薬剤師メディカルライターの求人先選び、注意点は?



薬剤師の勤務先というと、薬局や病院、ドラッグストアなどが思い浮かびますよね。実際、薬剤師の国家資格を持つ方の大半がこれらの勤務先に勤め、薬剤師として働いていらっしゃいます。

しかし、近年薬剤師の活躍の場は広がりを見せ、働き方も多種多様になってきています。中でも、最近注目されつつあるのが薬剤師の資格を活かしたライティングの仕事です。

今回は薬剤師資格を活かした働き方の一つ、メディカルライターをご紹介したいと思います。


メディカルライターの仕事について



メディカルライターとは、健康や医療に関する情報を広く適切に発信するためのライティングを行う専門家を指します。

メディカルライターの仕事は「メディカルライティング」「メディカルコピーライター」の二つに大別され、それぞれ異なる業務となっています。

メディカルライティング

メディカルライティングは、医療従事者や製薬業界に向けたライティングを行います。

医薬品や医療機器の計画・開発・承認に必要な各種書類や報告書の作成が主な仕事となりますが、新薬開発に伴う治験に必要な申請書類、論文・症例報告書、薬事承認取得のための申請書類などの作成も担当します。

メディカルライティングは作成する書類や文書の内容が正確であるのはもちろんのこと、迅速な文書作成能力も求められます。


これは、臨床開発において申請・承認のスピードに関わるためで、いかにミスがなく正確な文書や申請書を作ることができても、作成スピードが遅ければ評価されないという厳しさがあります。

治験に必要となる各種申請書類や薬事承認の申請書類を作成する仕事のため、勤務先は製薬会社や医薬品製造受託会社などになります。

メディカルコピーライター

メディカルコピーライターとは、医薬品や医療機器の販売促進のためのキャッチコピーや広告、文章などに携わる仕事です。

メディカルコピーライターの仕事は多岐に渡りますが、具体例としては製薬会社からの依頼で新薬の広告を作成して薬剤師専門の雑誌に掲載する、MR(製薬会社の医療情報担当者)が各所に配る配布物に入れる文言の提案する、新薬の添付文書やインタビューフォームを作成する、といったものがあります。


特に、薬の添付書類やインタビューフォームの作成はメディカルコピーライターの仕事の中でも重要度が高いものとされ、心身の負担が大きなものとされています。これは、薬に関する膨大な資料から、重要かつ必要な部分を見極めて抜き出す作業があるためです。

メディカルコピーライターはメディカルライティングと同様に「書く」という仕事ではありますが、その仕事の性質上、製薬会社などではなく医療系の広告代理店への勤務が多い傾向にあります。


メディカルライターの給与



メディカルライターは、メディカルライティング・メディカルコピーライターの違いを問わず、医学・薬学の専門知識を持つ人の需要が大変高い傾向にあります。

しかしながら、まだまだ知名度が低い業種であることも手伝い、需要に供給が追いついていない状況にあります。

そのため、薬学の専門家である薬剤師は引く手あまたな状態で、給与水準も比較的高いとされています。年収の相場は、未経験の方で最低400万円程度で、中には500~600万円程度の給与が提示されている場合もあります。

また、スキルや実績を積み重ねることで昇給やキャリアアップを望める業種となっており、3年程度キャリアを積むことで年収800万円も十分狙えるとされています。


メディカルライターのメリット・デメリット



メディカルライターのメリット・デメリットをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

メリット

・薬剤師資格を活かした仕事をすることができる
・売り手市場のため、給与水準が高い
・実力、実績次第では昇給やキャリアアップが狙える
・独立してフリーライター、薬剤師ライターとして活躍できる

デメリット

・仕事内容が病院薬剤師や調剤薬剤師の業務とは全く異なるため、薬剤師としてのキャリアアップに経験が役立たない
・ある程度の語学力、文章力、文書作成能力が求められるため、適正の有無がはっきりしている


メディカルライターに向いている人


書くこと、調べることが苦にならない

メディカルライターは、メディカルコピーライター・メディカルライティングどちらに進むとしても、文書を作成する、コピーライティングを行うなど、常に「書く」ことを続けていかなければならない仕事です。

業務中は文字や文章を格闘することになるため、長時間文書や書類、資料や本などと接し続けられるタフさが必要となります。

また、正確かつ迅速な文書・報告書作成が求められるため、資料などから必要な情報を抽出するための調査力・情報収集能力も求められます。

幅広い業務を一手に引き受ける柔軟さがある

メディカルライティングの場合、複数の文書や報告書の作成を同時進行で行うことが少なくありません。また、メディカルコピーライターの場合は、ライター業務の他に、企画提案や編集など幅広い仕事を一人で担当するのが基本となっています。

そのため、様々な仕事や案件に柔軟に対応でき、複数のラインの業務を同時に進行できる器用さを持った方が向いていると言えるでしょう。

在宅で仕事ができる

メディカルライターの勤務先は、製薬会社や医薬品メーカー、医療系の広告代理店などが主となっていますが、最近は在宅ライターにお仕事を外注するケースも増えて来ています。

現状、メディカルライターは製薬業界や医療業界において重要な役割を担っているにも関わらず、その数はまだまだ少ない状態となっています。

そのため、メディカルライターを求める企業側は働きやすさを重視し、ライター獲得のため「在宅勤務可能」「土日祝日休み」といった条件を提示するケースが増えてきています。

品質が高い原稿や文書、報告書を納期厳守で提出してもらうことができれば、勤務形態は問わないという訳ですね。ですので、在宅で仕事ができる薬剤師の方にとって、メディカルライターは狙い目のお仕事だと言えるでしょう。


メディカルライターになるには



メディカルライターになるために必須の資格などはありません。しかし、薬剤師の国家資格はその専門性から大変強い武器となります。また、合格しなければならない試験や受講しなければならない講義などもありませんので安心して下さい。

では、どうすればメディカルライターになれるのか。実はメディカルライターの求人へ応募し採用されればOKです。


メディカルライターの求人は一般の求人サイトやハローワークのデータベースになどには、まず出回らないと考えて良いでしょう。その理由は専門性が高く、一般に広く募集する職種ではないからです。

そのため、求人を効率的に探すには薬剤師専門の転職支援サイトや求人サイトをチェックするのが一番です。ただし、メディカルライターの求人は他の求人と比較すると数が少なく、非公開求人となっているケースがほとんどです。


非公開求人を閲覧し応募するには、そのサイトごとの条件をクリアする必要があるケースがほとんどですので、まずは無料で利用できるサイトのキャリヤコンサルタントやアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

コンサルタントやアドバイザーは、非公開案件の情報を公開してくれるだけでなく、相談者の提示した条件に合ったの求人情報を収集してくれたりもするので、ぜひ上手に利用してみて下さいね。

<薬剤師メディカルライターの求人先選び、注意点は?・まとめ>

  • メディカルライターは、ライティングで医療・医薬品業界に関わる情報を広く発信する職業
  • メディカルライターには、メディカルライティングとメディカルコピーライターがあり、それぞれ業務が異なる
  • メディカルライターに必須の資格はないが、薬剤師の国家資格は強い武器となる
  • メディカルライターの求人情報を探す場合、薬剤師専門の求人サイトや転職支援サイトを活用するのがおすすめ


メディカルライターとしての転職に役立つサイト



メディカルライターとして転職したい薬剤師の方のオススメサイトは、薬キャリです。薬剤師転職で強い実績を持っているのもありますが、メディカルライターの転職先である企業(製薬会社、SMO、医療系広告代理店など)特に強いので、転職活動では特に登録しておきたい一社です。

 薬キャリの無料登録はコチラ


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です