薬剤師のDI(ドラッグインフォメーション)業務とは?

DI業務とは

薬剤師の仕事といえば、薬局や医療機関で調剤や薬の管理をしたり、ドラッグストアで一般用医薬品(OCT医薬品)の販売やアドバイスを行ったりといったイメージを抱く人が多いでしょう。

しかし、薬剤師には調剤や医薬品の販売以外の仕事もあるのです。


その1つがDI(ドラッグインフォメーション)業務です。では、DI業務とはどのような仕事なのでしょうか?

具体的な仕事内容やDI業務に就職する際のポイントについて見ていきましょう。


薬剤師のDI業務ってどんな仕事?

薬剤師のDI業務

調剤や薬の販売などと違って、DI業務は人目に触れることが少なく、中々イメージしづらい仕事内容です。

具体的にはどのような業務の事を指すのでしょうか?

DI(ドラッグインフォメーション)業務とは

DIとは「Drug Information(ドラッグインフォメーション)」の略で、日本では「医薬品情報管理」と表現されることもあります。

DIの主な仕事は、医薬品の最新情報を収集し、医療関係者に素早く情報提供することです。


製薬会社でDIとして勤務する場合には、情報提供先に自社の社員も含まれます。

情報管理が仕事ですので、基本的にはデスクワーク中心の仕事となります。


薬局勤務の薬剤師と比べると、直接患者さんとコミュニケーションをとることが少なくなりますが、DIによって伝えられた最新の情報が患者さんの薬物療法の手助けになることも多々あります。

DIはまさに縁の下の力持ちのような存在なのですね。

<関連記事>:薬剤師の種類、色んな仕事内容について

色々な医療現場で行われる

DI業務は、病院などの医療機関や製薬会社など、さまざまな医療現場で行われています。

「医薬品に関する情報を集めて必要とする人に提供する」といった基本的な業務は同じですが、職場によって作業が異なる点もあります。


たとえば医療機関では、電子カルテシステムの薬剤データの登録、患者さんに渡す薬の説明書の管理、医師や看護師からの薬剤に関する問い合わせといった業務が中心になります。

一方製薬会社では、自社製品の情報の収集・管理、新開発の医薬品情報の収集・提供といった仕事が多くなるでしょう。


DI業務の具体的な仕事内容は?

DI業務,仕事内容

DI業務の仕事内容について簡単に確認してきましたが、DI業務に携わる薬剤師は、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?

DI業務の内容について詳しく見ていきましょう。

情報の収集・管理

DI業務の重要な仕事の一つが、医薬品に関するあらゆる情報を集め、適切に管理することです。

医療機関の場合は、さまざまな製薬会社が販売している薬の情報を一元管理したり、患者さんに服用してもらう薬の名称やその効果、副作用等の情報をまとめたりします。


一方で製薬会社の場合は、自社の製品の情報だけでなく、海外・国内の医薬品に関する新しい情報も漏れなく収集します。

新たに開発された医薬品の効果や使用方法、副作用、他の薬との相互作用などといった情報をまとめ、これを管理しています。


さらに、医薬品に関する文献や論文を集め、分析して管理しておくことも大切な仕事です。

<関連記事>:薬剤師の就職先で人気があるのは?

医療関係者への情報提供

DI担当者は、医薬品に関する情報を集めて管理しているだけではありません。

集めてきた情報を必要とする人達に、迅速かつ分かりやすく伝えることも、DI担当者の重要な仕事の1つです。


病院のDI室では、政府や製薬会社からリリースされた情報を精査し、医師や看護師・薬剤師など必要なところに必要な情報を伝えます。

また電子カルテから収集したデータを分析して、院内のミーティング等で発表する場合もあります。


一方で、製薬会社などの場合は、自社・他社の製品についての情報を整理し、薬を実際に使っている医療機関に対して、必要な情報を提供しています。

新しい情報については自社のHPで公開するだけでなく、重要な情報や注意喚起が必要な場合は、資料やリーフレットを作成して送付する事もあります。

問い合わせへの対応

DI業務に携わる薬剤師は、薬に関する問い合わせがあった場合に対応するという重要な役割も担っています。

患者さんはもちろん、処方箋を書く医師や実際に調剤する薬剤師、患者さんの看護を行う看護師といった医療関係者からの問い合わせにも対応します。


また製薬会社のDI担当者の場合は、患者さんや医療関係者に加え、自社の社員からも問い合わせを受けます。

医薬品のエキスパートとして働くDI担当者は、薬に関わる全ての人に薬の適切な情報を伝える仕事をしているのです。


DI業務への就職、ここがポイント!

DI業務,ポイント

DI業務の詳しい仕事内容を見て、薬局や病院などでの調剤や一般用医薬品の販売以外の薬剤師の仕事に興味を持った方も少なくないでしょう。

では、医療機関や製薬会社のDI担当者への就職ではどのようなポイントを押さえておくとよいのでしょうか。

薬剤師のDI業務、年収は?

DI業務に携わる薬剤師の年収は、医療機関の場合は約350~550万円、製薬会社の場合は約400~600万円が相場とされています。

ちなみに、医療機関や調剤薬局勤務の薬剤師の年収は約400~650万円、ドラッグストア勤務の場合の年収は約400~700万円です。


DI業務に携わる薬剤師も概ね同程度の収入が見込めると考えてよいでしょう。

製薬会社の場合は、企業の規模によっても見込める収入の額が異なります。


大企業ほど収入が高くなる傾向にあり、勤続年数によってはかなり高額になる場合もあります。

収入を重視する方は、医療機関や企業の規模も考慮して就職先を選ぶとよいでしょう。

DI業務が向いているのはどんな人?

DI業務を行う薬剤師に欠かせない第一の要素は、仕事を要領よく正確にできることです。

DI業務に携わる薬剤師は、薬に関する膨大な情報を集めて管理し、適切な情報を患者さんや医療関係者、自社の社員に誤りなく伝えなければなりません。


情報を集めるのが好きで、コツコツと進める仕事が好きという方は、DIの業務に向いているでしょう。

さらに、高い向上心を持っていることもDI業務を行う上で重要です。


医学・薬学の分野では、日夜新しい技術の開発が進んでおり、常に新しい情報が生まれています。

こういった日々更新される情報と向き合うには、高い専門性と共に向上心も必要になります。


また、患者さんや医療関係者などからの問い合わせに、臨機応変に対応できる柔軟性も大切です。

<関連記事>:薬剤師はどんな人が向いてる?適性・性格について

DI業務のやりがいは?

DI業務に携わる薬剤師は、「医薬品情報のプロフェッショナル」として働いています。

最先端の医薬品情報を収集し、その情報を必要としている人に最適な状態で提供するという点にやりがいと誇りを感じているDI業務担当者も多くいます。


また自分の仕事ぶりが、直接患者さんの健康のために役立つことも、DI業務におけるやりがいの一つです。

DI業務担当者は医療の最先端に立ち、医療従事者や自社の社員だけでなく、患者さんにも頼られる存在となります。


病院や製薬会社で、「縁の下の力持ち」として働けるDI業務は、一般的な薬剤師と同様に高収入を見込むことができ、やりがいや魅力も多い職業です。

就職・転職を考える際には、ぜひ検討してみてくださいね。

<薬剤師の仕事、DI業務とは?のまとめ>

  • DI業務の主な仕事は医薬品の情報を収集・管理し、患者さんや医療関係者に情報提供すること
  • 医療機関や製薬会社など、さまざまな場所で必要とされている
  • 患者さんや医療関係者などからの問い合わせにも対応する
  • DI業務担当者の収入は勤務先によって異なるが、一般的な薬剤師と同程度の年収が見込める
  • DI業務担当者に向いているのは、緻密さ・正確さ・向上心・柔軟性・専門性をあわせ持つ人
  • 医療関係者だけでなく、患者さんにも頼られる存在であることがDI業務の大きなやりがいの1つ


DI職への転職におすすめの薬剤師求人サイト

薬キャリ



 無料登録はコチラ



リクナビ薬剤師




 無料登録はコチラ



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です