薬剤師の転職先でデスクワーク職となるのは?

薬剤師,デスクワーク

薬剤師の仕事は立ち仕事の職場が中心ですが、中にはデスクワークの仕事もあります。

デスクワークの仕事は、立ちっぱなしの仕事に比べて圧倒的に楽な印象がありますよね。


ハードな仕事は嫌だけれど、薬剤師の資格を活かして転職したいという方には、デスクワークの仕事がおすすめです。

今回は、薬剤師の資格が役立つデスクワークの仕事をご紹介します。


薬剤師は立ち仕事がメイン?

薬剤師,立ち仕事

薬剤師の仕事は、基本的に立ち仕事がメインです。

調剤薬局や病院、ドラッグストアなど、職場は異なりますがほとんどが立ったままでの業務です。


そのため、薬剤師は体力勝負の仕事というイメージが根強くあります。具体的に見ていきましょう。

調剤薬局では1日中立ちっぱなし?

ドラッグストアや調剤薬局は、業務のほとんどを立ち仕事が占める職場です。

職場によっては、1日中立ちっぱなしというところも珍しくありません。


調剤業務はもちろん、書類の入力なども立ったまま行う職場も数多くあります。

もちろん、訪れた患者さんを接客する時も立って行うので、立ち仕事になれていない人や、体力のない人には非常につらい職場です。

病院薬剤師は、激務なのに給与が低い

病院薬剤師は、調剤業務だけでなくチーム医療に携わる等、非常に業務量が多い職場です。

座る暇などなく、常に調剤室や病院内を駆け回るのが当たり前の環境です。


しかし病院薬剤師は、忙しさに対して給与が低い職場が多いという特徴があります。

平均年収で見るとドラッグストアが約650万円、調剤薬局が約500万円なのにたいして、病院薬剤師は約450万円と最も低い平均年収となっています。


それでも病院薬剤師が人気なのは、薬剤師の資格を活かしてさまざまな業務に携われる、やりがいのある仕事だからです。

<関連記事>:調剤薬剤師から病院薬剤師への転職は大変?


薬剤師でデスクワークが中心の仕事は?

薬剤師,デスクワークの仕事

薬剤師の資格を活かして働けるデスクワークの仕事を探すなら、製薬会社が狙い目です。

製薬会社はデスクワークの仕事が多く、給料や待遇も安定しています。


具体的な業務内容について、見ていきましょう。

研究・開発職

製薬会社の中でも特に人気が高い仕事で、薬剤師の資格や知識を最大限に発揮することができます。

仕事は新薬の開発や研究、データ分析などが中心のため、デスクワークが基本です。


新しい薬を開発するというやりがいもあり、休みも取りやすい事から、非常に人気の高い職場のひとつです。

しかし、製薬会社の中でも花形業務ということもあり、競争率は非常に高いです。

DI業務職

DI業務とは、医薬品に関する情報提供を行う仕事です。

DIとはDrag Information(ドラッグインフォメーション)の略です。


自社で扱っている医薬品のデータやそれに関連する情報を取りまとめ、医療機関や小売店などに提供します。

データを扱う仕事のため、基本的にはデスクワークです。立ち仕事はほとんどないと言っていいでしょう。


DI業務職は製薬会社勤務の方が多いですが、化粧品メーカーや健康食品メーカーなどでも活躍できます。

また、大手ドラッグストアチェーン店や大規模病院でDI業務職を募集しているところもあります。

<関連記事>:薬剤師のDI(ドラッグインフォメーション)業務とは?

学術業務職

学術業務職は、製薬会社の中でも、特にデスクワークが多い職種です。

様々な医薬品の情報収集を行い、自社の開発や営業に役立てます。


国内外から様々な情報を集めて資料作成をするため、薬剤の知識だけでなく英語力なども必要です。

また、MRと呼ばれる営業担当のためのマーケティング資料を作成するのも学術業務職の役割です。

求人情報などでは「学術・DI担当」とひとくくりにされるケースが多く、実際の職場でもこういった業務を分担せず、一手に引き受けていることも珍しくありません。

コールセンター業務

コールセンターで働く薬剤師は、ユーザーから寄せられた質問に電話で答えるのが仕事です。

一般の消費者だけでなく、医療従事者からの問い合わせにも対応します。


コールセンター業務はパソコンの前に座って電話を受けるのが基本スタイルなので、完全なデスクワークです。

ユーザーからの質問に的確にこたえる知識とコミュニケーション能力が必要なので精神力が必要ですが、体力的には比較的楽な仕事でしょう。


薬剤師としての知識も活かせるため、やりがいのある仕事です。


デスクワークの職場への転職、注意点は?

薬剤師の転職,デスクワーク

デスクワークが中心の職場と言っても、全てが楽な仕事とは限りません。

デスクワークの職場に転職する場合の注意点をまとめました。

デスクワークでも実はハード?

デスクワークの仕事の中でも、多数の業務を掛け持ちする仕事はハードです。

たとえばコールセンター業務の薬剤師は、本来なら電話対応のみの仕事のはずです。


しかし、職場によっては単一の業務ではなく、メインの業務以外のことを頼まれることも珍しくありません。

電話対応だけでなく、学術業務全般の仕事を任されるというケースもあります。


このように、一人で多数の業務を請け負う場合は、デスクワーク中心と言ってもハードな仕事になりがちです。

<関連記事>:転職体験談(43):大手製薬メーカーのMRから門前薬局へ転職

PCスキルはどれくらい必要?

デスクワークの仕事は体力がいらない代わりに、PCスキルを求められるケースが多いです。

どのような業務内容かにもよりますが、PCスキルが乏しいと採用は厳しい事もあります。


「簡単な入力作業くらいしかできない」という方は、できるだけPCスキルを身につけておきましょう。

たとえ業務内容が「電話対応のみ」という募集内容でも、問い合わせの記録を残すなどの目的で、必ずPCを扱う場面が出てきます。


デスクワークの仕事を目指すなら、一定以上のレベルのPCスキルは必須です。

デスクワークの薬剤師求人は少ない?

調剤薬局やドラッグストアと比べ、デスクワークは薬剤師の求人数が少ないです。

しかもデスクワークの求人は人気が高いため、倍率も高くなります。


より自分の希望に合った求人を探すためには、普通の求人サイトではなく、薬剤師求人に特化した転職サイトに登録するのがオススメです。

サイトによって掲載内容も異なりますので、できれば複数のサイトに登録して、こまめにチェックするようにしましょう。


条件の良い求人が見つからない、自分ひとりで転職活動をするのは不安、という方は、キャリアアドバイザーを活用するのがオススメです。

求人を紹介してくれるだけでなく、面接の対策や勤務条件の交渉など、色々な面であなたの転職をサポートしてくれますよ。

<この記事のまとめ>

  • 薬剤師は立ち仕事だけではなくデスクワークの職場もある
  • 病院や調剤薬局など、職場によっては一日中立ちっぱなしのことも
  • 製薬会社勤務の薬剤師はデスクワークが多め
  • デスクワークでも意外に忙しい職場もあるので要注意
  • 積極的にキャリアコンサルタントを活用するのが転職の鍵

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です