にどう結び付けていくのかは自分の考え方次第です。

薬剤師で新たな資格を取得して転職したいと思っているなら、薬剤師専門の転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。薬剤師専門の転職サイトはスキルアップや資格取得を目指す薬剤師のみなさんの転職相談や求人先探しに活用できます。

<薬剤師のスキルアップ資格は?のまとめ>

  • スキルアップ資格には多数の種類がある
  • 認定薬剤師や専門薬剤師の資格は有意義に使える
  • 高度な知識や技術を持つのが認定薬剤師
  • 新たな資格取得は収入アップにもつながる効果あり
  • 自分の目指す方向性によって取得する資格を選ぼう


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です