パート薬剤師、時給の相場はどれくらい?



薬剤師は資格を取るのが難しいですが、持っていればパートでも高い時給で働くことができます。

パート薬剤師の給料の相場はどれくらいなのか、さまざまな条件ごとに比較しながら紹介していきます。


パート薬剤師の収入はどれくらい?

パート薬剤師,平均年収

仕事をしようと思ったとき、やはり給料のことは気になりますよね。

パート薬剤師の収入について、正社員の場合と比較しながら解説していきます。

薬剤師の平均収入は?

正社員として働いた場合、薬剤師全体の平均年収は530万円程度とされています。

もちろん勤務先によって違いはありますが、正社員の場合は昇給があったり、年に1,2回のボーナスも付いたりするため、年収が高くなります。


薬剤師の勤務先は、主に病院・調剤薬局・ドラッグストア(OTC販売)の3カ所です。

病院で正職員として働いた場合の年収は400~600万円程度ですが、調剤薬局の場合は400~650万円、ドラッグストアの場合は年収400~750万円程度というような差が出てきます。

<関連記事>:薬剤師の給料・年収について

パート・アルバイト薬剤師の月収は?

パート・アルバイト薬剤師の平均時給は2000円程度で、専門職の中でもトップクラスの高さです。

この平均時給をもとに、月収がどのくらいになるか試しに計算してみましょう。


仮に、時給2,000円の職場で1日6時間勤務、週4日働いたとしましょう。

1日当たりのお給料は、2,000円×6時間=12,000円、1ヶ月で16日働くと、12,000円×16日=19万2千円です。


これは、年収にすると19万2千円×12ヶ月=230万4千円になります。

もし週5のフルタイムで働けば、新卒の正社員の年収(200~230万前後)を軽く超えることになります。


ここから税金や諸費用を引かれるとしても、パートとしては充分な額です。

パート薬剤師の時給は地域ごとに違う

同じ薬剤師の仕事でも、地域によって時給に違いがあります。

大まかな傾向としては、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏が高く、それに続いて仙台・名古屋・大阪・福岡などの大都市が高くなっています。


ドラッグストアのパート薬剤師という条件で求人を検索してみると、こういった都市部では時給2000円以上の募集がほとんどです。

その中でもさらに都市部だと、時給2600~3100円という求人が複数出てきました。


それに対し、上記以外の地域では同じ条件でも、時給1800~2100円程度の求人が多くなります。

ただし、中には薬剤師を確保して長期的に働いてもらうために、時給3000円以上という給料を設定しているところもあります。


相場としては地方より都市部の方が給料は良いのですが、地方はこういった相場より時給の高い求人が出てきやすいという特徴があります。


パート薬剤師で時給が高いのはどこ?



正社員の場合、給料が高いのはドラッグストア、調剤薬局、病院の順でしたが、パートの場合はどうでしょうか。

それぞれの条件の相場を紹介しながら、パート薬剤師の時給について解説していきます。

一番条件が良いのは「ドラッグストア」

薬剤師の主な勤務先(病院・調剤薬局・ドラッグストア)のうち、最も時給が高いのはドラッグストアです。

それから調剤薬局、病院と続く傾向があります。この点は正社員の場合と一緒ですね。


では、なぜドラッグストアの時給が最も良いかというと、このなかで一番多くの業務を任されるからです。

ドラッグストアで働くと、薬剤師としての仕事のほかに、レジでの接客や店舗内の掃除、商品の管理などの業務も任される可能性があります。


同じ東京都内でも、ドラッグストアの求人の相場は時給2100~2600円程度ですが、調剤薬局だと時給2000~2200円程度になります。

忙しい分、給料をほかの所よりも高くすることで薬剤師を確保しようという考えですね。

<関連記事>:薬剤師の就職先で人気があるのは?

病院勤務は時給が低い?

病院やクリニックに勤務する場合、東京都内の相場は時給1800~2200円程度と、ほかに比べて低くなります。

医療の現場に近いのに、なぜドラッグストアや調剤薬局より時給が安いのでしょうか。


その答えは、病院では薬剤師よりも医師・看護師不足の方が深刻なため、薬剤師の人材確保の優先順位が低くなっているからです。

また、より患者や医療の現場に近いところで働きたいということで病院勤務を希望する薬剤師も多いため、多少時給が低くても薬剤師が確保できてしまうという面もあります。


パート薬剤師として働く注意点は?

パート薬剤師の収入

フルタイムで働かなくて良い、転勤がない(またはあっても引っ越しを伴わない範囲)など、パート薬剤師として働くメリットはいくつもあります。

ですが、よく考えて就職先を決めないと「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することになりかねません。


ここからは、パート薬剤師として働こうと思った際に注意してほしい、3つのポイントをご紹介します。

ドラッグストアでは接客がメイン?

先程も書いたように、ドラッグストアは時給が高いものの、薬剤師とは関係のない業務も任されることがあります。

場合によっては、レジなどの接客がメインになってしまうこともあるようです。


薬剤師の資格があるからこそできる仕事をしたい、と考えている人は注意した方が良いかもしれません。

<関連記事>:ドラッグストア薬剤師へ転職、求人の落とし穴とは?

給与だけで就職先を決めるのはNG!

給与のことを最優先するのであれば、パートで働くよりも正社員として働く方が良いです。

もちろん給与が高い方が良いですが、それ以外の条件もしっかり検討して自分に合った就職先を選びましょう。


給与以外の条件というのは、勤務日や時間帯の融通が利きやすいか、自宅から通いやすいか、どこまでが業務内容に含まれているか、などです。

あらかじめ自分が重視する条件や優先順位を決めておくと、就職先を決める際に役立つかもしれませんよ。

収入が増えたら「扶養控除」に注意

パートで働く場合は、「扶養控除」に注意しましょう。扶養控除というのは、簡単に言うと税金の支払が免除される範囲のことです。

ほかにアルバイトやパートの経験がある人は「103万円の壁」という言葉を聞いたことがあるでしょう。


家族の扶養に入っていても、収入が年間103万円を超えると扶養範囲から外れ、所得税を支払わなくてはなりません。

収入が増えて扶養控除の範囲を超えてしまうと、かえって手取りが減ってしまう可能性があります。


たとえば年間102万円の収入があった場合には所得税がかかりませんが、ギリギリ扶養範囲を超えて104万円稼いだ場合、数万円の所得税がかかります。

そうすると、自分の手元に残るお金は102万円を稼いだ場合よりも少なくなってしまいます。


薬剤師はパートでも時給が高いため、早い段階で扶養範囲を超えてしまうことが予想されます。

簡単にではありますが、相場の時給2000円で計算した場合、515時間働くと103万円になります。


515時間というとピンと来ないかもしれませんが、もし1日6時間で働いたら、86日で扶養の範囲から外れます。

週4勤務でも半年ほどで86日を超えるため、割とすぐに103万円の壁を越えてしまうことが分かるでしょう。


家族の扶養の範囲内で働こうと考えている方は、早めに計算して条件の合う就職先を探すことをおすすめします。


<パート薬剤師、時給の相場はどれくらい?まとめ>

  • パート薬剤師の相場は時給2000円程度で、専門職の中ではトップクラス
  • 時給が高いのはドラッグストアで、それから調剤薬局、病院と続く
  • ドラッグストアで働いた場合、薬剤師の仕事以外も担当することになる
  • 薬剤師の資格を生かした仕事をしたい人は、接客や雑務が多い職場に注意
  • 自分がどんな条件を優先したいか考えて就職先を決めよう
  • 時給が高いので家族の扶養に入っている人は要注意


パート薬剤師に強い求人サイト、おすすめは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です