薬剤師の仕事、服薬指導について



調剤薬局での主な仕事と言えば、医師の処方箋に基づいて調剤を行うこと、そしてそのお薬を患者さんに手渡すことです。

どんな医薬品にも、程度の差はありますが必ず副作用や相互作用のリスクが存在しています。患者さんにそのような情報や、リスクを減らすための正しい服用法について必ず伝える必要があり、これが薬剤師の主業務のひとつである「服薬指導」です。

日本の薬局では、この服薬指導の重要性がなかなか理解されにくい傾向にあります。そこで改めて、服薬指導の仕事について、その必要性、トラブルを招かないための指導のポイントを押さえておきましょう。


服薬指導の仕事内容


服薬指導で伝えること

服薬指導は、患者さんが安全、安心に薬を服用するためのアドバイスをすることです。具体的には、医薬品の名前や効果・効能を伝え、いつどれだけ服用するのかを指示し、注意するべき副作用について注意喚起します。

既往症やアレルギーの有無の確認も重要ですね。服用時に尿の色が変わったり、便が変化する薬の場合には、伝えておくことで患者さんの不安を解消できます。

例えば食前の薬を飲み忘れたとき食後に飲んでもいいのかどうか、飲み切ることが重要な薬などを服薬指導で伝えることで、患者さんの判断によっては効能が失われてしまうリスクを回避します。

そのほか必要に応じ、薬同士または市販の医薬品との飲み合わせや、薬の保管方法についてもアドバイスをします。

個々に合ったアドバイス

最近ではお薬手帳によって、患者さんが服薬中の薬や既往症などを確認できるようになっていますが、薬局に立ち寄るわずかな時間内に患者さんの容態をチェックしたうえで、重点を置いて伝えるべき情報を判断し、分かりやすく説明するのが服薬指導です。

マニュアル通りの服薬指導ではなく、個々に合わせたアドバイスができるかどうかが、薬剤師のスキルの見せどころです。


服薬指導はなぜ必要なの?


安全性と有効性の確保

医薬品はどのようなものでも、正しく服用をしないと目的の効果が得られず、さらには副作用のリスクを伴います。そこで必要になるのが「安全性の確保」と「有効性の確保」であり、薬剤師による服薬指導は、この2点の確保のために行われています。

例えばクラバモックスなどは空腹時に飲まないと副作用が出やすく、この点をしっかり伝えることが安全性の確保につながります。αGIでは、効果を得るためには食直前に服用しなければならないことを伝え、有効性を確保します。

金属含有製剤とキノロン系の薬など、同時に飲むとキレート形成して効果が出なくなる、つまり有効性を確保できなくなるといった情報が必要なケースもあります。

服薬指導によって得られること

そのほかにも服薬指導の有用性はいくつか挙げられます。


・病院では聞けなかったことを相談できる
病院で1人の患者さんに割ける診察時間は少なく、症状や処方薬について詳しく説明できないことがあります。患者側では後になって「そういえばこの点はどうなんだろう?」と疑問が生じることがあります。

こういった疑問や相談を、服薬指導のタイミングで聞いてみることが可能です。薬を飲む必要性や、症状がどのようなものかをある程度確認することで不安をサポートできます。

生活習慣や食事の改善が重視される疾患では、習慣のどこが問題でどう改善すればよいのかといったアドバイスを薬剤師に求めることも可能です。


・薬の併用やジェネリックの相談ができる
特に複数の医療機関を受診しているケースが多い高齢者では、同じ薬効の薬を処方されていたり、ジェネリックで名前が違っていても主成分は同じ薬を同時に投与されている場合があり、重複投与や併用禁忌の有無を確認して、服用リスクを避ける必要があります。


・病院での見落としを再確認
病院におけるアレルギー情報の見落としがゼロ、というわけではありません。万が一病院での見落としがあったとしても、重ねて薬剤師が確認することでリスクを回避することが可能になります。

危機管理の不足を補う

アメリカなど、日本のような健康保険制度がない国では、民間会社での医療保険加入となるために、日本人のようにすぐに受診をしたり処方を受ける、という習慣がありません。その分、健康管理や市販薬の情報に敏感で、リスク管理意識が高い傾向があります。

逆に日本人は、処方薬の薬効や価格、副作用について関心が薄く、言われたとおりに服用していれば大丈夫と思っている方が多く、リスク管理意識が希薄である、という意見があります。

薬剤師の服薬指導には、こういったリスク意識の低さを補足する役目もある、と見ることができるでしょう。


患者さんとのトラブルを起こさない!服薬指導のポイントは



服薬指導には十分な必要性があることは明らかであり、薬学部でもそう学んできたのに、実際に調剤薬局で勤務を始めると意外に難しい、ということが分かります。

患者さんのために行う服薬指導が嫌がられたり、時には怒られたりクレームに発展してしまうのはどうしてなのでしょうか。

服薬指導を受けるのが面倒

病院も薬局も、待ち時間が多くなりがちなものです。散々待って疲れたところに、医師に説明したことを薬剤師にも聞かれてうんざりしてしまう、という声が聞かれます。

病気を診断、治療してもらう医師には色々と自分のことを話しても、薬剤師には話したくない、薬を処方してくれればそれでいいのに、と感じる方もいるのです。


このように面倒と思われてしまう背景には、医薬品リスクが十分に認識されていないこと、医薬品の安全性・有効性を確保するという薬局の意義が十分に理解されていないことが挙げられます。

薬を安全に服用するため、治療効果を十分に得るために、薬剤師の服薬指導が重要な役割を果たすということを、利用者側に理解してもらう必要があります。

機械的なやり取りに疑問

「お変わりないですか?」「お薬はちゃんと飲めていますか?」といった定番の声掛けは、「いつも同じことを聞かれても困る」「医者に説明したのに薬剤師にまで言う必要があるのか」と感じられてしまいがちです。

そこで薬剤師希望や不安を伝えたとしても、「お医者さんに相談してみてください」と返されてますます不満が重なってしまう、ということもあります。


義務的な会話ではなく、薬歴やこれまでのやりとりから「前回変更したお薬はどうですか?」「この間のお薬は足りていますか?」といった、患者さんに合わせた声掛けが大切です。

現代は、薬の情報もインターネットで詳細に調べられる時代ですが、薬剤師の服薬指導では、より分かりやすい、個々に必要な情報を届けられるよう心掛けることで、話を聞いてもらうきっかけにもなるでしょう。


小さな不満も重なれば大きなトラブルにつながってしまうかもしれませんし、薬剤師と患者さんの関係が上手く築かれないことで、服薬の安全性や有効性を確保できないといった事態は避けなければなりません。

こういった服薬指導のスキルやコミュニケーション力の向上は、机上の勉強で身につけられるものではなく、現場で経験を積んで身につけていくものです。先輩薬剤師の会話の仕方や話す速度などを観察し、真似をしてみるのも一つの方法です。

<薬剤師の仕事、服薬指導について・まとめ>

  • 服薬指導では医薬品名や効能だけでなく、伝えるべき情報をしっかり提供する
  • 短時間で情報を判断し、個々に合った的確なアドバイスを行う
  • 服薬指導の必要性は安全性、有効性の確保が主
  • 気軽に相談出来たり、病院の見落としがないか確認することもできる
  • 健康リスクへの意識が低い日本において重要な役割
  • 服薬指導を面倒と感じる患者さんは多い
  • 義務的でなく個々に合った活きた声掛けが必要

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です