意外と多い?薬剤師のダブルワーク



薬剤師はダブルワークをしている人が意外に多いことを知っていますか?ダブルワークとは掛け持ちで仕事をすることですが、効率良く高収入を得られる方法として薬剤師に人気があります。年収がダブル(2倍)になるとまではいかないものの、かなりの収入アップになるダブルワークについて詳しく紹介します。

薬剤師で副業をしてみたい方、収入をアップしたい方は、ぜひご参考になさってみてください。


薬剤師がダブルワークをする理由は?



ダブルワークをする薬剤師が多いのには理由があります。その代表的なものが「収入・スキル・効率」の3点です。それぞれの理由について次に詳しくまとめてみました。

収入をアップしたい

薬剤師がダブルワークをする理由で最も多いのが、「収入をアップしたい」という事情です。もともと薬剤師の平均年収は約530万円程度と低くはありません。しかし、これはあくまで平均的な金額で、勤務先によっては年収300万円台という薬剤師もいます。

そうした場合は、高年収の求人先に転職するという方法もあるでしょう。現在の職場の居心地は悪くないので転職は考えていないが、もう少し収入をアップしたいと考えるとダブルワークという方法を取る人が多いのです。

もうひとつ、現在の年収には満足しているが、ダブルワークでより稼ぎたいという薬剤師もいます。現在の仕事がそれほど忙しくなく、時間的にも体力的にも余裕があるので仕事を増やして収入アップするという考え方です。

スキルをアップしたい

ダブルワークをする理由には「薬剤師としてスキルアップを図る」という目的もあります。薬剤師の職場は調剤薬局・ドラッグストア・病院が主流ですが、それぞれに特徴があるためダブルワークによって新たなスキルを身に着けられるからです。

調剤薬局では調剤の知識やスキル、店舗を訪れる患者さんとの接し方が学べます。処方箋を調剤する技能や、枚数をこなす技術も身につけられるでしょう。ドラッグストアでは一般医薬品や日用品の知識と販売方法、商品陳列やレジ打ちなどの知識が得られます。お客さんからの健康相談が多いので、対応のスキルも勉強できます。

病院やクリニックではカルテを読むための知識や、医療スタッフと接する方法を勉強できます。最近求人が増えている高齢者施設での仕事からは、服薬指導や薬剤管理といった技術を得られるはずです。

効率良く仕事がしたい

薬剤師のダブルワークが増えている理由として、「効率良く働ける」というのも大きなポイントになっています。単一の職場で何となくルーティンワークをこなすだけでなく、時間や体力のやりくりをしながら複数の職場で働くほうがメリットが多いからです。

そのメリットとは上記で紹介した収入アップやスキルアップのほかに、飽きずにイキイキと働ける、人間関係が濃くなり過ぎず気持ちの逃げ道がある、自分が必要とされていると実感できる等が挙げられます。

ダブルワークすることで生活に無駄がなくなり、より充実した時間の使い方ができるというのもメリットのひとつです。さらに収入が増えスキルまで身につけられるのですから、やる気さえあれば効率の良い働き方といえます。


ダブルワークのメリット・デメリット



ダブルワークにはメリットだけでなく、いくつかのデメリットもあります。薬剤師でダブルワークを考えているなら、メリットとデメリットの双方を知っておきましょう。

メリット

比較的簡単に収入を増やせる

ダブルワークには正社員とアルバイト(パート)の掛け持ち、アルバイト(パート)の掛け持ちの2種類があります。どちらの方法でも短期間で収入を増やせるのが特徴です。というのは薬剤師のアルバイト(パート)時給が平均2000円と比較的高給なためです。

例えば正社員の年収が約500万円とすると、週に5時間のダブルワークをすると年間で50万円程度収入がアップします。週10時間であれば100万円の収入アップです。つまりダブルワークをするだけで年収が500万円から550~600万円にアップするわけです。

新たな知識やスキルを得られる

薬剤師のダブルワークのメリットのひとつが、収入を増やしながら新たな知識やスキルを得られるという点です。一般的に知識やスキルを身につけるためには、費用を支払って講習などを受ける必要があります。

しかし、ダブルワークをすればお金を稼げるうえに、薬剤師として新らたな知識やスキルを学ぶことができて一石二鳥です。調剤薬局やドラッグストアと病院のダブルワーク、病院やクリニックと高齢者施設のダブルワークなど、選択肢が広いのもメリットでしょう。

転職の下調べとして参考にできる

現在の職場からの転職を考えている場合も、ダブルワークは下調べとして求人先探しの参考になります。転職にはさまざまなリスクが付きものですが、前もってダブルワークで経験しておくと失敗を防ぐことができるからです。

知人からの情報や求人募集の情報では良さそうに感じられたのに、実際に転職してみると考えていたのと違ったという問題も避けやすくなるでしょう。ひとつの経験としてもダブルワークは活かすことができるというわけです。

デメリット

現在の勤務先でトラブルが起こる

ダブルワークで最も問題となるのが、現在の勤務先でのさまざまなトラブルです。仕事を掛け持ちすることで疲労が溜まり、職場でミスを起こすようでは責任を問われることになります。そこまでのことはなくても遅刻や欠勤が増えたり、忙しいときでも残業を断るなどの行動があると問題視される可能性があります。

時間的、体力的にハードになる

「今の職場はヒマだから」「シフト変更で時間が空くから」という理由でダブルワークを選ぶ薬剤師も少なくありません。始める前は容易に思えたダブルワークも、実際に働き始めると時間的にも体力的にもハードだと感じることがあります。毎日忙し過ぎて体調不良になったり、プライベートの時間がなくなっては元も子もなくなります。

職場の掛け持ちは精神的に疲れる

同じ薬剤師の仕事でも、職場が違えば業務のやり方も違ってきます。「あちらの職場では○○なのに」「こちらでは○○でもOKなのに」と愚痴を言いたくなる場合もあるようです。また、上司や同僚、患者さん、お客さん等々、接する人が増えると混乱が生じるという薬剤師もいます。こうした精神的な疲労は思いのほかツライと感じることもあるのです。


ダブルワークにおすすめの求人



薬剤師がダブルワークをするのに適した求人先とはどんなところなのでしょうか。職場別におすすめの求人を紹介します。

<ドラッグストアの夜間勤務>
ドラッグストアでシフト制勤務を採用している求人先で、夜間勤務を担当するというダブルワークです。夜間勤務の時給は割増になっており、かなり効率の良いアルバイト(副業)になります。夜間は働けないという場合でも、休日に短時間シフトに入るという方法もあります。

<医薬学や薬剤の文献翻訳>
欧米の医薬学の論文や医薬品の文献を翻訳する仕事です。主に英語を日本語に翻訳する求人が多いのが特徴ですが、他の言語でも可能なケースもあります。新開発された薬剤の参考文献や外国の製薬会社の企業情報などの翻訳業務の仕事も働きやすいでしょう。

<メディカルライター業務>
医薬品やサプリメントなどに関する記事を作成する仕事です。主としてインターネットで公開されている医薬品情報や健康情報のホームページに掲載するための記事の作成で、薬剤師の知識や経験を活かすことができます。薬剤師としての体験談を書く仕事の求人もあります。

<製薬会社のコールセンター>
製薬会社や健康食品会社、化粧品会社などのコールセンターの仕事です。主に商品に関するお客さまからの問い合わせや相談に対応する業務で、出社する仕事のほかに自宅の電話を使って仕事をするという求人もあります。在宅で働きたいという人に適した求人でしょう。

<治験関連の申請書の代行作成>
開発中の医薬品や化粧品など、治験関連の各種申請書を代行作成する仕事です。商品を発売するまでには、さまざまな申請書類を作成する必要があります。そうした書類を社員に代わって作成する業務で、薬剤師の資格や知識を活かすことができます。


以上が薬剤師のダブルワークにおすすめの求人です。副業としてダブルワークを行なうには、現在の勤務先の理解と承諾が必要になります。就業規則で副業が禁止されている場合はダブルワークを避けるか、上司の承諾を得てから始めるようにしてください。

薬剤師でダブルワークの求人探しをするなら、薬剤師専門の転職サイトを利用すると効率的です。自分の条件にマッチしたダブルワーク求人を見つけやすいので、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

<意外と多い?薬剤師のダブルワークのまとめ>

  • ダブルワークとは複数の職場を掛け持ちすること
  • 収入アップやスキルアップができてメリットが多い
  • ただし体力的にハードで体調管理がむずかしい面も
  • プライベートの時間が減る等のデメリットもある
  • ドラッグストアの夜間勤務はダブルワーク向き
  • 在宅で翻訳や申請書類の作成代行などの仕事もある


パート薬剤師に強い求人サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です