40代の薬剤師転職、注意点は?

40代薬剤師
医療系資格保持者は、一般のサラリーマン・OLに較べて転職が有利なことで知られています。特に薬剤師は、昨今の人手不足もあり、かなりの売り手市場(=薬剤師が有利)です。

とはいえ、年齢を取るにつれ転職が少しずつ不利になる場面も出てきます。ここでは、40代薬剤師に限定して、転職活動をする上での注意点について紹介します。


40代薬剤師が転職を考えるポイントは?

40代になると20代と違い、仕事以外でも責任が増える方が多いと思います。具体的にいうと、家庭(女性なら家事)だったり子供などです。つまり、40代になると単に仕事のことを考えるだけでなく、他のことも考慮に入れる必要があります。

40代薬剤師の転職を考える上でのポイントについて、簡単に紹介します。

40代薬剤師の転職事情は?

人手不足が続く薬剤師の求人市場ですが、40代になると転職で多少不利な面も出てきます。詳しくは後で書きますが、企業や病院は未経験での転職がかなり難しくなります。一方、調剤薬局やドラッグストアは未経験でも転職可能です。


日本でも以前ほど中高年の転職が珍しくなくなり、40代サラリーマンの転職もかなり増えました。とはいえ、40代の転職では前職に較べて、給与条件などが下がるのが一般的です。これに引きかえ薬剤師の場合、40代の転職でも給与条件が下がるどころか、維持かアップも珍しくありません。


結局のところ、薬剤師が相当な人手不足であること、薬剤師が資格職であることが大きく関係しています。転職先についてえり好みをしなければ、40代薬剤師が転職すること自体は難しくないのです。

むしろ問題は、転職先でなじめるか、末永く働けるかといった問題の方が大きいと言えるでしょう。中高年薬剤師の未経験ジャンルへの転職では、常にこの問題がつきまといます。この点について、詳しくは下記を参考にして下さい。

経験か未経験かで、状況は全く違う



20代や30代(前半)なら、未経験であってもどのジャンルでも転職も可能性がありました。ですが、40代で転職先のジャンルが未経験となると、状況はかなり違います。

まず、企業への転職は極めて難しいでしょう。企業の薬剤師求人はそもそもかなり少ないですが、企業社内の年齢構成上、若手薬剤師を欲しがることが多いです。同じ未経験なら、まず若手薬剤師が採用されます。


同じ理由で病院への転職もかなり厳しいですが、こちらは以前より門戸が広がっていることもあり、まだ可能性があります。ただ、病院は激務な職場も多いので、転職先選びは慎重に進める必要があります。同じ病院なら、療養型病院の方が可能性は高いですが、求人自体が少ないので転職は簡単ではありません。


調剤薬局やドラッグストアなら、未経験でも転職できることは先ほど書いた通りです。


転職先の分野の経験があるなら、どの分野でも可能性はあります。特に経験者の場合、未経験者に較べて年収ベースで50万程度上積みされることもあるので、一層有利な転職が可能です。また、管理薬剤師になれば、さらに年収の上乗せが可能なので、意欲のある方は転職を機に管理薬剤師にある、という選択もあり得ます。

<関連記事>
管理薬剤師になるには?転職の注意点は?

仕事と家庭のバランスをどう考える?

収入だけのこと考えるなら、仕事にガンガン打ち込むのはよいことです。

ですが、独身の薬剤師ならいざ知らず、家族持ちの薬剤師が、仕事のことだけ考えて転職をしたら、たとえ転職に成功しても家庭内で大きなトラブルを抱えることになりかねません。


特に(結婚している)女性薬剤師の場合、働けばそれだけ家計への助けにはなりますが、仕事と育児・家事をどう両立させるかは悩ましいテーマになります。

もちろん、仕事と家庭のバランスに「絶対的な正解」はなく、どこに力点を置くかは各人で正解が違うはずです。


収入面や仕事のやりがいを取るなら正社員薬剤師として働くのが望ましいですが、家庭の問題でそれも難しいなら、パートや派遣といった働き方もありでしょう。


また、託児所付きの職場に転職するという選択肢もありえます。薬剤師の転職先で、託児所が最も充実しているのは病院です。育児中のママさん薬剤師は、一度検討して見てもよいかもしれません。

<関連記事>調剤薬剤師から病院薬剤師への転職は大変?

収入を取るか、やりがいを取るか?

特に男性薬剤師に多い悩みが、収入を取るか「仕事のやりがい」をとるか、といった悩みです。収入で言うなら、一般的にドラッグストアがもっとも高く、次いで調剤薬局・病院の順で言われています。

仕事のやりがいという点なら、病院が最も高く、次いで調剤薬局・ドラッグストアと言われています(もちろん、例外はいくらでもあります)。


もちろん正解は人によって違いますが、自分がどの部分にこだわりを持っているのかは、転職を機に一度じっくり考えてみることをオススメします。


40代薬剤師の平均年収は?



転職を決める要因は年収だけではないはずですが、それでもお給料は大事な要素です。同じ40代薬剤師として、他の方がどの程度貰っているのか気になるところでしょう。ここでは、40代薬剤師の平均年収について紹介します。

年収(単位:万円) うちボーナス
40代後半 598.8 97.4
40代前半 529.3 75.8
30代後半 539.1 91.9
30代前半 475.6 74.9
20代後半 420.6 54.5

上記は、平成26年賃金構造基本統計調査から抜粋した、20代後半から40代後半の薬剤師の平均年収です。まず一見して、年代が上がるごとに年収もジワジワ上がっていくことが確認できるかと思います。

ただ、30代後半に較べて、40代前半の年収がやや落ちています。これは、30代後半で役職(薬局長や管理薬剤師)に就く薬剤師がいる一方、40代前半では役職なしの一般薬剤師が増え、平均年収が押し下げられるためと推測されます。


上の表は地域や役職・職場を考慮していないので、あくまで傾向値としてご覧ください。ただ、ご自身の今の年収に較べて差があり過ぎる場合は、転職によって年収が上がる可能性はあります。

<関連記事>
30代の薬剤師の転職、注意点は?


40代薬剤師、転職先ごとの状況は?

ここでは、40代薬剤師が転職を検討する上で、転職先ごとの状況について簡単に紹介します。

調剤薬局



薬剤師が転職先として、最も多いのが調剤薬局です。未経験での転職も難しくないので、40代薬剤師の転職先としても最も多いでしょう。

注意点としては、一口に調剤薬局といっても薬局の規模によって忙しさが全然異なることです。一番楽なのはクリニックや専門病院の門前クリニックで、扱う調剤も少ないし勤務時間も長くありません。反面、仕事のやりがいもあまりありません。

逆に、大手薬局チェーンは扱う調剤の数が非常に多く勉強になります。また、福利厚生や研修体制がしっかりしているのも、この規模の薬局です。その一方で、仕事はかなり大変なことと転勤もありえるので、ある程度の覚悟はしておく必要はあります。

ドラッグストア(調剤併設あり)

調剤薬局と並んで、未経験の40代薬剤師でも転職しやすいのがドラッグストアです。一口にドラッグストアといっても調剤併設型と、そうでない店舗があり、求人が増えているのは調剤併設型です。

どちらを選ぶかは好みの問題もありますが、より「薬剤師らしい仕事」を望むなら調剤併設型ドラッグストアがオススメです。会社や店舗にもよりますが、最近では店舗の雑事を行わず、調剤業務に集中できる店舗も増えてきましたので、そういった求人に絞って選ぶのも手です。

ドラッグストア求人の魅力は、何と言っても給料の高さです。会社によっては、年収700万円代になることもあり、これは薬剤師の平均年収に較べても、かなり高めです。その反面、勤務時間が長いことと休みが少ないため、40代で体力に自信のない方は仕事が続かないといったケースもありえます(もちろん、忙しさは店舗によって全然違いますが)。

病院

経験者なら、薬剤部長・薬局長といったポストでの転職もありえます。地域によっては年収600代の好条件の求人もあります。未経験で40代となると条件的には厳しいですが、勤務地によっては可能性はあります。

薬剤師の病院勤務は基本的にハードなことが多いですが、最近では負担の重くない求人も増えてきました。また先ほども書いた通り、託児所施設が最も充実しているのが病院です。子育て中のママさん薬剤師で、託児所付の病院で求人がないか探してみるのも手です。

カルテを見られる、注射薬を扱えるなど勉強になることが多い仕事ですが、やはり年収が低いのがネックです。

企業

一般に薬剤師の企業への転職は難しいですが、40代になると一層難しいです。未経験ではほぼ無理で、経験者でもハードルは高いです。ただ、管理薬剤師の求人が多いのも企業系の求人です。経験者で管理薬剤師として応募する気があるなら、多少は可能性があるかもしれません。

企業の求人は、会社によって年収に大きな差があるので、一括りに説明することが難しいです。ただ、総じて土日休日の求人が多いので、その点は恵まれています。


40代薬剤師の転職を成功させるには?



上では、40代薬剤師の転職事情について説明してきました。これを踏まえた上で、40代薬剤師が転職を成功させるためのポイントについて紹介します。

転職後のライフスタイルを想像すること

先ほども書いた通り、仕事と家庭(プライベート)のバランスをどこに取るかで「絶対的な正解」はありません。正解は一人ひとり違うはずです。

ですが、仕事一辺倒になるような職場に転職して、自分のプライベートや家庭を完全に犠牲にするようになるのは、とても残念なことです。

ですので、転職後の仕事と家庭(プライベート)をどう両立させるか想像してみることをオススメします。いくら、条件のよい転職先を見つけても、あまりに負担を強いるような職場なら、あなたにとって「最適の職場」でない可能性があります。

給料だけに注目した転職活動はNG!

薬剤師の転職支援会社の担当エージェントによると、転職で失敗しやすいタイプの一つは年収だけに注目した転職をしてしまう人、だそうです。

もちろん、年収も転職を考える上で重要な要素です。ですが、そればかりに注目すると他の部分が目に入らなくなります。


たとえば、薬剤師の求人では相場からかけ離れた好条件の募集が時々あります。もちろん、単純に好条件の求人の場合もありますが、薬剤師の離職率が異常に高いため好条件を出している場合もあります。

せっかく好条件で転職しても、転職先がブラックだと長く務めるのは難しいでしょう。もちろんこれは、40代だけなくあらゆる年代の薬剤師に当てはまるアドバイスです。

転職先では謙虚に振る舞うこと

40代以降の転職になると、未経験ジャンルへの転職が多くなります。たとえば、それまで病院一筋で働いていた薬剤師が、40代になって調剤薬局に転職する、などです。

このとき、いくら薬剤師としてのキャリアがあるとはいえ、新しい職場ではジャンルも違うので、「新人」同然だということを忘れてはいけません。


ところが、過去のキャリアが邪魔をして謙虚に振る舞えない薬剤師が少なくありません。こういう薬剤師は、早い段階で退職を余儀なくされます。

過去の経歴を忘れろとは言いませんが、転職先にうまく溶け込むには、腰の低さや謙虚さを忘れないようにしないといけません。

転職サイトを上手に活用

40代の薬剤師は、上でも書いた通り、検討すべき点がいくつもあります。また、20代・30代に較べて不利な面もあります。こうした不利な状況を打破するためにも、転職の専門家のチカラを借りた方が確実です。

薬剤師専門の転職サイトに登録すると、担当エージェントが一人ずつ付くので、もろもろの相談に乗ってくれます。登録料は無料なので、活用しない手はありません。オススメの転職サイトは下記で紹介していますので、参考にしてください。

<40代薬剤師の転職のまとめ>
  • 20代、30代に較べると未経験での転職が難しくなる
  • 調剤薬局やドラッグストアなら未経験でも転職は十分できる
  • 仕事と家庭(プライベート)のバランスをよく考えること。
  • たとえ薬剤師としてのキャリアが長くても転職先では謙虚にふるまうこと
  • 薬剤師専門の転職サイトを活用して、有利に転職活動を進めること

40代におすすめの転職サイトは?

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です