薬剤師の緩和ケアにおける役割



薬剤師ら医療関係者は本来、患者さんに寄り添いその健康回復に向けて全力を尽くすものです。しかしながら、悪性疾患などで予後の短い患者さんに対しては、その職務の方向性が変わってくることがあります。

予後が短く、強い苦痛に悩む患者さんに対し、その尊厳を守りながら少しでも安らかな生活をサポートする「緩和ケア」について、そこで薬剤師が果たす役割について見ていきます。


緩和ケアとは


治癒が難しい病気の痛み

日本人の死因第1位はがんであり、実に3人に1人はがんで亡くなります。がんでは異変を起こしている患部周辺だけが痛むのではなく、病勢が進むにつれて全身の炎症反応が起こり、これにより様々な苦痛、不快感が起こります。

全身の炎症反応によって体内のタンパク質が消耗され、衰弱が進むと同時に現れる全身症状には下記のようなものがあり、精神、身体の双方に及びます。

食欲不振・吐き気・息苦しい・咳、しゃっくりが止まらない・むくみ・尿漏れ・排尿できない・お腹のはり・倦怠感・やる気が出ない

末期がん患者のほか治癒が難しい重病患者に対して、患者さんと相談しながらその痛みを和らげることでQOLを向上させ、残りの生活を安らかに迎えるサポートをする医療を「緩和ケア」といいます。「終末医療」「ターミナルケア」「best supportive care」とも呼ばれます。

緩和ケアはチーム医療

緩和ケアは薬剤師個人で行うものではなく、担当医、看護師、薬剤師のほか、栄養管理士やソーシャルワーカー、カウンセラーやリハビリ専門職員、介護職員など、患者さんとその家族に関わる医療関係者員がチームとなって当たります。

回診やチームスタッフとのカンファレンスをもとに、薬剤師は医療用麻薬その他を用いて、患者さんの痛みを和らげるお手伝いをします。

緩和ケアは患者自身が望んで初めて施せるものですが、声を上げることなく痛みを我慢していたり、医師や看護師が見過ごしてしまっている患者さんも存在します。医療のために麻薬を用いることに対して恐怖や誤解があることもまた、痛みを我慢してしまう要因のひとつです。

潜在的にサポートを必要としている患者さんがいないか、週に1回全病棟を回って確認することも、緩和ケアチームの大切な仕事です。

場所や時期を選ばないケア

緩和ケアは、がん治療の末期の方だけに、入院している患者さんだけに行われるものではありません。がんの初期症状の段階からサポートの一環として提供されるべきものであり、そしてまた強制されるものでもありません。

医療スタッフや家族と相談しながら、始めたいときに、受けたい場所で受けられるべきものです。


現在治療中の病院で緩和ケアチームのサポートを受ける方もいれば、より特化した緩和ケア病棟で受ける方もいます。介護者の都合に合わせて、デイケアやショートステイとして利用することも可能です。院内であれば急変時に迅速な対応ができます。

2014年時点で、日本のがん診療連携拠点病院は397施設、緩和ケア病棟がある病院は303施設となっていて、緩和ケアについて相談を受けられる体制を整えています。


超高齢化社会の進行の中で近年特に注目されるのが、在宅医療における緩和ケアです。国民の2人に1人ががんに罹患する時代でありその患者数が多いこと、住み慣れた我が家での生活を望む方がいることから、在宅での緩和ケアニーズは一層高まるものと考えられます。

訪問看護として必要な医療を施し、入浴や食事、排泄の介助、床ずれの処置、予防など必要なサポートを行い、薬剤師もチームの一員として投薬・服薬指導・モニタリングを行います。

患者さんの日常の中に入っていく在宅医療は、より濃密なコミュニケーションを伴うものです。院内治療にもまして、「患者さんのよい最期に寄り添う」という意味を考えさせられる機会となることでしょう。


緩和ケアにおける薬剤師の役割とは


苦痛を和らげる薬の提供

緩和ケアチームの一員となった薬剤師は、患者さんの精神的、肉体的苦痛や死に対する恐怖を和らげるための薬を提供します。

がん緩和ケアの多くでは、副作用がもたらす苦痛の多い抗がん剤は使用せず、鎮痛を主目的とした薬が用いられます。医療用麻薬、抗炎症薬であるNSAIDsの選択、用量、レスキュー薬、鎮痛補助薬、その他の緩和薬の処方について、チームスタッフに提案します。

投与においては、患者さんとその家族への丁寧な服薬指導が欠かせません。患者さんの話にできる限り耳を傾け、その要望を叶えるようにします。

医療用麻薬の使用では便秘や吐き気などが起こりやすく、投与量が多過ぎれば過鎮静などの症状が患者さんの苦痛を増してしまうケースもあります。慎重な処方とモニタリング、対処が必要であり、せん妄が起きないよう抗精神剤を投与することもあります。

医療用麻薬に対する不安の払拭

症状の重さによって使用される麻薬系の薬について、患者さんと家族の不安感を払しょくしてあげることもまた、薬剤師の重要な役割です。

日本では従来「死」そのものが忌み嫌われ、これについて積極的に語ったり、よい最期を考えるという習慣がありませんでした。痛みは耐えるべきものであり、それを取り除くためであっても麻薬の使用などとんでもない、と抵抗を感じてしまう方が少なくありません。


しかし計画的に使用されれば医療用麻薬で中毒を起こすことはなく、安全に用いながら効果的に痛みを緩和することができます。

初めて医療用麻薬を用いる患者さんに対し、薬剤師から説明するシーンはよく見られます。どうして麻薬を使うのか、使い方による効果について、資料などを使って分かりやすく説明することで、不安感や恐怖を取り除き、納得してもらった上で投与することが大切です。使用薬剤の情報は、緩和ケアチームの全スタッフに共有します。

緩和ケアのやりがい



症状の進行につれて食事も喉を通らなくなり、患部が急速に大きくなったり転移が進み、余命は日単位となっていきます。肉体的・精神的苦痛もより強くなり、最終的には輸液量を絞っていくことになります。

緩和ケアチームの一員として働くということは、死に近づく患者さんと間近に接し、死について考えさせられるということであり、薬剤師自身のメンタルにも大きな負担がかかります。


一方で患者さんに寄り添い最善を尽くすことで、患者さんの「今までありがとう」という言葉、家族からの感謝の言葉を受け取り、安らかな表情を見られることが、薬剤師に大きなやりがいをもたらします。

本来の医療目的とは違った特殊な分野である緩和ケアですが、ライフワークとする薬剤師が多く存在します。薬剤師が緩和ケアに携わるようになったのはここ20年ほどのことですが、ますますニーズが高まっていく分野であることに違いありません。


興味がある方は、緩和ケア病棟や、ケアチームを置いている病院への転職を考えてみると良いでしょう。緩和薬物治療認定薬剤師の資格を目指し、支援の準備がある求人先を探すには、薬剤師専門の転職サイトの利用がおすすめです。

<薬剤師の緩和ケアにおける役割・まとめ>

  • 末期の患者さんの全身の痛みを和らげ、安らかな生活をサポートする
  • 医療関係者全員がチームとなり、潜在的な患者を見つけることも大切
  • いつでもケアを開始でき、院内だけでなく在宅でも受けられる
  • 薬剤師は苦痛を和らげる薬剤を提案し、患者の希望に沿って使用する
  • 患者とその家族の医療用麻薬への不安感を払拭するのも大切な役割
  • 薬剤師には、精神的負担の一方で大きなやりがいもある

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です