薬剤師のお仕事、薬事衛生とは?



薬剤師の任務に関して定めた「薬剤師法」という法律があります。この法律では、薬剤師の仕事について「調剤、医薬品の供給、その他薬事衛生をつかさどる」と定めています。調剤業務や医薬品の供給(販売)業務についてはよく知られているものの、薬事衛生についてはあまり知られているとはいえません。

ここでは薬剤師の重要な仕事のひとつ、薬事衛生について詳しく紹介します。

薬事衛生とは何なのか、薬事衛生にはどんな仕事があるのか等を分かりやすく説明していますので、ぜひ、みなさんのお仕事や転職のご参考になさってください。


薬事衛生とは



薬事衛生は薬学知識を土台にした薬品・食品・毒物劇物などの製造や販売、利用に関する衛生管理を指します。このように聞くと何となく漠然としてイメージしか湧かない人もいるかもしれません。

具体的には薬品や食品などを利用者が安心して使えるよう、薬学の専門家の立場から管理や環境整備をするのが薬事衛生の仕事と言い換えることができます。


以下に、薬事衛生の仕事とその具体的な業務について見ていきましょう。

医薬品等の品質管理・衛生管理

薬事法という法律で、医薬品を製造する会社や工場では品質管理・衛生管理を行なう責任者を置くことと定めています。管理者は薬剤師免許を持つ者である必要があり、責任者として医薬品の品質管理・衛生管理を担当します。

医薬品は人の体に直接入る(塗布する)ものであり、適正な方法で製造・管理しなくてはなりません。薬剤師は薬学の知識を持つ責任者として、利用者が安全安心に使用できる医薬品を製造する役割を果たすものです。

この業務は医薬品の製造のみならず、医薬部外品、健康食品、サプリメント、化粧品などについても当てはまります。このような製造会社や工場では薬事衛生を薬剤師が行なうものとされているのです。

食品衛生管理者・衛生管理者

食品の製造・加工会社や工場でも薬事衛生は行なわれています。医薬品や健康食品と同様に、人の口に入れる食品の製造には薬事衛生を担当する薬剤師を責任者として置くと定められています。

その仕事を担当するのが食品衛生管理者で、食品製造(加工)工程を薬学の知識を土台に衛生面からチェックします。


もうひとつ食品関連の薬事衛生の仕事として衛生管理者があります。衛生管理者は食品製造の現場の衛生的な改善や疾病の予防処置などを担当する仕事です。食品製造(加工)に携わる労働者の健康状態や就業状況の管理を行ないます。

ちなみに一定規模を超える事業所(会社、工場等)では、労働安全衛生法により衛生全般の管理を担当する衛生管理者を置くことが義務付けられています。

薬事監視員



薬事法によって規定されているのが、主に自治体の薬務課や保健所に所属し、医薬品検査・指導などを行なう薬事監視員です。薬事監視員は医薬品や医療機器、化粧品等の製造・販売・輸入業者に対して製品の品質や有効性、安全性の検査を実施する仕事です。

検査内容では医薬品などの製品が基準を満たしているか、承認内容と異なる点はないか、変質など品質の異常の有無といった点をチェックします。また、薬事法に違反した医薬品の販売の監視、虚偽・誇大広告の有無などの調査も併せて行なっています。

検査結果によっては指導や教育を行なうこともあり、消費者の安全を守る役割を果たす重要な薬事衛生の業務のひとつです。

その他の薬事衛生業務

ここまでに紹介した以外にも薬事衛生の仕事はたくさんあります。

・学校薬剤師
公立と私立を問わず、学校には学校薬剤師を置くことが法律で定められています。学校の児童生徒や職員の健康管理などと併せて、校内環境衛生(教室内の空気検査)や騒音検査、飲料水検査、プール水検査、給食施設関連の点検、校内薬品の管理といった薬事衛生を担当します。

・麻薬取締官
薬物犯罪の取締りや医療機関での麻薬の正規使用などを監視する仕事です。別名・麻薬Gメンとも呼ばれ警察官のような仕事と思われがちですが、薬剤師資格が必要な薬事衛生の仕事のひとつでもあります。

・環境衛生指導員
廃棄物の処理や清掃に関する法律で定められた薬事衛生の仕事です。主として廃棄物処理業者の施設への立ち入り検査や指導などを担当します。


薬事衛生の求人探しの注意点



薬事衛生関連の業務は薬学の専門家である薬剤師にとって、やりがいのある仕事といえるでしょう。民間・公的機関と就業先も多岐にわたりますが、求人先を探す際に注意すべき点もあります。

資格が必要な職種もある

薬事衛生の仕事には資格が必要な職種もあります。例えば食品衛生管理者や衛生管理者になるためには、既定の講習を受けたうえで資格試験に合格しなければなりません。ただし薬剤師資格を取得している場合は講習が免除され、資格試験の合格が条件になります。

公務員になるには資格が必要

公務員として薬事衛生の仕事に携わるためには、各種公務員試験に合格する必要があります。公務員試験の種類は就業先(求人先)によって国家公務員、地方公務員などの種類があり、事前に合格して資格を取得しておかなくてはなりません。

民間企業は求人数が少ない

民間企業で薬事衛生に携わるには、求人募集に応募して採用されるというルートが一般的です。

しかし薬剤師求人では調剤薬局やドラッグストアが主流のため、民間企業からの求人数は少ないというのが現状です。民間企業への就職や転職を目指しているなら、こまめに求人募集をチェックする必要があるでしょう。


薬剤師で薬事衛生に携わる仕事への転職を考えているなら、薬剤師専門の転職支援サイトに相談がオススメです。薬剤師専門の転職支援サイトに登録すると、民間企業からの非公開求人情報を手に入れることができます。

非公開求人とは一般には公開されていないレアな案件ですので、就職・転職にはぐっと有利になることが多いのです。希望条件に合った求人先が探しやすくなります。薬剤師専門の転職支援サイトには薬剤師の転職に詳しい専任アドバイザーがいますので、ぜひ活用してみてください。

<薬剤師のお仕事、薬事衛生とは?のまとめ>

  • 薬学の知識を土台に医薬品や食品等の衛生管理をする
  • 製薬会社、医療機器メーカーなどが主な就職(転職)先
  • 化粧品メーカーや健康食品メーカーからの求人もある
  • 自治体の薬務課や保健所にも薬事衛生の仕事はある
  • 学校薬剤師や麻薬取締官、環境衛生指導員も含まれる
  • 職種によっては薬剤師免許以外の資格が必要になる場合も

薬剤師の転職サイト、おすすめは?

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です