調剤薬剤師から病院薬剤師への転職は大変?

病院薬剤師,転職

薬剤師の就業先として最もメジャーなのが調剤薬局です。

調剤薬剤師として働く方の中には、キャリアアップ先として病院薬剤師に転職を考えている方も多いのではないでしょうか。


医療の最先端で仕事ができる病院薬剤師は人気の職種です。

実際に調剤薬剤師から病院薬剤師への転職は難しいのか、病院薬剤師への転職の実情を探ってみました。


調剤薬局と病院、仕事内容はどう変わる?

病院薬剤師,仕事内容

調剤薬局と病院では、同じ薬剤師でも仕事内容が異なります。病院薬剤師の業務や、調剤薬局との違いなどをまとめました。

病院薬剤師の仕事内容は?

病院薬剤師の仕事内容は多岐に及びます。

具体的にはどのような業務にあたるのか、詳しく見ていきましょう。

調剤・製剤業務

病院薬剤師の仕事の中心となる業務で、医師の処方箋に基づいて調剤を行います。

調剤薬剤師と異なるのは、外来患者だけでなく入院患者の調剤も担当する点です。


調剤した薬を患者が正しく服用できるように、服薬指導も行います。

調剤業務の他にも、病院内で治療に使用する薬剤を調製する製剤業務も大切な仕事です。

<関連記事>:急性期医療での薬剤師の役割は?

チーム医療への参加

病院薬剤師は、医師や看護師などの医療スタッフと連携してチーム医療にも参加します。

患者にとって最適な治療を提供するために、病院薬剤師の協力は不可欠です。

治療方針を決定する話し合いに同席したり、緩和ケアにおいて、服薬に関する面から患者さんをサポートする立場に立つこともあります。

治験業務

新薬の開発には、臨床実験が欠かせません。病院薬剤師は、医療機関で行われる治験業務のサポートや、治験薬の管理を行います。

時には専門的立場から医師に対してアドバイスを行う事もあり、病院薬剤師は治験業務に無くてはならない存在です。

医薬品情報業務

適切に医薬品を利用するためには、正しい情報を管理することが大切です。

病院薬剤師は、医薬品に関する情報収集を行い、医師や看護師などに適切な情報を提供します。


医薬品に関する最新情報はもちろん、院内で発生した副作用などの情報を管理するのも仕事の一環です。

新たに見つかった副作用や重大な事例が発生した場合は、厚生労働省や製薬会社と情報共有も行います。

調剤薬局との違いで、大変なポイントは?

調剤薬局から転職した場合、病院薬剤師の仕事は、調剤業務をのぞいてほぼ未経験となります。

大半の業務を新しく覚えなくてはいけませんが、病院は非常に忙しい職場です。


あわただしい環境の中で多くの仕事を一から覚えるのは非常に大変で、慣れるまでにはかなり苦労する方も多いです。



病院薬剤師のメリット、デメリットは?

病院薬剤師,メリット

病院薬剤師に転職する前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

病院薬剤師として働く場合のメリットは?

仕事のやりがいが大きい

調剤薬剤師は基本的に調剤の仕事が中心です。

病院薬剤師は調剤の仕事の他にもさまざまな業務に携わるため、やりがいが大きいというのが最大のメリットとなります。

<関連記事>:病院薬剤師のやりがい・魅力は?

患者と接する機会が多い

病院薬剤師は、調剤業務以外でも診療などで患者と接する機会が多いです。

調剤だけでなく積極的に患者の治療に参加している実感が得られるのは、調剤薬剤師にはないメリットのひとつです。

薬剤師の能力を最大限に活かせる

病院薬剤師は、調剤業務、診療への参加、情報提供など、様々な場面で薬剤師としてのスキルが求められます。

活躍するためには日々勉強が必要ですが、努力して取得した薬剤師の資格を最大限に活かせます。

病院薬剤師の経験を積み重ねることで、更なるスキルアップにもつながります。

育児との両立がしやすい

病院は、看護師など女性が多く活躍している職場です。

そのため、併設されている託児施設が利用できたり、勤務時間に融通が利くなど、仕事と子育てを両立しやすい環境が整っている場合が多いです。


また、病院薬剤師は土日休みの職場が多く、ヘルプや転勤の可能性もないため、子育て中でも働きやすいという魅力があります。

病院薬剤師の仕事、どんなデメリットがある?

仕事量の割に年収が低い

やりがいも大きく様々な業務に携わる病院薬剤師ですが、給与の低さが最大のデメリットです。

調剤薬剤師の平均年収は400万円台ですが、病院薬剤師は年収300万円台の求人も数多くあります。


ハードな仕事に対しての見返りが少ないため、モチベーションが下がってしまう事も考えられます。

忙しい職場が多い

日本の医療現場は、慢性的な人手不足の状態です。

薬剤師としての業務だけでも忙しいのに、看護師のサポートを任される事も少なくありません。


特に忙しい職場では、転職して入りたての時期でも、しっかりと業務を教わる時間が取れない場合もあります。

仕事をこなしていく中で業務を覚えていければいいものの、ちゃんとした説明を受けすに色々な業務を任されるのは、精神的にも辛いかもしれません。

<関連記事>:大学病院薬剤師のメリットとデメリットは?

夜勤や当直がある職場も

入院患者を受け入れるような大きな病院では、夜間の仕事も発生します。

そのため求人によっては、病院薬剤師も夜勤や当直を求められる場合があります。


夜勤がある求人はそれほど多くありませんが、当直がある求人は多いです。

当直の頻度は病院によって異なるため、求人に応募する際は夜勤や当直の有無と頻度を確認しましょう。



病院薬剤師への転職、知っておきたいことは?

病院薬剤師,転職のポイント

これから病院薬剤師に転職する上で、気を付けておきたいポイントをまとめました。

パートや派遣の求人は少ない

調剤薬剤師に比べて、病院薬剤師の求人は圧倒的に少ないです。

求人サイトで検索すると、薬剤師全体の求人数に対して、病院薬剤師の求人数は一割にも満たないです。


また、パートや派遣の募集もかなり少ないため、こういった勤務体系で病院薬剤師を希望している方は非常に狭き門といえます。
  

「ブラックな職場」を見抜く方法は?

病院薬剤師はやりがいが大きく人気の職種ですが、中にはブラックな職場が紛れていることがあります。

病院薬剤師のブラックな職場を見抜くためには、求人情報をしっかりチェックしましょう。


確認すべきポイントは、病院の規模や診療科、薬剤師の数などです。

病床数が200床に対して薬剤師が5人以下の職場は、人手不足で激務になるケースが多いです。


また、病院の種類によっても忙しさが違います。

総合病院や救急病院は非常に忙しく、ブラックな職場も数多くあります。


療養やリハビリをメインとしている病院は比較的穏やかな傾向があります。

ただし、働きやすい職場はなかなか欠員が出ないため、良い求人に出会うためには常に気を配っておきましょう。

<関連記事>:薬剤師の適正人数は?配置基準の計算方法について

好条件の求人は「非公開」が多い

もともとの求人数が非常に少ない病院薬剤師の仕事ですが、好条件の求人は非公開のことがほとんどです。

これは募集人数の限られた求人に応募が殺到するのを防ぐためで、求人サイトに会員登録することで閲覧することが可能になります。


サイトによって掲載されている求人情報が異なるので、自分の希望する求人が中々見つからない場合は、複数のサイトに登録してみましょう。

また転職サイトに登録すると、キャリアアドバイザーの利用も可能になります。


自分の希望に合った職場を紹介してくれたり、履歴書のチェックや面接の対策をしてくれる場合もあるので、積極的に利用しましょう。

<この記事のまとめ>

  • 病院に勤務する病院薬剤師は、薬剤師の中でも人気の職種
  • 調剤業務だけでなく、患者の診療に携わる機会も多い
  • やりがいの大きさや患者とのコミュニケーションが魅力
  • 激務の割に年収が低い職場が多いのがデメリット
  • 競争率が高いためキャリアアドバイザーを活用するのがおすすめ

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です