臨床薬剤師とは?



臨床薬剤師はアメリカで誕生した新しい薬剤師の働き方です。

従来の薬剤師が薬局での調剤や服薬指導、医薬品のアドバイスといった業務を行なっているのに対し、臨床薬剤師は医療の現場でダイレクトに患者の治療をサポートします。

ここでは日本ではまだあまり知られていない、臨床薬剤師という仕事について説明していきます。


臨床薬剤師とは

これまでは薬剤師というと、薬局で「処方箋に従って調剤をする」「症状に合った医薬品のアドバイスをする」「薬剤の飲み合わせのチェックをする」といったイメージがありました。

このようにセルフメディケーションをサポートするのも薬剤師の大切な仕事のひとつです。

しかし、最近ではこうした一般的な薬剤師とは少し異なり、医薬品の投与設計や効果予測などを通して患者の治療やケアを支援する臨床薬剤師という職業が登場しています。

米国発祥の臨床薬剤師



臨床薬剤師が誕生したのは医療先進国のひとつであるアメリカ(米国)だといわれています。

臨床薬剤師という名称は米語のクリニカルファーマシスト(Clinical Pharmacist)を日本語に訳したものです。

クリニカルとは臨床講義や臨床治療という意味、ファーマシストとは薬局や病院の薬剤師のことを指します。


アメリカにおける臨床薬剤師、すなわちクリニカルファーマシストは病院やクリニックなどの医療機関に所属し、主として病棟で患者のケアやサポートに当たっています。

主な仕事内容は医薬品の投与設計(患者に与える薬の量や服薬のタイミングなどを計画・提案する)と効果予測(どのような効果が期待できるかを推し測る)ですが、医師からの委任を受けて処方箋を作成する臨床薬剤師もいます。


現在の日本の医療現場のイメージからいえば、本来は医師が書くべき処方箋を薬剤師が作成すると聞くと少し違和感を覚える人もいるかもしれません。

しかし、アメリカの薬剤師は単なるサポートスタッフではなく、厳しい競争を経てファーマシースクール(薬学部)に入学し、ハイレベルな専門教育を受けたスペシャリストと考えられています。


これはクリニカルファーマシスト(臨床薬剤師)も同様で、高度な専門性を持つ薬剤のスペシャリストとして医療の現場でも重きをおかれる存在です。

特にアメリカの臨床薬剤師は依存型処方権(プロトコル型処方権)[※]を持つことからも、その信頼度や権限が大きいということが分かるのではないでしょうか。


アメリカでは臨床薬剤師は珍しいものではなく、医療機関のチームの一員として欠かせない存在となっています。

自らの投与設計や効果予測に基づいて医師に薬剤の投与量を提言したり、委任に基づいて処方箋を作成するのも臨床薬剤師が重要な地位を占めていることの表われといえます。

《※依存型処方権(プロトコル型処方権)とは、医師などの独立型処方権を持つ者から権限の委託を受け、医療機関内の正式な合意によるガイドラインに従って処方箋を書く権限のこと。》

日本の臨床薬剤師

アメリカでは医師への薬剤投与のアドバイスや、処方箋の作成なども可能な臨床薬剤師ですが、現在の日本の状況はそこまでは進んでいません。

日本ではまだ臨床薬剤師の歴史が浅く、育成機関の整備や資格の設定などもできていないのが現状です。

ただし、医療の現場では臨床薬剤師という職種が少しずつではありますが登場しており、今後さらにその存在がクローズアップされていくと考えられています。


日本における臨床薬剤師の位置付けは、薬剤管理指導業務を行なう薬剤師という存在になっています。

1974年(昭和49)に医薬分業がスタートして以来、病院やクリニックに対応した調剤専門薬局が次々と営業を行なうようになりました。


現在では院外処方箋率がアップして、医薬分業が確立しつつある状況といえるでしょう。

これに伴い医療機関内に勤務する薬剤師の業務は、調剤から患者の薬剤管理や指導に移行しつつあります。

患者の薬剤を管理し服薬指導を行なうという業務から次第に職域が広まり、処方された薬剤が患者に与える影響や副作用の有無、適切な投与量の推測といった業務へと進んでいっているケースも見られています。


一般の薬剤師と臨床薬剤師の違いは、専門的な知識や経験を基にした投与設計や効果予測、薬物動態の計算、医師への提言など一歩進んだ薬剤管理指導業務を行なうか(行なえるか)どうかという点にあるといえます。


日本薬学会では薬剤管理指導業務について「入院患者の薬歴管理と服薬指導を介して薬物療法への認識を向上させる」「患者から得られた情報を医師にフィードバックして薬物療法を支援する」[※]と解説しています。


臨床薬剤師も薬剤師であることに変わりはありませんが、薬剤に関連する臨床分野で専門性の高い薬剤師であると考えていいでしょう。

次に臨床薬剤師の仕事内容や、臨床薬剤師に求められるものは何なのかを具体的に紹介します。

《※公益社団法人日本薬学会「薬学用語解説」より。》


臨床薬剤師の仕事内容

薬歴管理



患者の服用している医薬品の履歴である薬歴をチェックし、各々の服用歴の作成・管理を行ないます。併せて患者や家族とコミュニケーションを取り、過去に医薬品の服用で副作用などの影響が出た経験がないか、体調への影響の有無などのリサーチも行ないます。

こうして作成した服用歴は薬剤の重複投与や副作用の防止、服薬指導の重要なデータとなります。

効果予測

個々の患者の年齢や性別、体格、薬歴などを基に投与される薬剤の効果を予測します。

服用する薬が患者の体内でどのように吸収されて効果を発揮するか、薬物が血中でどのように分布するか、代謝や排泄の過程を解析する薬物動態の計算や判断も重要な要素になります。

服薬指導

患者や家族などに対して処方薬の効果や適切な服用方法、服薬する意義などを専門家の立場から指導します。

患者が小児や高齢者であるなどの場合は、相手が理解しやすい言葉で説明を行なう必要があります。

質問にも分かりやすく答え、適切な服薬が行なわれるようサポートします。

投与設計

薬剤の血中濃度などのデータから、薬物速度論を応用した投与量の設計を行ないます。

個々の患者に対して最適かつローリスク・ハイリターン(最大の効果と最小の副作用)を導き出し、医師やチームに対して専門的な立場から投与量や投与タイミング等の提案をします。


臨床薬剤師に求められるもの

薬物療法に関する高度な知識

医薬品という患者の体内に直接摂取される薬剤を取扱う臨床薬剤師には、薬物療法に関する専門的な高い知識が必要です。

投与設計や服薬指導を行なう職種として、薬物治療、薬物動態、薬物速度論、血中濃度分析、薬物濃度解析、依存耐性メカニズム、副作用発現など多岐にわたる知識が求められます。

客観的視点と倫理的視点

臨床薬剤師は各種データの収集や解析を通して、薬物の投与設計や効果予測を行ないます。しかし患者は一人の人間であり、収集されたデータや解析だけですべてを推し測ることはできません。

また、一見同じような条件に見える患者でも、同じ投与量の薬剤の効果が違っていたり、副作用の出方が異なることもあります。データに偏ることのない客観的かつ倫理的な視点が常に求められてくるでしょう。

高いコミュニケーション能力

臨床薬剤師の仕事は患者や付添いの家族、担当医師などの医療チームとのコミュニケーションが欠かせません。

患者や家族への服薬指導や質疑応答を通じて、必要な情報を的確に得る能力、専門的な立場から医師の処方箋をチェックし、必要であれば疑義照会(確認)を行なえる信頼関係を築くためのコミュニケーション能力が必要になります。


臨床薬剤師は日本国内では、まだ広く知られている職種とはいえません。しかし欧米ではすでに医療現場にはなくてはならない存在となっています。

国内の大学にも臨床薬剤科が設けられるなど、医療薬学の将来を担う人材の育成が進められるようになってきました。

今後はさらにテイラーメイド医療(個別化医療)のキーパーソンのひとつとして、臨床薬剤師が注目されていくと考えられています。

<臨床薬剤師のまとめ>

  • 臨床薬剤師は米国発祥の医薬品のスペシャリスト
  • 欧米では医師の委託により処方箋を書くことも…
  • 調剤だけでなく薬剤の投与設計や効果予測も行なう
  • 薬物療法の高度な知識やコミュニケーション力が必要
  • 日本のチーム医療でも今後は欠かせない存在になる

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です