薬剤師の転職年齢、いくつまで大丈夫?



薬剤師の転職は一般のサラリーマン・OLに較べて断然有利ですが、「年齢がネックになるのでは?」と気にする方も少なくありません。確かに薬剤師の転職でも、年配の方より若い方が有利です。ですが、より詳しく見ていくと、どこに転職するかによっても状況は違ってきます。

ここでは、転職先ごとの薬剤師の転職年齢について見ていきます。


薬剤師の転職先:調剤薬局の場合



調剤薬局に転職する場合、薬剤師の年齢はほとんど問題になりません。20~30代はもちろんですが、40~50代でも十分に転職が可能です。調剤薬局は求人数が多いという特徴があり、条件次第では60代でも転職が可能になるでしょう。

単一薬局への転職

オーナーが1店舗のみを経営するのが単一薬局です。薬剤師であるオーナーや家族プラス従業員で運営するスタイルが多いという特徴があります。経営者に気に入られれば年齢に関わらず採用されますが、人柄や人間性、相性などが重要になる転職先です。

中規模薬局への転職

地元エリアに5~20店舗のチェーン展開をしている調剤薬局です。薬剤師の年齢層としては20~40代が中心ですが、経営者の方針や人手不足などの要素があれば50代でも転職可能でしょう。経験や実力がないと転職後にかなりの勉強が必要になります。

大規模薬局への転職

大手薬局チェーンなど、全国的に50店以上の出店がある調剤薬局です。20~30代の薬剤師の転職が多く、40代になるとこれまでの経験や実績が重視されます。仕事はハードで体力的な負担も大きいので50代以上の転職も可能ですが、転職後に仕事に付いていくのは多少大変かもしれません。


薬剤師の転職先:病院の場合



病院への転職でスキルアップやキャリアアップを図る薬剤師は少なくありません。診療に関わることができる点、カルテを読める点、患者と密接に触れ合える点など、仕事のやりがいやステイタスを感じる薬剤師もいます。

20代薬剤師の転職

20代の薬剤師の場合、病院への転職は実力次第で可能です。研修制度が整っているケースが多いため、経験不足でも大きな心配はないでしょう。託児所付きなどママさん薬剤師にも活躍の場があります。ただし、調剤薬局やドラッグストアより平均年収は低くなります。

30代薬剤師の転職

30代前半の薬剤師の場合、病院への転職には大きな問題はありません。病院勤務の経験がなくても研修制度が整っている求人先を選べば転職は可能です。30代後半の場合は多少の経験が必要になりますが、やる気があれば転職を成功させられるでしょう。

40代薬剤師の転職

病院への転職は40代前半までが目安です。といっても、かなりの経験や実績がないと病院への転職はむずかしいかもしれません。転職できても職場に馴染む努力がないと成功が困難になります。

40代以降の薬剤師の方なら、療養型の病院やリハビリテーション科への転職が狙い目です。


薬剤師の転職先:ドラッグストアの場合



ドラッグストアは調剤薬局と同じく薬剤師求人数の多い転職先です。求人先を大きく分けると、調剤業務のある併設型ドラッグストアと健康相談や販売のみのOTCドラッグストアがあります。どちらも年齢を問わず転職が可能です。

調剤薬局併設型ストアへの転職

ドラッグストア内に調剤薬局があるというスタイルの店舗です。薬剤師の仕事は調剤や相談の対応が主ですが、状況次第では販売や商品整理などの雑用を行う場合もあります。

先ほど書いた通り年代を問わず転職が可能ですが、より「薬剤師らしい仕事」ができること、仕事における雑用の比率が少ないことも考えると、ご年配の方は調剤併設型のドラッグストアを希望された方がよいでしょう。

OTC販売型ストアへの転職

調剤薬局が併設されておらず、OTC医薬品の販売や健康相談、レジ打ち、商品出しなども行う転職先です。年齢問わず転職が可能な求人先ですが、薬剤師として採用されても多様な雑務を担当する可能性が高いという問題があります。

調剤併設型に較べて雑用の負担が重いため、中高年以上の方の転職はオススメできません。

ドラッグストア全般への転職

20~30代の薬剤師であれば転職に関する大きな問題はありません。求人数が多いので転職先の選択肢は広くなるでしょう。年収レベルは他の転職先よりも高めなので、雑用があっても構わないという人に向いています。

40~50代薬剤師でも転職は可能であるものの、職場に馴染めるかどうかは本人次第です。病院や企業薬剤師から転職する場合はギャップを感じる人が多いようです。


薬剤師の転職先:企業の場合



薬剤師への求人がある企業としては、製薬会社、治験受託会社(CRO)、医薬品卸会社、化粧品会社、健康食品会社などがあります。いずれの場合も転職年齢は35歳くらいまでが目安でしょう。

年収レベルは他の転職先よりも高いものの、求人数は最も少ないので狭き門といえるかもしれません。

製薬会社への転職

薬剤師に対しては研究職、営業職(MR)、コールセンターなどの求人があります。健康相談などに対応するコールセンターは年齢に関わらず転職しやすい部署です。

研究職への転職は実績がある人優先で、それ以外の人にはチャンスはほとんどないと考えてください。営業職は未経験で30代前半、経験者でも35歳くらいまでです。

治験受託会社への転職

製薬会社からの依頼を受けて治験業務を行う会社(CRO)です。最近、ぐんぐん需要が伸びているジャンルで、薬剤師の求人も急増しています。転職年齢は30代半ばまでですが、未経験の人でも転職できるというメリットがあります。

その他の企業への転職

医薬品卸会社、化粧品会社、健康食品会社などの企業です。薬剤師の転職年齢の目安は35歳くらいで、かなりの経験や実績があれば30代後半でも可能性があるかもしれません。ビジネスマナーやパソコン(PC)スキルがないと苦労する転職先です。

<関連記事>
薬剤師、企業への転職の注意点は?


薬剤師の転職先選びの注意点



2006年に薬学部6年制がスタートし、2012年からは薬剤師の転職がむずかしくなるといわれていました。しかし、現在でも人手不足は解消されておらず、薬剤師が転職に困るといった状況には陥っていません。

その意味では転職先の選択肢は豊富ではあるものの、年齢に合わせた求人先のセレクトが必要なことも事実です。次に転職を成功させるための注意点を紹介します。

20代の転職は希望条件を絞る

20代の薬剤師はどのジャンルであっても転職しやすいのが現状です。これは雇用側が若い人材のほうが人件費を抑えられるうえに指導もしやすい、経験が少なくても教育すればいいと考えていることが原因です。

ただし転職先の選択肢が豊富なだけに、希望条件を絞って求人先選びをする必要があります。年収や知名度といった部分だけに注目せず、自分に合った転職先を選ぶようにしましょう。

30・40代は優先順位を決める

この年代は20代に比べると選択肢が狭くなります。調剤薬局やドラッグストアならば転職に困ることはありません。しかし病院や企業の場合は転職がむずかしい場合が多くなります。

転職先をジャンルで決めるのか、やりたい仕事で選ぶのか、年収や勤務条件で選ぶのかといった優先順位を決めておく必要があります。特に優先したいポイントがないようなら、バランスを重視すると失敗が少なくなります。

<関連記事>
30代の薬剤師の転職、注意点は?

40代の薬剤師転職、注意点は?

50・60代は自分に向いた職場を選ぶ

薬剤師としての経験や実績があっても、50代・60代となると転職先を探すのがむずかしくなります。

現在の薬剤師不足を背景に、調剤薬局やドラッグストアへの転職は可能ですが、職場に馴染むのに苦労するケースも少なくないという問題もあります。

年配者ならではの気配りや気遣いができるか、謙虚にイチから努力できるかといった腰の低さが大事です。このような点を考慮したうえで、自分に向いた職場を選択するのが転職成功のコツです。


年代に関わらず転職を成功させるポイントは、運任せにせず広く情報を集めることにあります。個人では分かりにくい求人先の情報も、薬剤師専門の転職支援会社に相談すると有益なアドバイスがもらえて便利です。

支援会社の担当者は、求人先がどんな年代の薬剤師を募集しているかといった傾向も把握していますので、ぜひ賢く活用してみてください。

<薬剤師の転職年齢、いくつまで大丈夫?のまとめ>

  • 調剤薬局とドラッグストアへの転職は何歳でもOK
  • ただし、職場に馴染めるかは本人の姿勢次第で決まる
  • 薬剤師資格があっても転職は若い人のほうが有利
  • 50~60代は腰の低さがあれば転職が成功しやすい
  • 病院や企業への転職は35歳までが目安になる
  • とはいえ経験や実績があれば40代での転職成功も可能

薬剤師の転職サイト、おすすめは?

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です