保健所の薬剤師になるには?



保健所の薬剤師は地方公務員として、地域住民の健康や衛生を守る仕事です。地域に貢献できる仕事であると共に、安定した身分や収入が得られる職種でもあります。

調剤薬局やドラッグストア、病院勤務とはひと味違う保健所の仕事ですが、その仕事内容はどのようなものなのでしょうか。


ここでは薬剤師の保健所での仕事内容、保健所で働くための方法について詳しく説明します。ぜひ、みなさんの就職や転職の参考にしてみてください。


保健所で働く薬剤師の仕事は

保健所というと地域の衛生環境や健康支援を行なう公的機関というイメージがあります。しかし、実際の業務範囲は医療や薬事から感染症予防、心の健康づくり、妊娠・出産・子育てのサポートなど多岐にわたります。

その保健所の仕事のうち、薬剤師が携わることが多い業務を紹介します。

薬事衛生



薬事法に基づいて薬局や医療品販売業等の許可や監視指導を行ないます。

薬局・店舗販売業・卸売販売業・医療機器販売業・毒物劇物一般販売業等に関する新規・変更許可申請の届出、取扱処方箋数の届出の対応、医薬品・健康食品・家庭用品等に関する安全性情報や注意喚起、医薬品の販売制度に関する情報発信などを行なうのもこの部署です。

※薬事法:「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

環境衛生

理容室・美容室・クリーニング店・宿泊施設・公衆浴場等、地域の環境衛生や生活衛生に関わる業務を担当します。

これら施設に関する申請や手続き、記録の保管、施設管理等が主な業務です。併せて、管轄地域内の建築物の衛生環境の維持、井戸水の水質検査、シックハウス対策なども行なっています。

水道衛生

管轄地域内の水道水を安全に供給するため、関連施設や業者への監視・指導などを行ないます。水道法に関連する通知や届出、プールの維持管理、旅館など宿泊施設の水道水の衛生管理も担当します。

食品衛生

食品等を取扱う施設の監視・指導、食品関連の販売業の届出・申請の対応、飲食店施設の監視・指導などを行ないます。食中毒防止など食品衛生に関する知識の普及、地域住民からの食品に関する相談の受付も担当します。

その他の業務

上記以外の保健所の業務です。必ずしも薬剤師が担当するとは限らないものの、所内業務として配属される可能性はあります。


・試験検査
食品添加物や食中毒に関する検査を行なう仕事です。規格検査、食中毒菌などを検査します。

・廃棄物衛生
廃棄物関連業者への許認可・指導、廃棄物の減量対策、適正処理の推進などを担当します。

・母子保健
妊娠や出産、子育てを支援します。不妊・不育・妊娠・出産・育児の相談などに応じます。

・精神保健
心の健康づくりをサポートします。薬物やアルコールに関する相談にも対応します。


保健所の薬剤師になるには



薬剤師が保健所で働くためには、単に求人募集に応募して採用されればいいというわけではありません。

次に保健所の薬剤師になる道筋を紹介します。

応募・採用条件

保健所の応募・採用条件は2種類あります。

1.地方公務員試験「上級(I類)」に合格する
「上級」は大卒を対象とした資格です。受験対象者として21歳以上~28・29歳まで等の年齢制限があります。


2.社会人(民間企業等職務)経験者である
「社会人枠」「社会人体験者枠」と呼ばれるもので、地方公務員試験を受けなくても求人に応募できます。薬剤師としての職務経験(5年以上など)があればキャリア枠として採用する自治体が増えています。


これまでは社会人枠にも30~35歳など年齢制限を設ける自治体が大半でしたが、最近では40~60歳など上限の引き上げを行なうところが増えてきました。

ただし、自治体によっては年齢制限を低めに設定しているところもあるので事前の確認が必要です。

求人募集を探す

保健所が設置されているのは都道府県・政令指定都市・中核市・特例市・保健所指定市・特別区です。薬剤師などの職員募集は各自治体が行ないます。

求人募集を探す方法としては次の3種類があります。


1.自治体の公式サイトで探す
各自治体が運営する公式サイト(ホームページ)をチェックする方法です。公式サイトには「職員募集」や「採用」といったページがありますので、こまめにチェックするといいでしょう。


2.自治体の公報で探す
各自治体が発行する広報をチェックする方法です。広報とは自治体が事業内容や活動状況を地域の住民に知らせるための文書です。職員募集がある場合は公報に掲載されます。


3.自治体に問い合わせる
各自治体に直接問い合わせる方法です。自治体の職員募集は通年または随時実施されています。薬剤師募集の有無を問い合わせてみましょう。

採用試験を受ける



職員募集の採用試験を受けます。

1.地方公務員試験「上級」合格者の試験内容
学科試験、論文試験、面接試験、適性検査、能力診断検査、専門試験などがあります。

2.社会人経験者の試験内容
教養試験、課題式論文、職務経験論文、面接試験、専門試験などがあります。


試験内容は自治体によって、また募集する職員の種類によって異なる場合があります。

また1次試験、2次試験というように2段階で試験が実施されるケースもあるので、試験内容や方法については各自治体に事前に確認してください。

採用後はどうなるの?

自治体の職員に採用されたら、地方公務員の薬剤師として働くことになります。これはあくまで自治体の職員という立場であって、保健所の職員に限定されているわけではありません。

自治体側が「保健所薬剤師を募集」と限定していれば別ですが、単に「職員募集」「薬剤師募集」というのであれば、どの部署に配属されるか分からないということです。


もちろん薬学系大学卒で薬剤師資格を持ち、薬剤師としての社会経験があれば保健所に配属される可能性は高いでしょう。ただ、自治体には薬事課などの部署もありますので、そういった部署へ配属される可能性もあります。

どうしても薬剤師として保健所で働きたいという場合は、職員募集の求人を探す際に自治体窓口に問い合わせておくことをオススメします。

地方公務員の給与

保健所の薬剤師など地方公務員の給与は自治体によって異なります。東京都の場合は20代で年収が約350万円、30代で約400~500万円、40代で約600万円です。

地方公務員の薬剤師の平均年収は約500~540万円で、薬剤師全般の平均年収と大きな差はないと考えていいでしょう。


薬剤師で求人先探しをするなら、薬剤師専門で人気の転職支援サイトを利用すると便利ですよ。

薬剤師専門の転職サイトでは薬剤師の求人情報に詳しい専任アドバイザーが親身に相談に応じてくれますので積極的に活用してください。

<保健所の薬剤師になるには?のまとめ>

  • 保健所は都道府県や市が設置する公的機関である
  • 薬剤師として働くには自治体の職員募集に応募する
  • 応募は地方公務員試験(上級)合格が条件のひとつ
  • 最近では社会人経験者枠もあるので問い合わせよう
  • 主な仕事は薬事衛生や環境衛生、食品衛生関連など
  • 年収は20代で350万円、30代で400~500万円程度

おすすめの薬剤師求人サイトは?

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です