薬剤師からCRAへの転職の注意点は?



薬剤師で「企業のCRAとして働きたい」という人が増えています。CRA(臨床開発モニター)の主な就業先は民間の治験支援会社ですが、給与レベルが高くオフィスワークができることから転職先として大人気になっているのです。

ここでは、CRA(臨床開発モニター)の仕事内容や、薬剤師がCRAに転職する際の注意点について解説します。


CRA(臨床開発モニター)とは?仕事内容は?



CRAとは製薬会社が新薬開発のときに行う治験業務をサポートする仕事です。一般的な調剤や服薬指導、健康相談とは少し傾向が異なる仕事のため、なかなか明確なイメージが湧かないという人もいるかもしれません。次にCRAの仕事内容を具体的に挙げてみましょう。

治験の準備

CRAは治験プロジェクトの案件が決定後、プロトコル(計画書)の作成を行うとともに、治験を依頼する医療機関と責任医師を選ぶ作業をスタートします。病院と医師が決まったら交渉と契約治験目的や内容の説明、スケジュールの確認、同意書の取得などの準備を行います。

モニタリング

治験が開始されたら、CRA本来の主業務であるモニタリングのスタートです。

モニタリングの主な目的と内容としては、

・治験が適切に実施されているか?
・得られたデータが正確で信頼できるものか?
・被験者の権利や安全が守られているか?

などの観察や監視が挙げられます。

CRAはモニタリングに基づいた記録を作成し会社に状況報告をします。

治験中の諸業務

治験を依頼した医療機関の責任者(病院長など)への挨拶や報告、医事課との費用の打ち合わせ、医療スタッフ(看護師や技師など)への説明や質疑応答などを行います。

ほかにもCRC(治験コーディネーター)やDM(データマネジメント)、QC(クオリティーコントロール)など、治験に関連する担当者との連携も欠かせません。

治験完了後の業務

CRAは治験の完了後は責任医師に治験終了を伝え、CRF(症例報告書)への署名をもらいます。さらにコメントの回収、関係書類のチェックを行ったのち、IRB(治験審査委員会)に治験終了報告書を提出したら業務は完了です。


CRAが人気の理由は?



薬剤師にCRAの仕事が人気な理由は大きく分けて4つあります。


(1) 給与レベルが高い
CRAの平均年収は600~700万円が相場です。薬剤師の平均年収は530万円ですから、CRAは比較的お給料の高い仕事ということになります。調剤薬局の平均年収525万円、ドラッグストアの575万円と比較しても給与レベルが高いという点は魅力的です。


(2) 福利厚生が充実している
CRAの就業先は企業のため、福利厚生がしっかりしているというメリットがあります。社会保険や厚生年金は他の就業先にもあるでしょうが、育休や産休、有給休暇などが充実している点に魅力を感じる薬剤師は少なくないようです。


(3) 開発職に携わることができる
製薬会社などメーカーの開発職は競争率が高く、なかなか就職できないというデメリットがあります。CRAはそうした開発職に携わることができるうえ、新薬に期待する患者さんに貢献できるという「やりがい」を感じられる点でも薬剤師からの人気が高いのです。


(4) 土日祝日が休みになる
企業勤務のメリットは福利厚生だけではありません。調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師ではむずかしい土日や祝日が休みになるというメリットもあります。薬剤師求人では土日休みのところは少ないので人気があるというのも納得できる話です。


CRAの求人先・給料は?


求人先は製薬会社とCROが主流

CRAの主な求人先は製薬会社とCROです。製薬会社は自社で開発する医薬品の治験業務のためにCRAを雇用しています。国内にはたくさんの製薬会社がありますが、最近では外資系の製薬メーカーからの薬剤師資格を持つCRAの求人も増えているようです。

ただし、日本企業・外資系企業を問わず、製薬会社(メーカー)への就職は狭き門となっています。その理由は求人数に対して応募者が多いという点にあります。採用は経験者が優先される傾向があり、未経験の転職組は不利になることが多いのです。

CROからの求人は未経験可が多い

CROとは、製薬会社などから治験を依頼されて業務を行う開発業務受託機関です。名称は機関となっていますが、一般の民間企業なので特別な会社というわけではありません。CRO企業では治験代行や市場リサーチを請け負い、製薬会社の業務や新薬開発のサポートを行っています。

治験業務の代行を行う関係上、CROからのCRA求人も多数あります。CROは未経験者可の求人も多数あるため、転職を考えるならねらい目の就職先といえるでしょう。国内企業だけでなく外資系のCROも増えています。

CRAの給料・年収の相場

CRAの平均的な月収は43万円、年収でいうと650万円程度です。勤務先によって多少の違いがありますが、月収40~45、年収は600~700万円くらいが相場と考えればいいでしょう。経験や能力があれば年収800~1000万円というCRAもいます。

転職時は年収600万円程度でも、勤務年数や年齢が上がれば700万円超、成績次第では800万円超も可能ということです。


標準的な薬剤師と比べると高レベルの収入が得られるCRAの仕事ですが、すべての企業が高給料とは限りません。未経験者ですと、転職先によっては年収300万円台という求人先もあります。特に初任給は低く設定されているケースが多いので、最初から高収入を希望している場合は事前にしっかり下調べをしておきましょう。


CRAへの転職の注意点は?



CRAは高収入や新薬開発に携われる仕事内容、土日休みなど、薬剤師にとってメリットの多い仕事です。といっても良いことばかりあるというわけではないのも事実です。CRAに転職する場合は次のような点に注意する必要があります。

出張が意外に多い

少し意外かもしれませんがCRAは出張が多い仕事です。治験依頼先が地元の病院やクリニックならいいのですが、距離の離れた場所にあると出張ということになります。治験期間は長いので、たびたび出張したり泊りがけの出張という場合もあります。

CRAの仕事は出張が多いだけでなく、残業や休日出勤が多いというケースも見られます。土日休みだからと企業に転職したのに、当てが外れてしまったと感じる人もいるかもしれません。こうした事情から、生活が不規則になる可能性もあるので注意してください。

薬剤師としてのスキルが低下する

CRAはデスクワークや治験のモニタリングが中心業務のため、薬剤師としてのスキルが落ちることがあります。ずっとCRAとして働く場合は問題ないものの、調剤薬局やドラッグストアに転職しようとすると勉強し直しとなるケースが多いようです。

病院勤務からCRAに転職し、再び医療の現場に戻ろうとするとカルテを読むスキルが低下していたという例もあります。いずれにせよCRA以外のスキルが落ちるのは仕方ないことと考えておきましょう。

やりがいを感じられない

新薬開発に携われるCRAの仕事ですが、残念なことに「やりがい」を感じられないという薬剤師もいます。その理由としては、患者さんやお客さんと直接的に関われない、調剤業務のように自分の技術をダイレクトに使えない、いろいろな場所で多様な人と接しなくてはならない等が挙げられるようです。

CRAの主な業務はモニタリング(観察)ですから、薬剤師としての物足りなさを感じてしまう場合もあるようです。転職を考えるなら、こうした仕事であることを理解しておく必要があります。

CRAならではのプレッシャーも

CRAには病院や薬局の仕事とは違ったプレッシャーもあります。主業務であるモニタリングでは多数のチェック項目があり、見逃しは大きなミスにつながる点や、臨床試験の実施基準であるGCPを遵守しているのかを監視する義務がある点、医師など医療のプロとのやりとりをしなければならないという点など、強いプレッシャーを感じるCRAも少なくありません。

ほかにもCRO勤務であればクライアントである製薬会社からのプレッシャーもあり、強いストレスを感じるCRAもいます。

<薬剤師からCRAへの転職の注意点は?のまとめ>

  • CRAは新薬開発の治験をサポートする仕事
  • 転職先は製薬会社またはCRO(受託機関)が主になる
  • 人気の理由は高年収や土日が休み、福利厚生の充実など
  • 開発職に携われることも薬剤師人気が高い理由のひとつ
  • CRAの平均年収は650万円だが転職は競争率が高い
  • 出張が多い、CRAならではのプレッシャーがある

CRAへの転職におすすめの薬剤師求人サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です