学術薬剤師へ転職する前に知っておきたいことは?

学術薬剤師,転職

薬剤師の資格があれば、調剤薬局や病院以外にも様々な職場で活躍できます。

薬剤師といえば調剤や服薬指導などの業務がメインですが、実はデスクワークを中心とした業務もあるのをご存知ですか?


医薬品の情報をまとめたり、副作用や効能についての問い合わせに答える業務を担う薬剤師を、「学術薬剤師」といいます。

学術薬剤師に転職する前に知っておきたい基礎知識などをご紹介します。


学術薬剤師の仕事内容は?

学術薬剤師,転職

学術薬剤師は、製薬会社などで働くことが一般的です。

製薬会社では色々な業務に薬剤師が携わっていますが、学術薬剤師は具体的にどんな仕事をするのでしょうか?


製薬会社で働く他の薬剤師と比較しながら、学術薬剤師の役割について見ていきましょう。

製薬会社で働く薬剤師、どんな職種がある?

薬剤師の転職先として人気の製薬会社には、薬剤師のスキルを活かせるさまざまな職種があります。

製薬会社の職種の中で特に人気が高いのは、研究・開発職です。


研究職と開発職は同一視されやすいですが、仕事内容は大きく異なります。

研究職は新薬の開発に携わる仕事です。新薬のアイディアを生み出し、研究所で実験を繰り返します。


開発職は、出来上がった新薬の通行性や安全性を分析し、医薬品として世に出せる状態にする仕事です。主に新薬の臨床実験を行います。

また品質管理の仕事は、薬剤師の知識を活かし、生産された医薬品の分析を行う仕事です。


試験結果の分析や、異常があった場合の原因究明などを行います。

自社の医薬品が製品としての基準を満たしているかを調べる重要な仕事です。


MRは、製薬会社の職種の中でも異色の仕事です。主に営業や広報を担当し、医師や薬剤師に自社製品の品質や効能を情報提供します。

営業職に近いため外回りが中心で忙しい仕事ではありますが、頑張った分だけ稼げる高収入の職種です。


CRAという職種は、臨床開発モニターの仕事に携わります。

新薬開発に欠かせない治験業務のサポートやモニタリングを行います。


治験が適切に進行しているか、安全性が守られているかなど、治験全般の監視を行うなどがメインです。

<関連記事>:薬剤師が研究開発職へ転職する時の注意点は?

製薬会社の「学術業務」とは?

学術業務は、研究開発、調剤などの実務は行いません。

医薬品の利用者からの問い合わせに答えたり、自社のMRに対する薬学知識の研修などが仕事です。


エンドユーザーはもちろん、医者や医療機関からの質問や疑問に答えるため、豊富な薬剤知識が求められます。

企業の規模によっては、役割分担を明確にするため、コールセンター業務は外注していることも多いです。


その分、MRやCRA職と兼任するケースもあります。

学術薬剤師の具体的な仕事内容は?

学術薬剤師の仕事内容は、DI業務、情報収集、薬学知識の教育、資料の作成などが中心です。

それぞれの具体的な仕事内容を見ていきましょう。

・DI業務
DIとは、ドラッグインフォメーション(Drug Information)の略です。自社で扱う医薬品についての知識を持ち、自社製品の問い合わせに対応するのが仕事です。

問い合わせは一般消費者だけでなく、医療機関や卸会社などからも届きます。

<関連記事>:薬剤師のDI(ドラッグインフォメーション)業務とは?


・情報収集
学術薬剤師は、問い合わせの対応や研修などで豊富な薬学知識が求められます。

そのため、常に最新の医療情報を知っておく必要があります。

論文や関連文献を読んで情報収集するのも、学術薬剤師の重要な仕事です。


・薬学知識の教育
学術薬剤師の知識を活かし、自社のMRなどに研修を行います。

MRは医薬品の営業を行うため、製品知識や薬学知識は必須です。

研修会で大勢の社員の前に立って発表したり、それに使用する資料を作成したりします。


・資料の作成
MRが営業活動に使用する販促資料などを作成するのも学術薬剤師の仕事です。

医薬品のパンフレットだけでは足りない情報をまとめるなど、よりわかりやすい資料を作成して販促に役立てます。


学術薬剤師として働くメリット・デメリットは?

学術薬剤師,メリット

調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師から見ると、学術薬剤師の仕事は少し特殊に感じるかもしれません。

学術薬剤師として働く場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

学術薬剤師として働くメリット

学術薬剤師は、製薬会社で働くのが基本です。

学術薬剤師を募集している製薬会社は大手企業であることが多く、福利厚生が充実しています。


また、学術薬剤師の仕事は基本的に土日が休みで残業も少なく、デスクワークが中心なので体力的に楽なのも大きなメリットです。

<関連記事>:薬剤師で土日休みのある求人先は?

学術薬剤師として働くデメリット

学術薬剤師は、エンドユーザーや医療機関などに薬剤の知識を提供することが仕事です。

そのため、薬剤に関する幅広い知識を求められます。


医療の技術は年々進歩しているため、常に学び続けて最新の知識を得る努力が必要です。

またMRに対して研修を行ったり、医療機関で説明会を行うなど、人前に立つ機会も多いです。


医薬品に関わる情報の発信源となるため責任が重いというのも、人によっては負担を感じるでしょう。

学術薬剤師の収入はどれくらい?

薬剤師の平均年収は、580万円程度です。

調剤薬局やドラッグストアなど、色々な職場がありますが、その中でも特に年収が高くなるのが製薬会社(600~800万円程度)だと言われています。


ただし、同じ製薬会社勤務の中でも、学術薬剤師とMRでは大きく年収が異なります。

MR職は激務という事もあり、頑張りによっては年収800~1,000万円を目指すことも可能です。


一方で学術薬剤師の場合、年収相場は600万円弱で、病院薬剤師や調剤薬局、ドラッグストア勤務の薬剤師とそれほど変わりません。

学術薬剤師のメリットは、収入よりも福利厚生や安定した勤務時間などの待遇面といえます。


企業の学術担当に転職する際の注意点は?

学術薬剤師,転職の注意点

ここまで、学術薬剤師として働くメリット・デメリットを紹介しました。

調剤薬局や病院から、製材薬局の学術担当に転職したい!という場合、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

学術専任での募集は少ない

学術薬剤師の求人はMRやCRAと兼任になっている場合が多く、学術職のみの求人は少ないです。

特にMRとの兼任だと、かなり激務になる事が予想されますので、「デスクワークの落ち着いた環境で仕事をしたい」と考えている人には厳しいでしょう。


DI業務を中心としたコールセンター業務は外部受託しているという会社も多く、学術職のみに携わりたいなら、そうした関連企業に就職するのも一つの手段です。

英語などのスキルが要求される

学術薬剤師は、常に最新の医療知識が求められます。

海外の文献から情報収集をすることも多く、大企業で条件が良い学術薬剤師ほど、英語力が必須のスキルとなります。


修士号取得者以上や、TOEIC800点以上の基準を設けている企業もあるため、求人に応募する際にはまず条件を満たしているか確認するようにしましょう。

<関連記事>:薬剤師、企業への転職の注意点は?

好条件の求人は非公開が多い

学術薬剤師の求人は人気が高く応募が殺到するため、好条件のものほど非公開になっている場合が多いです。

この非公開求人は、薬キャリなどの求人サイトに会員登録することで、はじめて閲覧できるようになります。


サイトによって取り扱う求人が異なりますので、より多くの情報を得たい場合は複数の求人サイトに登録するようにしましょう。

また各求人サイトのキャリアアドバイザーに相談することで、より自分の希望に合った求人を紹介してもらえる場合もあります。

<この記事のまとめ>

  • 学術薬剤師とは、製薬会社で医薬品の説明業務などを行う職種
  • 製薬会社には研究・開発職、MRなど様々な職種がある
  • 学術薬剤師は調剤などの実務は行わず、情報提供や研修が仕事
  • 年収はそれほど高給ではないが、手厚い福利厚生や待遇が魅力
  • 人気の職種のため好条件の求人は非公開が多い


学術薬剤師への転職におすすめの求人サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です