薬剤師、企業への転職の注意点は?



薬剤師の転職先というと、調剤薬局やドラッグストア・病院を思い浮かべる人がほとんどですが、それだけではありません。一般企業でも薬剤師を採用しています。特に、製薬会社は新卒の薬剤師からすると花形の就職先と言われています。

ただし、企業の求人状況や転職事情は、調剤薬局など薬剤師にとって典型的な転職先とは大きく異なります。ここでは、薬剤師が企業へ転職する上での注意点について解説します。


企業薬剤師の活躍の場は多様

一口に企業薬剤師といっても、その勤務先・仕事内容はさまざまです。たとえば製薬会社に勤務するしても、研究業務・開発業務・MR・学術業務など多様です。ここでは、企業薬剤師の職場や仕事内容の特徴を簡単に紹介します。

勤務先は、製薬会社・CRO・化粧品会社など多様

上でも書いた通り、薬剤師の転職先企業の種類はさまざまです。製薬会社以外では、医薬品卸、CRO(治験受託会社)、化粧品会社、健康食品メーカー、製薬関連の出版・企画会社などです。

要は、医薬品・薬学に関連する業種を扱っている企業は対象になりえます。

この中で、特に求人が増えているのがCROです。この点はまた改めて取り上げます。

人気が高い研究職、ただし狭き門



企業薬剤師の中でも特に人気が高いのが、製薬メーカーの研究職です。薬剤師の他の職種と較べても給与が高いこと、新薬を開発するという使命感に燃える薬剤師が多いこと、また一般に尊敬されやすい職種であること等が影響しています。

ただ、現実に転職するとなると、非常に狭き門です。


前職で研究職として目に見える実績を上げていないと、転職活動で選考段階に残ることさえ難しいでしょう。この事情は新卒薬剤師も同様で、一流大学の博士号(悪くても修士号)がないと、大手製薬メーカーへの就職は難しいと言われています。

製薬メーカーの研究職について、詳しくは下記をご覧ください。

<関連記事>
薬剤師、研究・開発職への転職は?

MRは高収入だが、人気は低迷中

企業薬剤師の中でも高収入と言われる職種の一つが、MR(医薬品の営業)です。転職先は製薬メーカーになりまして、実績が順調に上がれば30代での年収1000万も夢ではありません。これは、同年代の薬剤師の平均年収と較べてかなり高めです。


ただし、営業だけあって仕事のプレッシャーはかなりのものです。医者と3分話すために病院の裏口で3時間待っていられるメンタルが求められます。

また、MRになるのに薬剤師の資格は必要ありません。こうしたこともあり、以前に較べて薬剤師の転職先としての人気が低迷しているのが実情です。

人気上昇中は開発職、特にCRO

かつて臨床開発や治験は製薬メーカーの社内で行っていましたが、最近では外部の企業に委託する動きが広がっています。この開発業務や治験業務を受託する企業が、CROです。

CROの業務拡大に合わせて、開発職を担える薬剤師の求人が増えています。

製薬メーカーですと、開発職さえ未経験での転職は難しいですが、CROなら未経験での転職可能な求人はそれなりにあります。開発職に興味のある方は、一度検討することをオススメします。

学術・薬事職は仕事範囲が広い

臨床開発ほど求人は多くないものの、企業薬剤師として一定の求人数があるのが、学術・薬事業務です。ただ、そのカバーする仕事範囲は広く、少し分かりづらくもあります。

学術業務とは、医薬品情報の照会に対して回答する業務(DI業務)、コールセンター業務、メディカルライター業務などを含みます。薬事業務とは、厚生労働省への申請業務(薬事申請)や医薬品の品質管理を指します。

実際の募集で、これらの一部を指すのか全体を指すのかは企業によって異なります。応募の際には、業務内容をきちんと確認するとよいでしょう。

<関連記事>
学術薬剤師へ転職する前に知っておきたいことは?


企業薬剤師の求人の特徴は?



ここでは、企業薬剤師の求人募集の特徴を見ていきます。他の職種の求人と較べて、どういった点が違うのか紹介します。

求人の数が圧倒的に少なく、ほとんどが正社員

下記は、大手薬剤師求人サイトで掲載されている、職種別の正社員薬剤師の求人数です。
(表1)

正社員求人数 年収600万以上 年間120日以上休み
企業 649 72(11%) 420(65%)
調剤薬局 23,464 10,602(45%) 8,500(36%)
病院 3,664 802(22%) 705(19%)
ドラッグストア 3,446 1,474(43%) 455(13%)

一目見て分かるのは、企業の圧倒的な求人数の少なさです。調剤薬局の求人数と比較すると、約36倍も違います。あとで紹介しますが、企業薬剤師の求人には非公開なものもあります。

ですので、実際にはもう少し求人数は多いのですが、それでも他の職種に較べて、いかに転職が狭き門なのか分かります。


次に、企業薬剤師の求人のなかで、常勤・非常勤の比率を見ていきましょう。

正社員 契約社員 パート
求人数
(総数776)
649 131 53
割合 84% 17% 7%

上の表でもお分かりの通り、求人のほとんどが正社員での募集です。ちなみに、%の数を全部足すと100%を超えてしまうのは、一つの求人で正社員と契約社員の両方を募集している場合もあるためです。なお、派遣の求人はほとんどありません。


以上見てきて分かる通り、企業薬剤師の求人は他の職種に較べて非常に少ないし、そのほとんどが正社員での募集ということです。

給料は幅が大きい、休日は多い



一般に企業薬剤師の給料は高いと言われています。ですが、実際のところはどうなのでしょうか?先ほどの(表1)をもう一度ご覧ください。

正社員の求人のうち年収600万以上の求人数の職種別で比較しています。意外に企業薬剤師の高収入求人が少ないことに気付くと思います。ただ、この表にはいくつか「からくり」があるので注意が必要です。


調剤薬局やドラッグストアの求人では、「求人募集:450万~620万」といった求人条件が少なくないためです。上限の620万の年収は、経験年数が15年以上の方と対象としているなど、条件がかなり厳しめです。

ですので、上の表で見えるほど調剤薬局やドラッグストアの給料は高くありません。


ただ、それを差し引いても企業薬剤師の年収が低めに見えます。これは、企業によって年収に大きな幅があるためです。他の職種で年収300万代の求人はほとんど見かけませんが、企業での求人ではそれなりに見かけます。

逆に、過去の経験が加味されれば年収600万を超えるケースも少なくありません。


企業薬剤師の求人が好条件というのは、給料よりもむしろ休日や福利厚生の面でハッキリ現れます。先ほどの表をもう一度見てください。年間120日以上休みの求人率が突出して高いことが確認できます。表にはありませんが、土日休みについても同様で、他の職種に較べてダントツに高い率です。


これは、他の職種が地域医療を担う役目も果たしているため休日を少な目にしているのに対し、民間企業は土日休みの会社が多いため、求人でもこの違いが出ます。

また、福利厚生(産休・育休・長期休暇など)も企業の方がしっかり整備されている割合は高いです。こうしたことも、企業薬剤師の求人が人気の理由となっています。

臨床開発が多い、管理薬剤師の求人も多い

臨床開発 学術 管理薬剤師
正社員求人数
(総数649)
126 55 268
割合 19% 8% 41%

上の表は、企業薬剤師の正社員求人のうち、職種の数・比率を示しています。数が多いのは、臨床開発の求人です。これは先ほども書いた通り、CRO(治験受託会社)の求人が増えているためです。

とはいえ、比率として臨床開発が一番高いのかというと、そうとも言い切れません。というのも、「一般薬剤師」という括りで募集をかけている企業も多いからです。仕事内容については、それぞれの企業に確認するしかありません。

ちなみに、研究職の求人数は表には出てませんが20ほどです。研究職の転職は、やはり狭き門です。


また、職種というより役職の話ですが、管理薬剤師の募集比率が高いのも企業薬剤師の求人の特徴です(他は1~2割程度)。これは、製造・開発拠点に最低一人は管理薬剤師を配置しなくてはいけない、という決まりのためです。

管理薬剤師は一般薬剤師よりも年収ベースで30~100万ほど上乗せされますが、その分責任も重くなるので注意が必要です。

<関連記事>
管理薬剤師になるには?転職の注意点は?

非公開求人が多い

上で見てきた通り、企業薬剤師の求人は会社によって給料にばらつきがあるものの、休日の数は多いし福利厚生はしっかりしています。加えて求人数がかなり少ないです。

このため、企業薬剤師への転職は「少ない椅子」をめぐっての激戦になります。


また、あとで見ますが企業は薬剤師の選考に時間をかけます。一般に求人を公開すると、企業としても募集をさばき切れません。このため、企業薬剤師の求人では非公開のものも少なくありません


非公開求人ということは、その企業のHPでも募集情報は掲載されていませんし、ハローワークなどにも求人情報はありません。特定の転職支援会社が独占的に求人情報を扱っていて、登録している薬剤師のうち特定の人に個別に紹介します。

ですので、企業への転職にあたっては大手の転職紹介会社に登録しておく必要があります。

<ここまでのまとめ>
  • 薬剤師の企業への転職先・仕事内容は、多様である
  • 企業薬剤師の求人は数が少なく、ほとんどが正社員での求人
  • 年収は企業によって幅が大きいが、土日休みの職場が多く福利厚生も充実している
  • 管理薬剤師での募集が、他の業種よりも高い
  • 企業薬剤師は人気があるため、非公開求人になっていることが多い

薬剤師の企業への転職、こんな点に要注意!



上では、企業薬剤師の仕事の特徴や求人の特徴を見てきました。これらも踏まえて、薬剤師が企業への転職を検討するにあたって、どんな点に注意すべきなのか紹介します。

面接は段違いに難しい

調剤薬局や病院、ドラッグストアの求人でも面接はあります。ですが、こうした転職先での面接は、どちらかという単なる「顔合わせ」だったり採用条件の確認だったり、採用側が「面接者がよほど変わった人でないか」見極める程度の場であることが多いです。

これに較べて企業の面接は、この10倍は厳しいと思ってもらった方がいいでしょう。履歴書の中身をキッチリ読まれるのは当然ですが、面接時の対応や受け答えも厳しく判定されます。企業への面接に際して、事前の準備は絶対に必須と思ってください。


よく、転職支援の情報サイトで「転職支援会社の担当者が面接の仕方を教えてくれるので、面接の心配はいりません」的なことを書いてあることが多いです。間違いではないのですが、それはせいぜい調剤薬局までです。いくら担当エージェントに面接指導をしてもらっても、企業の人事担当者には「付け焼刃の対策」は通じません。


つまり、事前に対策をするのは当然ですが、たとえ100%の対策をしたつもりでも不採用になることがある(しかも、何が原因で落とされたのか分からない)のが、企業面接だと思ってください。


ちなみに企業や職種によっては、英語で面接を行う場合もあります。事前に企業側から告知がありますので準備をしておけば、それなりの対応はできますが不安な方は下記もご覧ください。

<関連記事>
薬剤師、英語をいかして転職したい

企業だけに限定するなら長期戦の覚悟も



これまで見てきた通り、企業の薬剤師求人は数が少ないうえ、転職自体がかなり難しいです。前職でどんな実績を上げたかにもよりますが、転職先を企業だけに限定すると転職活動の長期化する恐れもあります。


よく言われているように、「転職は運とタイミング」の要素は確かにあります。2週間で好条件の転職先に巡り合えたという方もいる一方、3か月転職活動しているのにまだ決まらない、という方もいます。

ご自身の家庭環境なども考慮して、どの程度まで転職先にこだわるべきかは一度考えてみてもよいでしょう。

PCスキルは必須、英語もできた方が望ましい

職種にもよりますが、薬局や病院に較べて企業ではデスクワークの比重が圧倒的に高いです。このため、パソコンが全く使えない状態で企業への転職活動をするのは、極めて不利です。仮に面接でウソをついて就職しても、後から苦労するだけです。


最低限、エクセルはある程度使えるようにしておきたいです。今ならパソコン教室が近所でやっていることも多いので、独学での勉強に自信がない方は、パソコン教室で一度勉強しておくとよいでしょう。

英語はできないよりできた方がよいですが、どの程度使うかは企業や職種によって全く違います。ただ英語については、入社してから勉強すればよい場合も多いので、そこまで神経質になる必要はありません。

組織文化が病院や薬局とは全く違う

病院や薬局から企業に転職した薬剤師がまず驚くのが、職場内の働き方が全く違うという点だそうです。

たとえば、残業代の申請一つにしても、30分から1時間の残業は薬局・病院では申請しないのは珍しくありませんが、企業では必ず申請させられます。


病院では特定の薬剤師に業務が集中していても、誰もそれを変えようとはしません。ですが、企業なら上司に相談すれば仕事の流れを見直し、業務を軽くしてくれる場合もあります。

このように組織文化が全く違うので、企業になじめず結局退職してしまう薬剤師もいます。企業に転職するということは、全く違う世界に行く位の気持ちが必要かもしれません。


転職支援会社に登録は必須

先ほど見てきた通り、非公開求人が多いのが薬剤師求人の特徴です。ですので、薬剤師専門の転職支援会社の登録は必須になります。転職支援会社の登録には否定的な方も時々いますが、要は付き合い方次第です。


10~20社も登録する方が時々いますが、これだけ登録してしまうと担当エージェントとの連絡だけで収拾がつかなくなります。登録する会社数はせいぜい3社に留めるべきです。

また、登録するなら大手の転職紹介会社に限定すべきです。これは、企業が非公開求人の提携を打診するのが、どうしても大手の紹介会社に集中するためです。


以下では、大手の紹介会社の中でも実績の豊富な会社を紹介してますので、参考にしてもらえればと思います。

<企業への薬剤師の転職、まとめ>
  • 薬剤師は求人数が少なく、転職はそれなりに厳しい
  • 面接は特に厳しいので、事前の準備は絶対!
  • 年収は会社によってかなり違うが、休みが充実していることが多い
  • エクセル程度は使いこなせるよう、事前に準備しておく方がいい
  • 非公開求人が多いため、転職支援会社の登録は必須

 薬剤師の転職紹介会社はこちらをチェック



薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です