薬剤師が転職するタイミング!いつがベスト?

薬剤師,転職のタイミング

転職を成功させるには、そのタイミングを見極めることが重要です。

では、薬剤師の転職におけるベストなタイミングとはいつなのでしょうか?


年齢、お金、ライフプランなど、さまざまな観点から見たベストな転職タイミングを見ていきましょう。


その1.転職活動がしやすいタイミング

薬剤師,転職活動

薬剤師は人手不足になりやすい職業ですので、一般的な会社員と比べると転職活動を進めやすいといえるでしょう。

しかし薬剤師の場合でも、転職に有利な年齢や次の職場が決まりやすい時期があります。


周囲の人に迷惑をかけずに転職するタイミングも、合わせて確認しましょう。

転職に有利なのは何歳まで?

薬剤師の場合、25~30歳ごろであれば、有利に転職活動を進めることができると言われています。

特に未経験の職場や職種に挑戦する場合は、早めに転職がおすすめです。


この年代は、新卒で就職した職場でビジネスマナーを学んでいますし、最低限の実務経験を積んでいます。

転職後もこれらの経験を活かして活躍してくれることが期待できるということもあり、こうした若い時期での転職が有利なのです。


ただし、就職後1年未満での転職といったように、前職での勤務年数があまりにも短い場合は、転職活動においてマイナスになる場合もあります。

一方、3年目以降での転職は大きなマイナスにはならないので、勤続年数が短いうちは転職活動の準備をしながら転職のタイミングを待った方が無難でしょう。

<関連記事>:薬剤師の転職年齢、いくつまで大丈夫?

次の職場が決まりやすい時期はいつ?

薬剤師の場合、1~3月が1年のうち最も求人数が多く、転職者側も求人側も動きが活発になっています。

これは企業が、新卒採用と同様に中途採用も4月から雇用をスタートしたいと考えていることが関係しています。


また前年末のボーナスを受け取ってから1月に退職する人や、年度末である3月にキリよく退職する人が多いという側面もあります。

この時期は、他の時期ではなかなか出会えない高収入・高待遇が期待できる求人も多く出回ります。


また求人の種類も豊富ですので、転職を考えていない薬剤師の方でも、この時期の求人を一度はチェックすることをおすすめします。

ただし、1~3月の求人が多い時期は転職希望者も多く、ライバルが他の時期よりも増えるということに注意が必要です。


1~3月の求人のピークを迎える前に、転職サイトへの登録やエージェントへの相談をしておくなど、早めに準備することが転職成功のカギになるでしょう。

周りに迷惑が掛かりにくいタイミングは?

周りの人に迷惑をかけず、スムーズに転職するためにも、職場の繁忙期に退職を願い出るのは避けましょう。

繁忙期は職場ごとに異なるため、何月ごろが良いとは一概に言えません。


現在の職場の状況も考慮した上で転職のタイミングを考えましょう。

あなたが退職することで職場が人員不足になる場合、別の人を採用する必要があります。


求人広告を出してから採用が決まるまでは1か月以上かかることも多いので、できるだけ退職する3か月ほど前には申し出ておいたほうが良いでしょう。

ただし、退職の申し出から実際の退職までの期間が長い分、引き止めに合う可能性もあります。


引き止めに合っても円満に退職できるよう、真摯かつ丁寧な対応を心がけましょう。


その2.給料等で損しないタイミング

薬剤師転職,給与

ボーナスや退職金は、生活設計に大きく影響します。

そのため、「金銭的に不利のないように転職したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。


ボーナス支給後に退職するためのタイミングや転職時の退職金の扱い、有給の消化について見ていきましょう。

ボーナスをもらってから辞めるには?

ボーナスの受け取りで損をしないためには、退職を申し出るタイミングが重要になります。

ボーナスの支給日前に退職を申し出た場合、ボーナスの支給額が減額される恐れがあるからです。


ただし、個人の業績によってボーナスの支給額が変化する職場であれば、その評価期間が過ぎていれば、支給額に影響が出ないこともあります。

ボーナスの支給後、かつ退職予定日の3か月前で繁忙期を避けるとなると、時期がかなり限られるという人もいるでしょう。


職場の各規定をよく確認して、タイミングを見定めるようにしてください。

転職時、積み立てた退職金はどうなるの?

就業先の規則にもよりますが、転職すると、現在の職場で積み立ててきた退職金はリセットされるケースがほとんどです。

また退職金の支給額は勤続年数によって決まることが多く、勤続年数が3年以下の場合は退職金をもらえないこともあります。


仮に支払われる場合でも、「自己都合の退職」の場合は退職金も少なくなりますので注意しましょう。

また転職先で定年まで勤めあげる場合でも、前職で働いていた期間だけ勤続年数が短くなるため、定年時にもらえる金額は少なくなります。


現在の職場に勤め続けた場合にもらえる退職金の額をもとに人生設計をしている場合、転職前にライフプランの見直しをしておいた方がよいでしょう。

<関連記事>:薬剤師(調剤薬局)の退職金の相場は?

有給は全部消化できる?

有給休暇は労働者の権利です。

退職を申し出たタイミングで使用していない有給がある場合、基本的には使い切って辞めることができます。


ただし引継ぎに時間がかかったり、次の職場の入社日まで時間がなかったりと、時間的に有給を消化できない場合もあり、そのまま退職するという人も多いようです。

有給をできるだけ消化してから退職したいという方は、退職を申し出る前から有給取得の計画立てておくとよいでしょう。


退職前は忙しくなりがちなので、事前に少しずつ有給の消化を進めていきましょう。


その3.自分のライフプランに合わせたタイミング

薬剤師の転職,ライフプラン

結婚や出産など、ライフスタイルが変化する際の転職も、勤務体系やキャリアパスの見直しを行う良いタイミングといえます。

自分のライフプランに合わせたタイミングで転職する場合、どのような点に注意するとよいのでしょうか。

女性ならではの転職理由とは

結婚や出産・育児は生活が大きく変わるライフイベントの1つです。

特に女性の場合、配偶者の転勤についていったり、育児をしやすい環境を整えるために、仕事と家庭を両立できるような職場に転職するという方も多くいます。


薬剤師の求人の中には、仕事と家庭とのバランスを上手にとることができる仕事もたくさんありますので、求人サイトなどをこまめにチェックしましょう。

また結婚や出産というお祝い事や、介護などといった家庭の事情を理由に退職する場合は引き止めに合いにくいというメリットがあります。


今後のキャリアアップを考えている人は、現在の職場に通い続けることができる場合でも、このタイミングを上手に利用するのも1つの手です。

転職先が決まる前に辞めても大丈夫?

金銭的に余裕があるのであれば、前職を辞めてから新しい職場に就くまでに、少し期間を空けるのも良いでしょう。

今までの職場で頑張って働いてきた分、旅行に行って心身ともにリフレッシュしたり、資格を取るために勉強するなど、自身のスキルアップに充てたりするのも良いですね。


ただし、前の職場を退職してから時間が経ち過ぎてしまうと、その分ブランクが長くなるため就職に不利になってしまう場合もあります。

また少し期間を空けてから転職先を探し始めても、次の職場がなかなか決まらないと焦りを感じ始めることもあるでしょう。


転職先を決める前に退職しても大丈夫ですが、早めに転職活動をスタートさせることをおすすすめします。

<関連記事>:薬剤師の転職でありがちな失敗は?

「辞めたい」と思ったら行動を起こそう

職場や仕事内容に不満があって「辞めたい」と思っているのに、ダラダラと現在の仕事を続ける必要はありません。

「辞めたい」と思ったら他の職場に目を向けるなど、行動を起こすことが大切です。


転職活動を進めながら、働く上で自分が大事にしたい条件を見つけ、現在の職場よりも条件が良いところがあれば転職に踏み切りましょう。

場合によっては、転職をせずに現在の職場で頑張り続けられる理由が見つかることもあります。


ただし、「辞めたい」と思ったら行動に移すとは言っても、その場の勢いで退職を申し出るのはNGです。

円満に退職することが難しくなりますし、急いで転職活動をしなければならなくなります。


後悔のないよう、じっくり転職活動を進めていきましょう。


<この記事のまとめ>

  • 薬剤師の転職は25~30歳の若い時期が有利
  • 求人数が1年間で最も多いのは1~3月だが、ライバルも多いので要注意
  • 金銭面が気になる人は、ボーナス支給のタイミングや退職金のことも考慮する
  • 女性の場合、結婚や出産などのタイミングで転職する人も多い
  • 「辞めたい」と思ったら転職の準備を進めよう


女性薬剤師におすすめの求人サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です