病院薬剤師の悩み、医者との人間関係について



病院薬剤師はスキルアップができるなど魅力の多い仕事ですが、一方では「医者との人間関係がむずかしい」「医師とトラブルになりやすい」といった問題もあります。

実際の現場ではどのような問題があり、病院薬剤師が医者とうまくやっていくにはどうすればいいのでしょうか?


医者と病院薬剤師の関係性について



病院には医師、看護師、検査技師、理学療法士など多数の医療従事者がいます。薬剤師もその一員ですが、職場が薬局内に限られていて他スタッフとはあまり接する機会がないという現場も少なくありません。

医薬分業の推進

近年では「医薬分業」が推進されており、医師は診断によって処方箋を交付し、薬剤師はその処方箋の内容を確認して有効性や安全性をチェックするという流れができつつあります。これは医者と薬剤師がそれぞれの専門性を活かし、より医療の質を向上しようという目的にしたがったものです。

ところが実際の現場では薬剤師が処方箋をチェックして「医師への疑義照会」を行なうとトラブルの原因になるというケースが多数発生しています。

それは病院などの医療の現場ではあくまでも医者が主体であり、看護師や薬剤師などの医療スタッフは医者の指示によって業務を行なう存在というイメージが定着しているためです。

チーム医療の普及

医薬分業とともに近年進捗しているのが「チーム医療」です。チーム医療とは医師や看護師、検査技師、薬剤師などの医療スタッフが1つのチームとなり、より質の高い医療を患者さんに提供するという考え方です。

このチーム医療でも「主」となるのは医者で、その他の医療スタッフは「従」の存在であるケースが多く見られます。本来であれば医者を含めたすべてのスタッフが対等の関係であり、お互いの専門性に基づいた意見交換ができるというのが理想でしょう。

しかし、現状では本来のチーム医療の役割が十二分に果たせているとは限らないのが医療の現場といえるのかもしれません。


実際にあった医師と薬剤師のトラブル・・・



次に医師と薬剤師のあいだで実際にあったトラブル例を紹介します。もしかすると、みなさんのなかにも同じような経験をした薬剤師さんがいらっしゃるかもしれません。

薬剤師の疑義照会に切れる医師

病院薬剤師のAさんは医師Bの交付した処方箋のなかに、相互作用を起こす恐れのある処方を発見しました。Aさんは「まさかB先生がこんな処方をするかしら?」と疑問を感じたものの、患者さんに調剤薬を渡すことに不安感を抱き、勇気を出して医師に電話で疑義照会を行ないました。

するとB医師はいきなり怒り出し「薬剤師に何が分かるんだ!」「黙って調剤していればいい!!」と切れられてしまったのです。


驚いたAさんは処方箋のまま調剤を行なって患者さんに渡しました。後から薬局の先輩薬剤師にその話をすると、「B先生に疑義照会をするなんて怖いもの知らずね」と笑われたそうです。

疑義照会については薬剤師の第24条で「処方箋に疑わしい点があれば医師に確かめた後でなければ調剤してはならない」と定められています。しかし、実際の現場では薬剤師が疑義照会をすることは「医師の処方に文句を付けた」と解釈されることもあるとAさんは知ったのです。

薬剤師の提案を無視する医師

チーム医療を提唱する総合病院で働いている薬剤師のCさん。あるとき、患者さんの薬物療法について新薬のDという医薬品を提案してみました。この医薬品は患者さんの症状に適応しており、これまでの薬よりも高い効果が期待できると考えたからです。

ところがCさんの説明が終わらないうちに、E医師が話をさえぎるように別の話題を持ち出してきて新薬の話はなかったことになりました。「何がいけなかったのだろう?」と悩む薬剤師のCさんに対し、同じ医療チームの看護師は「E先生は新薬が嫌いだから、これからはそんな話はしないでね」と釘を刺してきたのです。

チーム医療で薬剤師が薬物療法の提案をしないとなると、チームに参加する意義の大半がなくなってしまいます。「私は何のためにチームに存在するのだろう」と悩むCさんですが、その後、E医師のチームからは外されてしまったとのことです。


病院薬剤師が医師とうまくやっていくためには



薬剤師の多くは「薬学の知識や技術を用いて患者さんの役に立ちたい」と考えています。その結果が上記のトラブル例のような疑義照会や医薬品の提案につながっているのです。しかし、医師のなかには薬剤師から意見を出されるのを好まない人がいるのも事実です。

病院薬剤師として医師とうまく付き合い、患者さんの役に立つ仕事をするにはどうすればいいのでしょうか?

医師の信頼を得る努力を

ある薬科大学の調査によると、「医師が考える薬剤師の仕事」は調剤・医薬品情報・医薬品管理・服薬指導・処方チェック・薬学的知識の順だという結果が出ています。

つまり医師の立場から見ると、薬剤師は調剤や医薬品情報等を主に担当する存在で、処方チェックや薬学知識の活用は優先順位が低いということです。


薬剤師にとっては残念なことですが、そのように認識されているという現実をまず理解しなければなりません。この調査でも「医師が薬剤師に望むこと」として、薬物療法や安全管理とともに、患者サービスや薬剤師レベルの向上を求める回答もありました。

処方チェックや薬学知識を医療の現場で役立てるには、上記のような医師の認識を変えられるほど信頼される存在になる努力が必要になるでしょう。

薬物治療の提案は慎重に

上記の調査のなかに「医師が薬物療法で薬剤師に望むことは?」という質問があります。最も多い回答は「医薬品の詳細な情報」で、「薬物治療のアドバイス(提案)」は全体の10%程度、「併用薬の相互作用」や「副作用情報」は5%程度に留まりました。

それでは薬剤師が医師に疑義照会したり、薬物治療の提案を行なうことはタブーかというと必ずしもそうではありません。医師のなかには薬剤師に対して処方チェックや組織への参加を望んでいる人もいます。


薬剤師が現在の職場で医師とうまくやっていくには、そうした理解のある相手からアプローチしていくという方法も有効です。薬剤師の仕事に対して期待を持ち、理解してくれる医師にアプローチしていくことによって、病院での薬剤師の地位も向上していくと期待されます。

医師と薬剤師の関係を良好に保つのは、なかなかむずかしいものです。なぜなら、病院(経営者)側は薬剤師よりも医師のほうを大切にする傾向があるからです。もし現在の職場で医師とうまくやっていけないと悩んでいるなら転職という選択肢もあります。


薬剤師の転職には薬剤師専門の転職支援サイトの利用がオススメです。薬剤師専門の転職支援サイトを利用すると、希望条件に合った求人先が探せますよ。

薬剤師の転職に詳しい専任アドバイザーが親身に相談に応じてくれますので、上手に活用しましょう。

<病院薬剤師の悩み、医者との人間関係についてのまとめ>

  • 薬剤師が医師に対等に意見を言うと問題が起こりやすい
  • 医師への疑義照会や薬物治療の提案でトラブル発生も
  • 近年では医薬分業やチーム医療が進んでいるのも事実
  • いまだに医療の現場での薬剤師の地位は低い状況もある
  • 医師の立場や考えを尊重し、うまく付き合っていきたい
  • 医師とのトラブルが深刻なら転職という方法も有効かも



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です