薬剤師、製薬会社への転職の注意点は?



薬剤師の勤務先というと、まず調剤薬局、病院、ドラッグストアなどをイメージされる方がほとんどだと思います。

しかし最近は薬剤師の活躍の場は広がりを見せており、薬局や病院以外の勤務先を選択する方も増えてきています。特に、製薬会社などの企業の人気が高まっており、転職を希望される薬剤師の方も増加傾向にあります。

そこで今回は、薬剤師が製薬会社へ転職を希望する場合の注意点などについてご説明していきたいと思います。


製薬会社で働く薬剤師の仕事について



製薬会社は薬剤師が活躍できる部署が多く、また配置される部署などによって業務内容も大きく異なります。ここでは代表的な5つの仕事について簡単にご紹介しましょう。

1.研究職

研究職は、製薬会社に勤務する薬剤師にとって花形的な存在です。研修職では、新薬開発のための創薬研究、データ収集のための非臨床実験、製薬のための技術研究など、様々な研究を行うことになります。

研究職に携わる薬剤師はその大半が修士課程以上を修了した薬剤師で占められており、薬剤師資格を持っていれば誰でも就くことができるという部署ではありません。

2.開発職

開発職は、研究所から挙げられた臨床試験を統括するのが主な仕事となります。簡単にいうと、研究段階の新薬の有効性や安全性を分析、評価するのが、開発部門の業務なのです。

開発部門における薬剤師の役割は、治験の収集データの分析、申請する新薬の承認申請書の作成、新薬の研究者と病院の担当医との仲介役などになります。

3.学術職

学術職は、日々更新される医薬品情報を的確かつ迅速に収集し、関連文献や報告書などを引きながらデータを分類・管理した上で、関係者へ情報を提供したりアドバイスを行ったりするのが仕事です。

仕事の性質上、外国語の文献や論文にあたることも多いため、英語力や語学力が求められることが多く、薬剤師資格を所持するだけでなれるという職種ではありません。製薬会社の求人の中でも、学術職の案件は希少なものとなっています。

4.DI職

医薬品に関する情報を収集・分類・管理した上で、医師や薬剤師、一般の方々などに向けて医薬品情報を的確に提供することが仕事となっています。学術職と少し性質が似ていると言えるかもしれませんね。

具体的な仕事としては、情報提供のための資料作成や電話やメールの問い合わせ対応、医薬品関連の文献や情報の検索などが挙げられます。

最近は学術・DI職といった医薬品・医療品の情報管理職を外部のコールセンターなどへ委託するケースが増えてきており、製薬メーカーの薬剤師が出向するといったこともよく見られるようになってきました。

5.MR職

MRとはMedical Representativeの略称で、医療情報担当者を意味します。メインの仕事は、医師や薬剤師に対して自社の医薬品の有効性や安全性、品質などに関する情報提供となります。

MRというと、病院や調剤薬局などで営業を行っている担当者というイメージが強いかもしれませんが、実際は薬に関する情報提供や、現場の要望やクレームなどを汲み取るなどの情報収集活動が重要な業務となっています。

医薬品を売り込むという単純な立場ではなく、医薬品に関する正しい情報を医師や薬剤師に提供して、薬の適切な使用を促すことこそが役割となっているため、薬学の専門家たる薬剤師に適正がある職種だと言えるでしょう。


製薬会社で働く薬剤師の給与はどのくらい?



薬剤師は研究や開発、営業、流通など、製薬会社の各部署に広く配置されています。そのため、配属される部署やポジションによって収入も異なります。

薬剤師の転職支援サイトなどで求人情報を確認してみると、年収の大まかな平均値は450万円程度と考えられますが、同じ製薬会社内であっても部署や職種によって差が大きいため、参考程度に留めておくのが良いでしょう。


特にMR職は実績や能力が給与に直で反映しやすい職種のため、勤務先によっては年収1000万円以上を狙うことも不可能ではありません。

製薬会社の給与形態・給与水準は、各会社によっても大きく異なりますので、転職を希望する会社があった場合は、しっかりと確認しておくようにしましょう。


製薬会社で働くメリット・デメリット

製薬会社勤務のメリット・デメリットをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

メリット

・薬剤師の他職業と比較すると給与水準が高く、待遇も良い
・福利厚生がしっかりしているところが多く、産休や育休といった制度もしっかりしている場合がほとんど
・製薬会社は土日祝日の週休2日制のところが多いため、休日を十分確保できる

デメリット

・研究職や開発職などは特定大学院の修士課程修了以上など応募条件が厳しい場合が多く、転職のハードルが高い
・DI職やMR職は高収入が期待できる分人気が高く、競争倍率が高い
・大手の製薬会社の場合は配置換えなどが行われることが少なくなく、場合によっては転勤を繰り返さなければならないこともある


製薬会社勤務に向いている人


自分の強みや適正を自認している

製薬会社勤務の薬剤師は、研究や開発、MRやDI、学術など様々な部署・分野で働いています。そのため、製薬会社へ転職する場合は、自分が製薬会社でどのような仕事をしたいのか、自分の能力はどの分野で役立てることができるのか、しっかりと見極めることが必要となります。

逆をいえば、自分の強みや適正、能力や薬剤師としての強みを客観的に把握でき、自認できる人が製薬会社勤務に向いていると言えるでしょう。

倫理観があり信頼関係を築くことができる

特にMRの場合ですが、医師が医薬品の採用を考える場合、MRに対する信頼感がどの程度のものであるかが大きな鍵となるケースがほとんどです。

この医師からの信頼感を得るために必要となるのが、倫理観とされています。この場合の倫理観とは、一般的な道徳的な意味の他に「都合が悪いことを隠さず説明できる」ということも意味します。

自社にとって都合が悪いことの多くは、医師や医師が守るべき患者さん達にとって必要不可欠な情報であることがほとんどです。こういった情報であっても、包み隠さず誠実に相手に伝えられる人物こそ、製薬会社に向いていると言えるでしょう。


製薬会社へ転職するには?



製薬会社へ転職するには、まず応募するための求人情報を収集することが必要となります。

製薬会社の求人情報はGoogleやYahooといった検索エンジンで検索することもできますが、こういった方法で情報を収集しても、企業名が非公開の求人情報ばかりがヒットするはずです。

これは、製薬会社の大半が薬剤師専門の転職サイトや求人サイトへ「非公開求人」での掲載を依頼しているからです。非公開求人は、その情報を掲載する求人・転職サイトへ会員登録をするorコンサルタントへ依頼することで詳細が確認できる求人で情報です。


製薬会社の求人は調剤薬局やドラッグストアの求人と比較すると数が少なく、情報収集が難しいものとなっています。そのため、まずは薬剤師専門の転職・求人サイトへ登録を行い、コンサルタントやキャリアアドバイザーに情報の収集や公開を依頼することをおすすめします。

キャリアコンサルタントやアドバイザーは、求人情報の提示だけでなく、求人への応募方法の説明、面接対策、会社側との面接日などの折衝なども担当してくれますので、是非活用してみて下さい。

<薬剤師、製薬会社への転職の注意点は?・まとめ>

  • 製薬会社は研修・開発・学術・MRなど。薬剤師が活躍できる場が数多くある
  • 研修職や開発職などは転職のハードルが高く、薬剤師免許があれば誰でも入れるというものではない
  • 製薬会社は給与水準が高く福利厚生も手厚いため人気が高い
  • 製薬会社の求人は非公開求人の場合がほとんどのため、キャリアコンサルタントやアドバイザーに相談するのが良い

製薬会社への転職におすすめの薬剤師求人サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です