薬剤師の転職・退職理由として多いのは?



薬剤師になるためには専門的な勉強をするなどの必要があり、簡単に就ける職業ではありません。

しかしそれだけ努力して就いた職にも関わらず、転職や退職を考える薬剤師も多くいるのが現実です。


では薬剤師の転職・退職理由として多い理由とは、具体的に何なのでしょうか?

こちらで詳しく説明していきます。


薬剤師の転職理由、多いのは?

薬剤師,転職理由

現在、薬剤師は売り手市場です。薬剤師を募集している求人は非常に多く、他の職種に比べて転職に有利だと言えます。

こういった現状も薬剤師が転職を考えるきっかけになりますが、そもそも薬剤師が、今の職場から抜け出したいと思うのには、どのような理由があるのでしょうか?

人間関係の悩み

薬剤師が働く職場は、一般企業と比べると人員が少ない傾向にあります。

限られた人数のなかで人間関係がうまくいかないと精神的な負担が大きく、それが原因で転職を考える薬剤師も多いようです。


具体的には、上司から怒られたり先輩からいじめを受けるなどのほか、後輩に対する教育が思うように進まない、というようなストレスが挙げられます。

また、薬の内容を説明しながら患者さんへ渡すことも薬剤師の大切な仕事ですが、その接客中に患者さんからクレームを受けたり、ひどい態度をとられるなどにより苦しむこともあるようです。

<関連記事>:薬剤師の転職理由、人間関係について

収入・労働環境に不満がある

薬剤師と聞くと高収入のイメージが強いですが、実際には就職先により、初任給からかなりの差があります。

場所によっては、10万円以上の差がつくほどです。


いざ働き始めてみると、お給料が思ったほどもらえず、ハードな仕事量に見合っていないと感じる人もいるようです。

転職することで大幅なお給料アップも期待できるため、お給料を基準に転職先を選ぶ人も多いです。


また、薬剤師の仕事は想像以上にハードです。

病院内の薬局に勤務した場合は、朝早い出勤や夜勤をする必要があることもあります。


また、薬に関する知識は常に最新の状態にしておく必要があることから、勉強会へ出席する機会も少なくありません。

感染症などが流行する時期や、患者さんで混雑する日などは薬の調合や確認などに一日追われ続け、ほとんど休めないということも日常茶飯事です。


休日も勉強にあてるなど、なかなかゆっくりする時間がとれず、その激務な仕事に悩み、転職を考えるようです。

<参考サイト>:薬局の人手不足が招く恐怖のシナリオとは? | 東洋経済オンライン

キャリアアップのため

管理職になれれば管理薬剤師手当がつくので、お給料のアップにつながりますが、少人数の職場では、管理職である上司が退職しないと、なかなか昇進が難しいという点があります。

そのため、管理薬剤師の立場に就ける転職先を探す人も多いです。


また現在の職場では雑用が多く薬剤師としてのやりがいを感じなかったり、毎日同じ仕事の繰り返しで自分自身の成長が感じられないなどの理由で転職を考える人もいます。

別の職場で薬剤師として新しい仕事や知識を身につけたい、というスキルアップを目的とした転職です。


新しい分野に挑戦していくことで知識も増え、キャリアアップすることにより昇進やお給料も見込めるからです。


円満退職のために、望ましい退職理由とは?

薬剤師,退職理由

薬剤師の業界は非常に狭く、噂などが簡単に広まりやすい傾向にあります。

そのため、退職する際にも言動に注意する必要があることを覚えておきましょう。


職場環境の悪さなどから退職する場合は辞める職場を悪く言いたくなることもあるかもしれませんが、現在の職場の評価を下げる発言は、今後の自分自身に悪い影響を及ぼす可能性があります。

波風を立てるのではなく、スムーズかつ円満な退職を目指しましょう。

退職理由の本音と建前

薬剤師が退職を決断する理由として多いのは、やはりお給料の金額や職場での人間関係に対する不満です。

しかしそれを素直に伝え過ぎると、その職場とのトラブルにもなりかねません。


退職を申し出てから退職日までの間、職場の人間関係が悪化し、もめてしまうことも懸念されます。

狭い薬剤師業界では、いつ転職先にそのトラブルなどが伝わるかも分かりません。


円満な退職は、次の職場に高い評価をつなげられるチャンスだと考えてください。

退職理由は本音とは別に、現職では実現が難しい「キャリアアップのため」など前向きな理由を用意しておくと良いでしょう。

<関連記事>:薬剤師のキャリアアップについて

引き止められにくい退職理由、おすすめは?

退職理由が現在の職場で解決できそうな内容である場合は、「それについては改善するから」と引き止められる可能性があります。

また職場の人数が少なかったり、長年同じメンバーで働いていることが多い傾向にあることから、なかなか退職に納得してもらえないことも考えられます。


そのためスムーズに退職できるように、引き留められにくい退職理由をしっかり準備しておくことが大切です。

女性であれば結婚や出産、旦那さんの転勤についていくなどがおすすめです。


独身の方の場合は、親や親戚の仕事を手伝うことになった、などが良いでしょう。

労働環境の改善だけではどうにもならない理由を選ぶことがポイントです。

自分の中での落とし込みも大事

退職を上司に伝えるにあたり、しっかりと自分の気持ちを整理して伝える必要があります。

ここでの説明が曖昧であったり矛盾していると、上司が退職に納得しにくくなってしまうからです。


「何のために退職したいのか?」を、自分の中で明確にしておきましょう。

何が不満だったかをしっかりと洗い出しておくことで、自分にとっての退職理由の核となる部分を認識できます。


それにより、本当に転職すべきかどうかや、転職先を選ぶうえでの基準も明確になります。


薬剤師、転職時に気を付けたいマナーとは?

薬剤師,転職,マナー

退職することを決めたら、さっそく転職に向かって動き出す必要があります。

ここで気を付けておきたいマナーについて、ご説明します。

退職の希望はいつ伝える?

退職することを決めたら、最低でも1ヶ月前までには、しかるべき人に退職したい意向を伝えましょう。

前もって退職について相談し、承諾されたらなるべく早く退職届を出すようにしてください。


退職を伝えるタイミングは法律では2週間前までとなっていますが、「1か月前までに申し出ること」といった社内規定を定めている会社がほとんどです。

かならず就業規則や職場で確認し、遅れることのないようにしましょう。

<関連記事>:薬剤師転職の最新事情と転職先を比較してみた!

退職前にやっておくべきことは?

まずは引継ぎに関する準備をしておきましょう。

基本的な業務の流れだけでなく、常連の患者さんのクセや接客対応など、業務上知り得たことをしっかりと共有しておく必要があります。


薬局などでは暗黙のルールなどが存在していることも多いので、そのあたりも詳しく引き継ぎましょう。

取引している業者の方などにも、担当が変わる旨を伝えておくとスムーズです。


自分しか分からないような仕事については、特に気を付けて引継ぎするようにしてください。

退職したあと、後任の人が困ってしまうことのないようにしましょう。


また薬剤師が一人減ると、残された人はその分のフォローに追われることにもなります。

新しい人が見つかるまでだけでなく、新しい人が補充された後も仕事を教えるなどの負担が発生します。


退職が決まったら、同僚や職場の人にも自分の口からしっかりと退職する旨を伝えるようにしましょう。

気持ちよく送り出してもらうために気を付けたいこと

退職が決まってからも、その職場での人間関係には気を付けましょう。

退職を機に縁が切れるとは限りません。転職先によっては、勉強会などで再会することも考えられます。


ネガティブな発言は避け、今後もその職場で働き続ける相手の立場にたった行動を心がけましょう。

また職場の上司や同僚だけでなく、これまでお世話になった人にしっかりと挨拶をしておくことも大切です。


何か気持ち程度のプレゼントなどを添えて、感謝の気持ちを伝えるのが良いでしょう。

転職するとしても、辞める職場との関係が良好であることに損はありません。


職場のみんなに気持ちよく送り出してもらえるよう、退職日まで浮かれたりせず、真摯な態度で仕事をするようにしましょう。


<この記事のまとめ>

  • 薬剤師の転職理由は、人間関係の悩み、収入や労働環境への不満などが多い
  • 円満な退職のためには、キャリアアップなどの前向きな転職理由を伝えるのが望ましい
  • 薬剤師は人員不足の傾向にあるため、引き留められる可能性もある
  • 退職は最低でも1ヶ月前までには申し出るようにする
  • 気持ちよく送り出してもらうため、退職が決まってからも人間関係を大切にすること


 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です