病院薬剤師のやりがい・魅力は?



病院薬剤師はチーム医療やDI業務に携われること等から、スキルアップしたい人に適した仕事といわれています。調剤薬局やドラッグストア勤務とはひと味違う仕事ですが、実際のところ、病院薬剤師にはどんなやりがいや魅力があるのでしょうか。


病院薬剤師の仕事とやりがい

仕事のやりがいを「調剤」「服薬指導」「製剤」「DI」という4つの観点から見ていきます。

調剤業務



病院薬剤師は就業先の病院やクリニックの処方箋のみを調剤します。単科や少数の診療科の勤務先の場合は特定の診療科の処方箋や調剤を深く理解できるというメリットがあります。総合病院のように診療科の多い勤務先で働く場合は、一般の調剤薬局とは比較できないほど幅広い処方箋の調剤を行なうことができます。

さらに処方に関して医師への疑義照会を行ったり、薬学の専門家としての立場から処方を提案するなど、薬剤師が主体となって業務を進めることも可能です。単科や少数科で深い調剤を経験できる、複数科で広範囲の調剤を経験できる点も含め、薬剤師としてやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

服薬指導業務

服薬指導の仕事でも、調剤業務と同様のことがいえます。単科や少数診療科の場合はより専門的な服薬指導をする機会が多く、複数科の場合は幅広い服薬指導をする機会が増え、より広い知識やスキルを得ることが可能です。

病院薬剤師でもうひとつ注目したいのが、病棟の入院患者に対する服薬指導です。入院中の患者さんに対してはきめ細かい薬効や副作用の観察ができ、密接なコミュニケーションを取ることで深い服薬指導をすることができます。その結果、薬剤師の立場から医療チームに処方を提案するなど専門的な業務ができるのもやりがいになっています。

製剤業務



病院薬剤師の仕事で特徴的なのが製剤業務です。製剤とは病院やクリニック内で内服剤や注射剤などを調整する院内製剤業務を指します。院内製剤は単なる調剤とは違い、患者さん一人ひとりの状態を考慮し、有効性や安全性を十分に検討したうえで行なうものです。

院内製剤が医師の処方箋に基づいて行なう調剤と異なるのは、疾病や症状の知識に加えて薬学的な知識とスキルが求められるという点です。市販薬がそのまま治療に用いることができなかったり、個々の患者さんに合わせた製剤が必要になった際に行なわれる製剤は薬剤師の腕の見せどころといえるかもしれません。

DI業務

DIとは医薬品情報(Drug Information)の略称で、薬剤師が医薬品に関する情報の収集・管理・提供などを行なう仕事を指します。

医薬品は日々、世界各国で開発・発売されています。これらの薬を安心安全かつ有効に利用するには、投与方法や投与量、効果、副作用、相互作用といった情報の収集が欠かせません。


病院やクリニック内でDI業務を担当する薬剤師は、書籍・文献・論文なども含めた医薬品情報を収集し、アナログ(紙媒体)およびデジタル情報(コンピューター)で管理しています。

医師や看護師、薬剤師、製薬会社などからの問い合わせに対し、これらの情報を提供するDI業務はまさに薬剤師としてやりがいの多い仕事といえるはずです。


病院薬剤師の魅力とは?



病院薬剤師はさまざまな「やりがい」がある仕事ですが、その魅力について別の角度から紹介していきます。

医療チームの一員として働ける

病院やクリニックでは、薬剤師も医療チームの一員です。患者さんの治療と日常生活への復帰を目的に、医師や看護師、検査技師、栄養管理士などのスタッフと協力して働きます。これが近年増えてきたチーム医療という考え方で、スタッフはお互いの専門性を尊重し対等な立場で意見を出し合い、ベストな治療を行なうというものです。

個々の患者さんと寄り添って働ける

病院薬剤師の仕事の魅力で特筆したいのが、個々の患者さんと寄り添いながら働けるという点です。一般的な調剤薬局やドラッグストアでは、患者さんがお店に来なくなればお付き合いは終わってしまいます。

しかし、病棟を担当する病院薬剤師は、入院患者さんが退院するまで寄り添いながら二人三脚で歩んでいけるという魅力があります。

最新の医療に携われる

病院薬剤師の仕事は、最新医療や最先端医療の現場に携われるという魅力もあります。調剤薬局やドラッグストアで働いていると、医療の現場に立つ機会はほとんどありません。しかし病院薬剤師なら、新しい医療に携わり医師や看護師などのスタッフと意見を交換したり、最新の知識やスキルを得る機会が多いのです。

治験など研究に貢献できる

病院のなかには製薬会社やCRS(治験支援会社)の新薬開発に協力しているところもあります。いちばん多いのは治験(臨床試験)への協力です。病院薬剤師として治験チームの一員に加わった場合、治験薬の適正な保管管理や適正投与の確認等を担当します。

こうして新薬開発を通して医療に貢献する機会があるのも病院薬剤師の魅力のひとつでしょう。


ここまで病院薬剤師の仕事のやりがいや魅力について紹介してきました。病院薬剤師はスキルアップを図ったり、高いモチベーションを持てる仕事です。ただ、調剤薬局やドラッグストアと比べて給料水準が低めである、求人募集が少なく転職が難しいといったデメリットもあります。

もし病院薬剤師への転職を考えているなら、薬剤師専門の転職支援サイトに相談することをおすすめします。薬剤師専門の転職支援サイトを活用すると、数が少ない病院からの求人情報をいち早くキャッチしたり、給料を始めとする自分の条件にマッチした求人先が探しやすくなるためです。


転職については薬剤師の求人情報に詳しい専任アドバイザーが相談に乗ってくれますので、無料登録して上手に活用してください。

<病院薬剤師のやりがい・魅力は?のまとめ>

  • 調剤や服薬指導などの業務でも専門性を活かせる
  • 医師や看護師と対等に意見を交換できる魅力も
  • 病棟担当薬剤師として患者に寄り添った仕事ができる
  • 疾病や症状に合わせた製剤を行なうなどスキルが向上
  • 医薬品情報を担当するDI業務にはやりがいが多い
  • 最新の先端医療や治験に携われるのも大きなメリット


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です