薬剤師が公務員に転職する時の注意点は?

公務員薬剤師,転職

薬剤師のなかには、公務員として働いている人たちもいます。

薬剤師公務員はいったいどんなところに所属し、どんな仕事をしているのでしょうか。


また、民間の病院や調剤薬局に勤務する場合とは、どんな違いがあるのでしょうか。

この記事では薬剤師公務員の業務内容や転職方法、転職の際に気を付けるべき点などを紹介しています。


公務員への転職を考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


公務員薬剤師、どんな仕事があるの?

公務員薬剤師,仕事

公務員として働く薬剤師は、いったいどんな仕事をしているのでしょうか。

国家公務員と地方公務員、それぞれの場合についてみてみましょう。

国家公務員の場合

薬剤師が国家公務員として働く場合、厚生労働省の技術職員になるパターンが考えられます。

厚生労働省では、医薬品や医療機器等の安全性の確保・診療報酬や薬価等の見直し・薬剤師国家試験の問題作成といった、医療に関する業務を行っています。


だいたい2~3年ごとに異動があり、さまざまな仕事を経験できるのが特徴です。

他の省庁の職員や、企業をはじめとする外部の人と連携して進めていく業務も多いので、薬剤師としての知識はもちろん、コミュニケーション能力も求められる仕事です。


また、麻薬取締官も国家公務員として働く薬剤師です。

麻薬取締官は、厚生労働省の地方厚生局麻薬取締部というところに所属しています。


薬物に関する事件の捜査や情報収集や病院や薬局の立ち入り検査、住民への薬物乱用防止の呼びかけなどの業務を行っています。

業務内容から分かるように、薬剤師としてはかなり珍しい働き方です。


薬学以外の知識が必要だったり、業務中に危険にさらされる可能性があったりとハードな仕事ではありますが、住民を薬物の危険から守るという非常にやりがいのある仕事でもあります。

地方公務員の場合

地方公務員の薬剤師の働き方でまず考えられるのは、都道府県や市区町村などの職員として働くパターンです。

地方公務員の場合、採用枠や配属先がその自治体ごとに異なっているため一概には言えないところもありますが、保健所や環境関係の部署で勤務することになる可能性が高いです。


そのほか、県立・市立などの公立病院に勤務するパターンもあります。

院内で調剤を行ったり病棟業務をしたり、薬剤師らしい仕事といえるかもしれません。


公立病院の中には、運営している自治体の公務員試験あるので注意が必要です。

<関連記事>:大学病院薬剤師のメリットとデメリットは?


公務員に転職したい!押さえておきたいポイントは?

公務員薬剤師,転職のポイント

転職を考えたとき、やはり給料や働き方は重要な判断材料になります。

また、民間ではなく公務員となると、どのような流れで転職するのかも気になりますよね。


ここでは、公務員薬剤師に転職する前に知っておきたいポイントを3つ紹介します。

公務員薬剤師への転職、どんな流れになる?

公務員薬剤師になるには、まず公務員試験に合格しなければいけません。

公務員試験では薬学以外の知識も問われるため、対策は必須です。


国家公務員を希望する場合、国家総合職の試験を受けることになります。

筆記試験合格後に人事院面接を行い、それにも合格した上で官庁訪問(希望する官庁を訪問し見学や面接、論文の提出などを行う)をし、そこで内定が取れたらようやく採用となります。


地方公務員を希望する場合は、それぞれの自治体が実施している採用試験を受けることになります。

「薬剤師」という区分で募集しているところもあれば、「化学」「衛生監視」などもっと細かい区分で募集しているところもあります。


気になる自治体があったら、早めに募集要項を取り寄せて確認しておきましょう。

地方公務員試験は、自治体によって試験内容が変わってきますが、どこの自治体でも筆記試験(教養試験・専門試験)と面接試験の両方が課されることが殆どです。


特に面接試験はどんな形式で行うか、どんなことを訊かれやすいかなど、情報収集をしてしっかり対策しておくことが必要です。

公務員薬剤師、年収はどれくらい?

公務員薬剤師の給料は、他の公務員と同じように俸給表によって決められます。

公務員薬剤師の初任給は20万8000円(+各種手当)となっているので、年収にすると300万円程度となります。


薬剤師の勤務先としては給料が低いと言われる民間病院でも、初任給は25万円程度です。

さらに、ドラッグストアのなかには初任給が30万円を超えているところもありますから、公務員薬剤師の初任給はかなり低いと言えるでしょう。


ただし、初任給こそ低いものの、公務員には定期昇給があるため、勤務期間が長くなればなるほど年収は高くなっていきます。

それに加えて住宅手当や扶養手当があったり、退職金も民間企業より多くもらえたりするので、長く勤めれば調剤薬局やドラッグストアより年収が多くなることも十分考えられます。

<関連記事>:薬剤師のお給料、手取りでどれくらい?

公務員薬剤師、働き方の特徴は?

民間病院や調剤薬局で働く薬剤師に比べて、公務員薬剤師は待遇が良いといえるでしょう。

初任給は低くても定期的に昇給がありますし、各種手当や休暇制度なども充実しています。


また、基本的には土日祝日が休みになるため、子育てしながらでも働きやすいというメリットがあります。

ただし公務員薬剤師の場合、薬剤師の資格とは直接関係のない業務も多くなります。


職種や部署によっては、あまり薬学の知識を生かせる場面がない可能性もあります。

2,3年ごとに異動はありますが、そういった部署に配属されてもやっていけるか、しっかり考えておいた方が良いでしょう。


公務員薬剤師への転職に関する記事



公務員薬剤師への転職、注意点は?

公務員薬剤師,注意点

メリットも多い公務員薬剤師ですが、転職するにあたって注意すべき点がいくつかあります。

後悔のない転職活動にするために、ぜひ一度読んでおいてください。

公務員薬剤師は狭き門

公務員薬剤師になるのは非常に大変です。募集人数が少なく希望者が多いため、厳しい競争を勝ち抜いていかなければなりません。

特に、国家公務員の場合は毎年5~7名程度しか募集がないため、かなりの倍率になることが予想されます。


中には採用までに何年か掛かっても、公務員を目指したいという人もいるかもしれません。

しかしそこで注意してほしいのは、公務員試験には年齢制限があるということです。


地方公務員の場合はその自治体によって異なりますが、多くは30歳未満を制限として設けています。

薬学部は6年制ですから、順調にいったとしても卒業時には24歳になっています。


浪人や留年をした人、大学院に進んだ人はそれよりも上の年齢になりますから、そう何回もチャンスがあるわけではありません。

自分が希望しているところの年齢制限をちゃんと調べて、早めに公務員試験対策を始めましょう。

異動が多く、専門分野でのキャリアアップが難しい

公務員は異動が多いため、薬剤師としてのキャリアアップは難しいというデメリットがあります。

自分が専門とする分野の仕事ができるとは限りませんし、運良くそういう業務を担当している部署に配属されたとしても、2,3年経ったらまた異動です。


臨床の現場からも離れる可能性が高いので、専門分野でのキャリアアップを目指している人には向いていないかもしれません。

ただ、考え方によっては、薬剤師以外の仕事にも携わることで人間としての知見が広がるともいえるでしょう。


これから自分がどんな薬剤師になりたいのか、そのためには公務員になった方が良いのかよく考えましょう。

国立病院の薬剤師は公務員ではない?

ほぼすべての国立病院は、「国立病院機構」という厚生労働省所管の独立行政法人によって運営されています。

そのため、正確に言うと国立病院の薬剤師は公務員ではありません。


しかし、業務の公共性や共益性から「準公務員」という扱いになり、国家公務員に準じた給与体系を取っています。

国立病院つまり国立病院機構で働きたい場合は、全国6ブロックのうち希望するブロックの試験を受けることになります。


そこで合格すれば、そのブロック内にある国立病院に配属されるという仕組みです。


 薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

 薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト