30代の薬剤師の転職、注意点は?

30代薬剤師

薬剤師の中でも、30代は特に転職が多い年代です。この年代で結婚・出産される方が多いのも一つですが、ある程度経験を積んで、将来の方向性について考え始める年代でもあるからです。また、転職によって年収が増えやすい年代でもあります。

30代薬剤師の転職で成功例も多いのですが、あまり満足の転職ができなかったという方もいます。30代薬剤師が転職を検討するにあたって、どういう点に注意すればよいか見ていきます。


30代薬剤師の転職事情について

ここでは、30代薬剤師の転職事情について見ていきます。一言で言うなら、薬剤師不足を背景にして、それなりに恵まれた転職環境にあると言えるでしょう。

どの職場にも未経験での転職が可能

40代以降の薬剤師と違い、未経験でも調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業など、どの職場にも転職できるのが30代です。ただ、30代後半になると企業の転職はやや難しくなるので、その点は注意が必要です。

30代のサラリーマン・OLとなると20代に較べて転職が格段に難しくなりますが、薬剤師ではそういった状況にはありません。これは、薬剤師が売り手市場であることと、薬剤師が資格職であることが関係していると思われます。

キャリアを積んでいるため、年収アップも多い

新卒で薬剤師として働き始めて30代となると、最低でも5年程度のキャリアがあります。これだけのキャリアがあると、転職で年収アップをすることが多いのも、この年代の特徴です。

特に、新卒で病院に就職してそのまま30代まで勤務した方で、調剤薬局に転職した場合はかなりの年収アップが見込まれます。というのも、病院薬剤師の年収は他の職種に較べて、低く抑え込まれていることが多いためです。

転職を機に、管理薬剤師になる例も多い

前職での経験を買われて、転職先で管理薬剤師になる方が多いのもこの年代からです。前職で同じ職種で3年以上の実務経験が必要になりますが、肩書は付くし年収も30~50万程度アップしますので、薬剤師にとっても良いモチベーションになります(男性薬剤師の場合は、とくにそうです)。

注意点としては、役職が付くということはそれだけ責任・負担が重くなります。この負担増を嫌って、管理薬剤師になったものの、その後自分から降格を申し出る方もいます。

<関連記事>
管理薬剤師になるには?転職の注意点は?

他分野での経験を積むための手段として

30代薬剤師の転職理由については、下記で改めて紹介しますが、中でも多いのが「他分野で経験を積むため」という理由での転職です。それまで病院一筋で働いてきた方が調剤薬局に転職したり、調剤薬局で働いてきた方が病院に転職したり等です。

先ほども書いた通り、未経験でも他分野への転職が比較的楽なのは30代までです。そうしたチャンスを逃さず転職活動を行う方が多いのも、30代薬剤師の特徴です。


30代薬剤師の転職理由について



ここでは、30代薬剤師の転職理由で多いものを紹介します。念のため書きますと、どれか一つだけの理由で転職したという例は少ないです。むしろ、複数の理由が重なってという方が多いです。

年収アップを狙って

先ほども書いた通り、30代薬剤師の転職では年収アップがすることが多いです。このため、現状の給料に不満のある方は、より高い給与を求めて転職をします。給与が高い転職先としては、ドラッグストアや調剤薬局が挙げられます。

企業は会社によって年収に幅があり、低いところだと年収300万代の求人もあるので、必ずしも年収アップにつながるとは限りません。

出世のためのステップとして

転職を機に、管理薬剤師になる方が多いのは先ほども書いた通りです。前の職場では役職のポストに空きがないため、出世をするために転職をする方がいます。

役職は職種によって名称が違います。調剤薬局なら管理薬剤師や薬局長、病院なら薬剤部長や薬科長、ドラッグストアなら管理薬剤師や店長、企業なら管理薬剤師です。

スキルアップの手段として

たとえば、現在勤めているのがクリニックの門前薬局で、仕事が楽だけど扱う調剤が少なく勉強にならないと不満な薬剤師がいるとします。こういう方が、もっと勉強したくて大手の調剤薬局チェーンに転職する、というパターンも多いです。

もちろん同じ職種だけでなく、病院から調剤薬局、調剤薬局から病院というパターンもあります。要は、自分がどの分野でスキルアップしたいと考えているかで転職先は変わってきます。

結婚・転勤を機に



結婚を機に退職する薬剤師はそれほどいませんが、旦那さんが転勤するのを機に転勤先の勤務先に転職する、というパターンは意外にあります。転勤先が現住所から離れている場合、転職先の面接などがやや大変なのも、このパターンの特徴です。

育児が一段落、復職として

20代で結婚・出産をされて育児のために退職し、育児が一段落したので復職したいという女性薬剤師も沢山います。復職後の仕事の仕方は人それぞれですが、育児との両立を優先させる方が圧倒的に多いです。

人間関係が理由で

これは30代薬剤師に限らずサラリーマン・OLでも同じですが、人間関係が原因の転職もかなりの数になります。特に薬剤師の場合、狭い職場が多いので人間関係でこじれると相当なストレスになります。

誰だって人間関係の良い職場に転職したいところですが、職場が合う合わないは人によっても違うため、その見極めが難しいところです。


30代薬剤師の平均年収

ここでは、30代薬剤師の平均年収について紹介します。

年収(単位:万円) うちボーナス
30代後半 539.1 91.9
30代前半 475.6 74.9
20代後半 420.6 54.5
40代後半 598.8 97.4
40代前半 529.3 75.8

上の表は、平成26年賃金構造基本統計調査から加工した20代後半から40代後半までの(女性)薬剤師の平均年収です。上の表で目に付くのは、30代に入ってからの年収の伸びです。

20代後半と30代後半では、年収にして100万以上の違いがあります。これは先ほども書いた通り、30代になると役職(管理薬剤師、薬局長など)に付く方が増えるため、その管理手当も含めて年収がグっと増えるケースが多いためです。


上の表は、役職や地域を加味していないので、一般薬剤師の年収を厳密に反映している訳ではありませんが、今の自分の年収と比較して低い場合は、転職によって年収アップになる可能性は十分あります。


<ここまでのまとめ>

  • 30代ならどの職場でも未経験での転職が可能
  • 転職を機に年収がアップすることが多いのが30代での転職
  • 他ジャンルの職場を知りたいという理由で転職する薬剤師が多い
  • 出産や転勤、育児といった家庭の要因が転職理由になることも多い
  • 平均年収で見ても、30代になってから年収がグっと増えるケースが多い

30代薬剤師の転職先について

ここでは、30代薬剤師の転職先ごとの状況について紹介します。

調剤薬局



30代の転職先として最も多いのが、やはり調剤薬局でしょう。お給料はそこそこ良いですし、調剤や服薬指導に深く関われて、薬剤師として仕事のやりがいを実感しやすいです。

一般に仕事の負担が少ないとされる調剤薬局ですが、薬局の種類によって忙しさが全然違うので注意が必要です。


クリニックの門前薬局は薬剤の種類が少なく仕事の負担も軽いですが、その分刺激も少なく勉強にもなりません。その一方、大手調剤薬局チェーンは勉強すべきことが多くて仕事も大変ですが、その分やりがいもあります。


また、福利厚生が充実しているのも大手薬局チェーンの方です。

どういった職場が自分に合っているかは、やはりご自身のライフスタイルによっても変わってきます。自分に合った転職先を検討すべきです。調剤薬局については、下記で詳しく扱ってますので参考にしてください。

<関連記事>
薬剤師が調剤薬局へ転職する時の注意点は?

ドラッグストア

ドラッグストアも、30代薬剤師の転職先として比較的多い勤務先です。調剤併設型とOTC販売のみの2種類がありますが、より薬剤師らしい仕事ができるのは調剤併設型です。

薬剤師の転職先として最も高い収入を得られる可能性があり、管理薬剤師も兼ねれば年収700万代も珍しくありません


ただ、よほどドラッグストアに興味のある方を除いて、30代薬剤師の転職先としてはあまりオススメできません。というのも、ドラッグストアは40代・50代になってからでも転職できるからです。

この辺は、転職後の優先度をどこに置くかによっても答えが変わってくるでしょう。

なお、ドラッグストア薬剤師のメリットとデメリットについては、下記を参照して下さい。

<関連記事>
ドラッグストア薬剤師へ転職の前に知っておきたいことは?

病院



薬剤師の就職先として、今も昔も人気があるのが病院です。特に、20代のころ調剤薬局だけで働いていた薬剤師が、一度は病院の仕事を知りたいという理由で、30代になって未経験ながら病院に転職する方がそれなりにいます。

未経験で病院に転職できるのは、せいぜい30代までなので「ラストチャンス」と言えるでしょう(厳密には40代でも転職した方もいますが、やはりハードルは上がります)。


転職の注意点としては、病院はかなりハードな職場ということです。特に、少ない人数で回している職場は要注意です。

その一方で、比較的負担の少ない職場も増えてきましたし、託児所を併設している職場という点では病院が最も充実しています。子育て中のママさん薬剤師は、一度検討してみてもよいかもしれません


病院への転職の詳しい注意点は、下記をご覧ください。

<関連記事>調剤薬剤師から病院薬剤師への転職は大変?

企業

未経験での転職は30代がラストチャンスという点では、企業も同じです。企業薬剤師のメリットは、土日休みの職場が多いことや、福利厚生がしっかりしていることです。産休・育休制度の充実度合いでは、他のどの職場よりも充実しています。

難点は求人が極めて少ないので、企業に絞って転職活動をしていると、いつまで経っても転職できない可能性があることです。また給料は会社によって全然違うので、企業に転職したからといって年収が上がるとは限りません。


企業薬剤師のメリット・デメリットは下記をご覧ください。

<関連記事>
薬剤師、企業への転職の注意点は?


30代薬剤師が転職で失敗しないために



今まで、30代薬剤師の転職事情について見てきました。これを踏まえて、30代薬剤師が転職で失敗しないためのポイントについて、以下では見ていきます。

転職の目的をハッキリさせる

転職活動を始める前にハッキリさせておきたいのは、転職活動の目的です。

特定の薬剤のスペシャリストになりたいので専門病院に転職するとか、患者さんと向き合った仕事がしたいので調剤薬局に転職したいとか、OTCなどを使ったセルフメディケーションの提案をしたいのでドラッグストアに転職したい等、転職理由は人それぞれです。


こういった転職目的を事前にハッキリ定めた上で、転職活動中もブレないようにするとよいでしょう。

一見すると当たり前の話のように見えますが、いざ転職活動を始めると色々な転職先情報が自分の手元に入ってくるため、(特に転職が初めての方は)舞い上がってしまい、当初の転職目的を忘れてしまうことがあります。

その結果、「駅から近い」とか「大病院だから」といった分かりやすい理由で転職してしまい、後になってから後悔するパターンがよくあります

年収よりも学習機会が大事?

転職先を検討すると、学習機会は大きいけど給料が安い職場、学習機会は乏しいけど給料が高い職場に出くわすかもしれません。給料の安い職場の代表例は病院で、給料の高い職場の代表はドラッグストアです。

どちらを優先させるかは人によって「正解」は違いますが、もしどちらか迷ったなら、学習機会の高い職場をオススメします。ドラッグストアなどの給料の高い職場は40代になっても転職できますが、学習機会の高い職場ほど年齢を取ってからの転職は難しくなるためです。

疑問点を事前にまとめて、面接でぶつけよう



募集要項に掲載されている情報や事前に聞いていた情報と、実際の職場環境が違うというのは非常によくある話です。よく確認せずに転職してしまうと、後悔することになりかねません。

こうしたミスを防ぐためにも、面接時には人事担当者や上司に当たる方によく確認しましょう。


勤務条件を事細かに聞くのは抵抗のある方もいるかもしれません。ですが、転職してしまってから「違ってました」では、あとでより大きなストレスを抱えることになります。事前に「質問事項」をまとめた上で、キチンと確認するとよいでしょう。

ただ、人事担当者がウソを付いてくる可能性もゼロではありません。なので、以下で述べる「職場見学」も必ず一緒に行ってください。

職場見学は必ず行うこと!

現場が薬剤師不足のため、すぐに採用したさに人事担当者が面接の場でウソを付くことが時々あります。面接の場だけで、そのウソを見破ることは不可能です。

ただ、職場見学をすることで、そうしたウソを見抜けることが時々あります。働いているスタッフ達がギスギスしていたり、現場での連携が上手くいってなかったり等です。


こうした情報は、面接だけでは得られない情報です。もちろん、職場見学ですべてが解決する訳ではありませんが、働きやすい職場かどうかは、ある程度見分けが付きます。

中には、こうした職場見学を拒否する病院なり薬局もあります。そうした職場への転職は絶対に止めた方がいいでしょう。見せられないということは、不都合なことがあるからです。



以上、30代薬剤師が転職で失敗しないポイントについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?これらに加えて、あとできる対策と言えば、薬剤師専門の転職支援サイトに登録することです。

一人ひとりに担当の転職エージェントがついて、色々な転職サポートをしてくれます。


ただし、転職エージェントの質も人それぞれなので、上で挙げた対策は忘れないでください。また、転職支援会社も会社によって質が全然違うので、よく選ぶことが大事です。オススメは下記で紹介してますので、参考にしてください。

<30代薬剤師の転職のまとめ>

  • 病院や企業への未経験での転職ができるのは30代まで
  • 転職を機に、年収がアップすることが多いのが30代
  • 転職で失敗しないためにも、転職の目的はハッキリさせること
  • 転職先で迷ったら、学習機会の多そうな職場を優先しよう
  • 面接や職場見学は、転職先を見極める絶好の機会

 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!


薬剤師の転職サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です