職場の人間関係、薬剤師の転職でありがちな理由

薬剤師,転職,人間関係

薬剤師は一般企業と比べて特殊な職場環境で仕事をしているため、人間関係の問題もおこりやすいです。

実際に人間関係の悩みに疲れて転職を考える方も多くいます。


薬剤師の抱える人間関係の問題や、転職との関連について解説します。


人間関係に悩む薬剤師は意外と多い?

薬剤師,人間関係

職場の人間関係に満足しているかどうかで、働きやすさは大きく変わってきます。

それぞれの職場で働く薬剤師は、職場の人間関係にどのような意識を持っているのでしょうか。

4割の薬剤師が「人間関係に不満」

ある薬剤師専門の求人サイトの調査によると、薬剤師の4割が職場の人間関係に不満を抱いていると言います。

上司や部下との付き合い方や、同僚とのトラブルなど、その理由はさまざまです。


また、パートと正社員の間でも軋轢が生じやすく、職場環境によって人間関係の原因は様々です。

<関連記事>:薬剤師の転職・退職理由として多いのは?

薬剤師が人間関係で悩みやすいのはなぜ?

薬剤師は、一般企業と比べて特殊な環境で働いています。

調剤の仕事は、少しのミスも許されない慎重な作業が要求されます。


また、ドラッグストアや病院など、忙しい職場も多いなど、薬剤師の仕事はストレスが溜まりやすいのです。

さらに、職場が少人数であることが多いため、ちょっとした不満が積み重なりやすいという点も、人間関係を悪化させる原因となります。


人間関係改善のためにできることは?

薬剤師,人間関係の改善

人間関係に悩んでいるからといって、せっかく就いた仕事を辞めてしまうのは悲しいですよね。

転職を検討する前に、人間関係を円滑にして働きやすくするため、改善する方法を考えてみましょう。

苦手な上司とはどう付き合う?

職場の上司が苦手だと、仕事もやりづらくなる一方です。

苦手な上司がいる場合は、まず上司がどんな人かをよく観察して分析しましょう。


多くの場合、苦手な上司の性格パターンは「性格」「能力」「仕事に対する姿勢」のどれかに問題があることがほとんどです。

自分の上司がどのパターンに当てはまるかを分析すれば、自然と付き合い方も見えてきます。


怒りっぽい、陰気、悪口が多いなど、性格に難がある場合は、冷静に受け流すことを心がけましょう。

自分だけが被害に遭っているのではないと客観的に見ることで、人間関係のストレスが軽減されます。


仕事の能力が低い上司や、仕事への姿勢に問題がある上司に対しては、発想の転換が必要です。

自分の能力を鍛える良い機会だと考え、相手を育てるつもりで接するのがおすすめです。


自分自身が仕事ができる部下になることで、円滑に仕事が進むようになります。

<関連記事>:30代の薬剤師の転職、注意点は?

雰囲気の暗い職場、どうやって振舞えばいい?

雇用条件や仕事内容が良くても、職場の雰囲気が良くないと働きづらいものです。

特に、暗い雰囲気の職場は想像以上にストレスになります。


暗い雰囲気を変えようと明るく振る舞ったり積極的にコミュニケーションをとるのも一つの方法ですが、かえって逆効果になる場合もあります。

職場の雰囲気から浮いてしまい、相手に嫌がられる可能性もあるからです。


仕事に支障が出ていなければ、無理に自分で何とかしようとする必要はありません。

「仕事は仕事」と割り切って、気にしすぎないようにしましょう。

体調不良が出たら要注意

職場の人間関係は、心身に悪影響を及ぼすこともあります。

もしも職場の人間関係のストレスが原因で体調を崩したら、すぐにその環境から離れましょう。


無理してその場にとどまると、うつ病に追い込まれてしまうケースもあります。

職場の雰囲気が改善する見込みがあればいいのですが、難しい場合は異動や転職も視野に入れて行動しましょう。


「人間関係が嫌で転職」ってどうなの?

転職理由,人間関係

人間関係が原因で転職するなんて、自分の我慢が足りないのでは?と思ってしまう方もいます。

しかし人間関係の悩みは、転職を考える大きな理由になります。

人間関係が原因で転職する人は多い!

薬剤師の転職サイト「薬キャリ」が行った調査によると、薬剤師が転職に踏み切った理由で、人間関係を理由に転職した人は3番目に多く、全体の15%を占めました。

ちなみに1位が勤務条件・労働条件への不満で21%、2位がスキルアップのためで16%となっており、3位と大きく変わりません。


薬剤師の転職理由の中で、人間関係はかなり大きなポイントとなっていることが分かります。

やはり、薬剤師は人間関係のトラブルが生じやすい職場環境が多いため、転職を考えるほど悩まされている人が多いようです。

転職先の人間関係、どうやって見極める?

人間関係が理由で転職する場合、転職先の人間関係が良いかどうかは重要な問題です。

転職してから新たな人間関係に悩まされないためにも、しっかり見極めましょう。


転職先の雰囲気を事前に知るためには、情報収集が何より役立ちます。

求人広告だけでも、職場の雰囲気を読み取ることができます。


たとえば、頻繁に求人を出している会社は要注意です。

新規事業や業務拡大による募集なら良いのですが、そうした理由もなく頻繁に求人を出す職場は、人材が定着しない会社であることが多いです。

退職者が多いせいで常に求人を出している状態なので、社内の雰囲気も良くない可能性が高いです。

<関連記事>:薬剤師の転職でありがちな失敗は?


また、口コミサイトも積極的に利用しましょう。

会社の口コミサイトなどに検討中の職場の関する情報が載っていることがあるので、雰囲気を調べる参考になります。


ただし会社に悪い印象を抱いて辞めた社員が、必要以上にマイナス面を強調していることもあります。

口コミの内容は参考程度に留め、その他の要素から総合的に判断しましょう。


転職サイトを利用している場合は、エージェントを活用するのも有効です。

プロの目で見た職場の雰囲気をアドバイスしてもらい、自分に合った職場か見極めてもらうのがおすすめです。

退職時や面接で話すのはご法度!

転職活動の際に気を付けたいのが、退職の理由が人間関係であると正直に話してしまうことです。

人間関係が理由の退職というのは、相手にネガティブな印象を与えます。


そのため転職の際に正直に理由を話すことで、マイナスに捉えられてしまう可能性が高いです。

どれだけ人間関係で大変な思いをしたとしても、それを理由として話すのは避けましょう。


転職活動の際には、将来の目標やスキルアップのためなど、ポジティブな理由にするのが無難です。

<この記事のまとめ>

  • 薬剤師のおよそ4割は人間関係に悩んでいる
  • 仕事内容や少人数の職場が原因で人間関係が悪化することが多い
  • 無理に場の雰囲気を盛り上げるより、仕事は仕事と割り切るのも大切
  • 人間関係が心身に不調を及ぼしたら、異動や転職を考えるのがおすすめ
  • 転職前には十分情報収集し、職場の人間関係や雰囲気を調べておく

薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です